夜になると痒くなる原因は?痒くて眠れなくなる症状の解決法

夜になると痒くなる原因は?痒くて眠れなくなる症状の解決法

夜になると痒くなる原因は?痒くて眠れなくなる症状の解決法

夜になると痒くなる原因は?痒くて眠れなくなる症状の解決法

日中は大丈夫なのに、夜寝るときになると急に体が痒くなってなかなか寝れない、寝始めてもかゆくて目が覚めてしまいしっかりとした睡眠を確保できないという症状に悩まされている人が増えています。

 

これは、ダニやノミ、その他の虫に刺されたわけでもないのに、夜中に体が痒くて寝れないのは様々な原因が考えられます。

 

一度気になると体のあちこちが痒くなり朝まで眠れず、睡眠不足で疲労が蓄積される場合もあります。

 

夜になると痒くなる原因やその対処方法、解決法などをご紹介します。

 

睡眠の質が悪い原因とは?質を上げるポイントを覚えて質を向上させよう

 

 

肌トラブルによるかゆみ

肌トラブルによる痒みのせいで眠れなくなっている場合です。アトピー乾燥肌などの原因が考えられます。

 

アトピー

アトピーは肌の痒みが症状の特徴ですが、日中よりも寝ている間の方が痒みが悪化する場合があります。

 

その原因は布団に入り体温が上昇することで、副交感神経が優勢になるためなのです。

 

体がリラックスすると筋肉や皮膚が緩むため、かゆみを感じる神経が敏感になってしまいます。

 

アトピーの方は病院で薬を処方してもらい根本的な治療をすることが大切です。

 

抗アレルギー剤には眠気を促進する成分が含まれていることもありますので、眠りやすくなる効果も期待できます。

 

乾燥肌

空気が乾燥する季節は、肌トラブルも多くなりますよね。

 

乾燥肌は痒みの原因になり、これを改善するためには室内に加湿器を置くなど、睡眠環境を整えるとよいでしょう。

 

また入浴の際に体をごしごし擦って洗わないことや、保湿クリームで肌の乾燥を防ぐなど普段のスキンケアにも意識してくださいね。

 

 

自律神経の活動によるかゆみ

夜、寝るときに布団に入ると体が痒くなる場合、虫刺されでも肌トラブルでもないとすれば、それは自律神経が関係しているといっても良いでしょう。

 

昼間は全く痒みを感じないのに、夜になると痒くなる自律神経が関係している痒みとはどのようなものなのでしょうか。

 

ストレス

仕事や人間関係のストレスは痒くて寝れない原因のひとつとなります。

 

ストレスを感じると脳が刺激され交感神経が優勢になっています。すると筋肉や神経が過敏になるため、寝ている間に体が痒みを感じやすくなってしまいます。

 

寝具の素材が肌に触れて違和感を感じるなど、何もしていなくても布団に入っただけで不快な症状を感じてしまうことがあるのです。

 

ストレスを完全になくすのは不可能ですが、普段の気分転換や休息が大変効果的ですよ。

 

寝る前の肌のマッサージなど、快適な時間を過ごして寝る準備をしてはいかがでしょうか。

 

自律神経とは?

自律神経には、交感神経副交感神経という2種類があります。

 

この2種類の自律神経、交感神経と副交感神経は、寝る前になると入れ替わりを行うという特徴があります。

 

ちょうどその入れ替わりの時に体にはさまざまな変化があらわれ、いろいろな症状があらわれるときがあります。

 

心身ともに健康で、交感神経と副交感神経のバランスが良好で、体の状態も好ましい時には、この神経系統の交換の時期であっても何の影響もありません。

 

しかし、寝不足やストレスなどで心身の健康状態が思わしくないとき、自律神経のバランスが崩れている時などは、この神経系の交換時にさまざまな体の症状があらわれてしまいます。

 

微熱で眠れない原因は自律神経、現代人に多い微熱、そして不眠とは?

 

交感神経と副交感神経の働き

昼間活動している時に働いている時に役立っているのが交感神経です。

 

この交感神経は、夜になると副交感神経とバトンタッチを行い、体を休息へと導く副交感神経へと交換します。

 

副交感神経が優位になると、体はお休みモードへと導かれ、睡眠や安息といった状態を迎えることができるのです。

 

夜になると痒くなる症状

夜になると痒くなる原因は?痒くて眠れなくなる症状の解決法

 

このように眠るときの痒みの症状は、アトピーなどの肌トラブルや、ストレスなどによる自律神経の乱れが原因として考えられます。

 

肌トラブルではないのに痒みがある方は、自律神経の乱れが原因かもしれません。

 

「寝不足で自律神経になる仕組み!快適な睡眠をとる方法」でも自律神経と睡眠についての関係をまとめています。

 

寝る前になると副交感神経が働きだし、筋肉や血管などを緩め、体を休息モードへと導こうとします。

 

健康状態に問題があったり、睡眠不足などの状態になっていると、その時に痒みを感じるようになるのです。

 

このようにして自律神経が交換する時に感じる痒みは、寝るときになるとおとずれ、なかなかおさまらない痒みとなります。

 

掻き毟ることによってさらに痒みが増し、それとともにストレスや不安が増大してしまいます。

 

これは、余計に自律神経のバランスを崩すことにつながるのです。

 

夜になると痒くなる時の解決法、対策は?

夜になると痒くなる原因は?痒くて眠れなくなる症状の解決法

 

では、夜になるとどうしても痒みが出てしまう時、対策としてはどのような方法があるのでしょうか。

 

良質な睡眠を十分にとることがベスト

アトピーなどの肌トラブルが原因の場合も、自律神経の乱れが原因の場合も、まずは夜の睡眠をしっかりと取るようにしましょう。

 

アトピーなどの肌トラブルは、より質の高い睡眠をとることで新陳代謝が向上し、改善されると考えられています。

 

また、自律神経が原因のかゆみも、睡眠を徹底することによって本来の状態に回復し、からだも健全になることで、自律神経が交換する際にも痒みを感じる事が少なくなります。

 

睡眠の質を向上する大切なポイント

 

まずは、夜寝るときの痒み対策をしてしっかりと眠れる環境を

夜寝るときにどうしても痒くなってしまう場合には、市販の痒み止めを使用してなるべく痒みを抑えるようにしましょう。

 

アトピーや乾燥肌の方は、対応した肌ケア商品を使用することがオススメです。

 

少しでも痒みがおさまれば、それだけ良質な睡眠へと近づけることができます。

 

痒み止めを有効に活用して、かゆみを抑えながら睡眠を確保できるように工夫してみましょう。

 

寝具を清潔な状態にして、ダニやノミの心配がないようにするのも大切です。

 

その他にできる対策としては、夜ぐっすりと眠ることができるように、日中は太陽の光をたっぷり浴びる運動をして体を十分に動かしておく、ストレスを発散する努力をしておくなどがあります。

 

セロトニンを増やす方法とは?摂取するにはサプリが良い?

 

睡眠サプリを利用する

上記のような対策を講じるのと同時に、夜ぐっすり眠れるように睡眠をサポートする睡眠サプリを活用するとさらに高い効果が得られるでしょう。

 

アトピーなどの肌トラブルを改善する、または自律神経を整えるとともに、睡眠サプリを利用することで、夜の睡眠の質が格段に向上します。

 

夜の間の睡眠が充実することで、肌トラブルの改善や、自立神経はバランスを取り戻して正常な状態に戻ることが期待できます。

 

さらにぐっすりと眠ることができれば、体や心の状態も非常に健康になり、さまざまな原因で生じていた痒みも感じなくなるでしょう。

 

睡眠サプリで痒みを抑えることにより、生活スタイルが大きく改善するのです。睡眠サプリでより効果を得たい場合は、成分に注目すると良いでしょう。

 

「グリシンが睡眠の質を向上させる?!サプリで簡単に摂取」も参考にしてみてください。

 

まとめ

人間にとって、夜の睡眠時間は、単に体の疲れや休息をとるだけでなく、体の中にある自律神経や内臓機能などの活動も健全に保つ役割を担っています。

 

夜の睡眠の質を向上させ、夜の睡眠の内容を充実させることは、日中の活動をより健全にすること、自分の生活をしっかりと守ることにつながります。

 

心身のバランス、見える部分だけでなく、心や体の内側にある大切な器官の働きを守るため、睡眠サプリを利用して、睡眠改善に努めてみましょう。

 

今まで夜になると体が痒くなってしまい、寝付くことができなかった人、痒くて寝てもすぐに目が覚めてしまっていた人、痒くて睡眠が上手く取れず朝の目覚めが悪いと感じていた人などは、ぜひ今すぐにでも睡眠サプリ睡眠改善の工夫を始めましょう。

 

夜になると痒くなる原因は?痒くて眠れなくなる症状の解決法