夜になると不安になる睡眠障害対処方法

夜になると不安になる睡眠障害対処方法

夜になると不安になる睡眠障害対処方法

夜になると不安になる睡眠障害対処方法

「夜布団に入ると、不安やストレスで考え事が絶えない…」

 

「夜遅くまで起きてしまって、明日の朝起きれるかどうか不安」

 

このように、夜についつい考え事をしてしまった結果、朝起きるのが辛くなってしまうという方は少なくありません。

 

夜に不安で眠れなくなったり、朝起きられるか不安な状態を解消するためには、このようなケアをすることをおすすめします。

 

朝起きられない原因は何?うつや病気にならない為にも対策を

 

羊の数を数えるような単調作業をしてみる!

物を数えるような単調作業は、睡眠を誘発する働きがあります。

 

「羊が1匹、羊が2匹…」など数えて眠るシーンは有名ですよね。

 

牧場の柵を羊が1匹ずつ超えていくイメージを空想することで、眠りにつきやすくなるのです。

 

何かを数えるという行為をするだけで、眠りにつきやすくなる人は少なくありません。

 

羊をイメージしにくい人ならば、他の動物をイメージしてもよいですよ。

 

自分が癒されるような動物に置き換えて数えるのも良いでしょう。

 

眠りに入りやすくする良いきっかけとしてこうした“物を数える単調作業”を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

寝るまでにかかる時間はどのくらい?

 

自分の呼吸を数えるのも効果あり

考え事が止められないときには、自分の呼吸時間を数えるのも有効です。

 

息を吸う時や吐く時に、頭のなかで1・2・3・4・・・、と数をカウントします。

 

何か考え事をしていて寝付けないときでも、数を脳内でカウントしている間はそちらに意識が集中します。

 

つまり、自分では止められない考え事を、呼吸を数えることでストップすることが出来るのです。

 

この時の呼吸の仕方は、腹式呼吸がオススメです。

 

お腹を吸った空気でふくらませるようにして呼吸しましょう。

 

睡眠ホルモンの分泌を促すケアを行う

ストレッチやマッサージをしたり、夜に入浴をして体を温めることは、就寝時に睡眠ホルモンの分泌を促し、効果的です。

 

また、こうしたケアは、精神をリラックスさせ、不安な気持ちを払しょくする働きもあります。

 

夜なんとなく不安なことがあり眠れないという方にもリラックス効果が期待できるので、おすすめのケア方法です。

 

ストレッチやマッサージなどは特に、睡眠物質だけではなく、休息物質の分泌を促す効果も期待が出来ますので、毎日就寝前に、欠かさず行うことをおすすめします。

 

マッサージを自力でするのが大変という方は、ストレッチだけでも大きな効果を表すためおすすめです。

 

外泊すると寝付けないという方は、ホテルなどに宿泊の際にマッサージのサービスを試してみることもおすすめします。

 

旅行や外泊の時だけなかなか眠れない原因は?対処方法で解決

 

寝付けないときは一度起きてみる

どうしても夜になると考え事をしてしまって、なかなか寝付けないという場合。

 

その場合は、眠れないというストレスで、余計に覚醒してしまっている可能性があります。

 

本来、布団やベットの中は安心して眠れる場所です。

 

脳は場所と感情を関連付けて記憶しますので、寝室や布団が眠れないストレスでつらい場所だと認識すると、更に眠れなくなるという悪循環に陥ることも。

 

一定時間眠れないときは、布団から出て、気分を変えるために本を読んだりリラックスする音楽を聞いてみましょう。

 

気分を変えて、眠れそうだと思ってから布団に戻ると、意外とスムーズに眠れますよ。

 

寝室を眠りにつきやすく!

眠りにつきやすくするためには、寝室を眠りにつきやすく変えてみることも大切でしょう。

 

臭覚や色彩などを視野に眠りにつきやすい空間をつくってあげましょう。

 

そうする事で不安な感情も軽減されて眠りを得る事ができますよ。

 

眠りにつきやすいカラーを取り入れる

寝室にある枕やシーツなどの寝具類をブルー系やイエロー系に変えてあげることで、情緒が安定し睡眠がとれやすくなるのです。

 

逆に、パープル系やレッド系などは刺激が強く眠りにつきにくくなるのです。こうして眠りにつきやすいカラーをセレクトすることで睡眠がとれやすくなるでしょう。

 

アロマの香りで精神をリラックス

眠る時に、アロマデューザーなどを枕元に置いて寝ると良いでしょう。

 

カモミールや薔薇などの好みの香りを取り入れる事で、気持ちをリセットしたり、リラックスさせたりする効果があるのです。

 

この安定した気持ちのまま、良質な睡眠がとれると良いですね。

 

寝心地の良い寝具をセレクト

心地よい寝具類は、良質な睡眠をえられる最高の道具です。

 

寝返りのしにくい、重い布団から軽めの羽毛に変えたり、体の沈みにくいマットに変えたりと、少し工夫するだけでも、寝入りやすくなるでしょう。

 

また、アイピローやアイマスクで周囲の光などを遮断すると、余計な刺激を脳に与えずに眠りにつきやすくなります。

 

少しでも、不安を抱くような事を視界から取り除いてみるのも眠りにつくコツです。

 

半身浴で交感神経を安定させる

事前に体を休める状態にする事が、良質な睡眠を促すためには大切です。

 

熱い風呂は、いっけん疲れがとれそうですが、交感神経を刺激して余計に眠りにつくタイミングを逃してしまうため、ぬるめの湯温に浸かるのが良いでしょう。

 

また、布団に入る2時間前までは入浴を終えるようにしなければ交感神経が高ぶったままなので、眠りにつきにくくなります。

 

ぬるめのお湯に胸から下を30分ほどつけて入浴するのが、良質な睡眠を得る理想的な入浴方です。

 

また、半身浴でストレス緩和する人も増えています。

 

その日の疲れやストレスはその日のうちに解消するのが基本です。

 

入浴剤も活用しよう

こうした入浴のお供には、自分好みの入浴剤を取り入れると良いですね。

 

その中でも、体の芯から冷えを改善してくれる炭酸系の入浴剤がオススメです。

 

女性に多い冷え性体質はオフィスでの冷えた空調や仕事上、人間関係による原因もあげられるでしょう。

 

冷え性は足先から冷えるため、なかなか睡眠にはいりにくい状況をつくりあげてしまいます。

 

それで末端が冷える時は、靴下やスパッツなどを、上手に利用する事も視野にいれましょう。

 

朝起きるのが不安であれば、対策を万全にして眠りましょう

朝起きるのが不安でなかなか寝付けないという方は、出来うる限りで最高の対策をするように心がけてみてください。

 

目覚ましを何個もセットしたり、目覚ましのスヌーズ機能を利用したり、当日の朝、誰かに起こしてもらうように頼んだり、出来るだけ朝起きることが出来る最高の環境を整えて、眠りにつくことが大切です。

 

どうしても不安が抜けきらないようであれば、前の日の就寝時間を早めにセットすることが大切です。

 

眠る時間を早めにセットすることで、非常に高い確率で睡眠を取ることが出来るといえるでしょう。

 

目が冴えて眠れない時には、睡眠をサポートするサプリで睡眠改善を

 

一人暮らしでも大丈夫!?起床時間を固定化!

新社会人や、一人暮らしをスタートさせる学生などは、初っ端から遅刻などをしたくないために、きちんと起きられるか不安になることもあるでしょう。

 

また、目覚まし時計はセットできるものの、慣れてしまうと目覚ましも効果がないケースもあるのです。

 

しかも、一人暮らしならば、しつこく起こしてくれる家族もいませんから…

 

そんな時は、新生活がスタートする数ヶ月前から、自分の体内時計をリセットしておくと、望ましい時間に起床できるようになるでしょう。

 

例えば、かならず6時に起床したいのであれば、はじめはかなり早い19時くらいに就寝します。

 

その後は徐々に20時、21時の就寝に切り替えていくと、どんな時間に寝ても、6時に起きれるような体になるのです。

 

新生活の起床に望ましい時間に起きられるように体内時計をしっかり安定化させてあげましょう。

 

睡眠サプリで不安を解消

次の日の朝に起きることが出来るかどうかという不安や、何かと心配事があって眠れないという状況は、体が眠りの体制になっていないことが原因です。

 

体を眠りのスタイルにするためには、睡眠サプリなどを摂取して、自然と体が睡眠を取りやすくなり、朝目覚めやすい状態になることが出来るようなサプリメントを利用してみると良いでしょう。

 

何をやっても不安が取れないという方にも、おすすめの商品ですよ♪

 

睡眠障害を誘発する不安を解消するためには、睡眠サプリメントのお試しをおすすめします!

 

まとめ

色々と考え事をしてしまうのは、布団に入ってからという人が殆どでしょう。

 

勤勉で真面目な日本人は、必要以上に、仕事の事や近い将来の不安を抱えています。

 

最近はこうした、日本人の気質から、きちんと起床できるかの不安や、夜になると憂鬱になって寝つきが悪いというジレンマが生じるのです。

 

睡眠は、良くも悪くもその日にあった出来事をリセットする最高のタイミングです。

 

良質な睡眠を副作用なく快適に得るには、睡眠サプリの力を借りましょう。

 

長い人生、不安ばかりで眠れない症状は、健康や美容にも悪影響です。

 

夜になると不安になる睡眠障害対処方法