困った!幼児が泣き止まないで寝ない時、どうしたら寝てくれる?

困った!幼児が泣き止まないで寝ない時、どうしたら寝てくれる?

困った!幼児が泣き止まないで寝ない時、どうしたら寝てくれる?

困った!幼児が泣き止まないで寝ない時、どうしたら寝てくれる?

幼児が夜に泣き止まないと、いつまでも寝ないので、保護者の方もどうしていいか困ってしまいますよね。

 

夜中に何をしても激しく泣く時の、解決策をご紹介しましょう。

 

育児の経験がある方なら、一度はこんな場面を体験したことがありますよね。

 

 

幼児が泣きやまない原因

幼児が泣きやまない原因は色々ありますが、夜中に火がついたように泣かれると家族も困ってしまいます。

 

そこで幼児が泣きやまない原因について考えてみましょう。

 

まず知っておきたいのは緊急性がある場合の泣き方です。

 

いつものぐずったような泣き方でなく、どこかが痛そうな時、発熱がある、落ち着いたらまた泣き出すなど、このような場合は病気が関係していることもあります。

 

激しく泣いた後にぐったりしたり、顔色が悪い時にはすぐに病院へ行きましょう。

 

そのほかに考えられる原因は以下の通りです。

  • お腹が空いている
  • 甘えて泣いている
  • 気に入らないことがある
  • 室温があっていない
  • 周囲の雑音などの環境が悪い
 

子供が泣きやまない時はまず原因を知ることが大切ですが、発育段階で親の興味をひきたい、注目してほしいなど、自己主張をす場合もありますよ。

 

また、かゆみで眠れず泣いている場合も考えられるので、「夜になると痒くなる原因は?痒くて眠れなくなる症状の解決法」も参考にしてくださいね。

 

寝ない時の対策方法

困った!幼児が泣き止まないで寝ない時、どうしたら寝てくれる?

 

幼児が泣きやまない時は、まず優しく抱っこしてあげましょう。

 

赤ちゃんの場合は、ミルクやおむつ替えなどで泣きやむことが考えられます。

 

幼児の場合は、まずは体調をチェックすることが大切です。

 

機嫌が悪い、わがままを言って泣きやまないなどは、心配の必要はない場合が多いです。

 

しかし、万が一のことを想定して、泣いている間も子供の様子は必ずチェックしましょう。

 

よく泣き疲れて、そのまま寝てしまう場合もありますよね。

 

そんな時は一旦寝かせて、起きた後の様子を必ず確認してください。

 

目が覚めても泣き続ける場合は、体に異常がある可能性も考えられます。

 

発熱、中耳炎、胃腸炎、ヘルニア、骨折、脱臼など。

 

外から見てはわからない場合もありますので、いつまでも幼児が泣きやまない場合は、医療機関で診断してもらうと安心です。

 

 

睡眠サプリでトラブル解決

夜いつまでも泣き止まない幼児には、睡眠サプリがオススメです。

 

サプリは薬ではありませんので、子供の体にも安心です。

 

サプリは色々な種類がありますが、子供に飲ませる場合は天然成分を使用したものが良いでしょう。

 

夜子供が泣きやまない時こそ、睡眠サプリが活躍します。

 

疲れたお父さん、深夜まで家事で忙しいお母さんも、家族皆で睡眠サプリをはじめてみませんか。

 

サプリの効果は体のリラックス効果を高め、睡眠をサポートするホルモンの働きを活発にするメリットがあります。

 

特に幼児にとって、睡眠は発育に欠かせません。

 

「子供が夜寝ないのはどうして?子供の不眠の原因と対策について」でも子供の理想の睡眠時間についてまとめているので、あわせてご覧ください。

 

毎日ぐっすり寝る習慣をつけるために、普段の生活にサプリを取り入れてみましょう。

 

まとめ

幼児が泣きやまないのは色々な理由が考えられます。

 

ですが、一晩中起こされてしまうと、ご家族までも寝れず疲れる原因となってしまいますね。

 

体調に変化がない、ただぐずっているだけの場合は、

 

睡眠のリズムを整えるためにも、サプリをぜひ活用してみましょう。

 

困った!幼児が泣き止まないで寝ない時、どうしたら寝てくれる?