ウットは不眠改善に効果がある?危険な副作用と依存性も確認!

ウットは不眠改善に効果がある?危険な副作用と依存性も確認!

ウットは不眠改善に効果がある?危険な副作用と依存性も確認!

ウットは不眠改善に効果がある?危険な副作用と依存性も確認!

不眠症の患者数は年々増加傾向で決して他人事ではありません。

 

そのため薬局などで購入できる睡眠改善薬や、鎮静剤を活用してみようと思われる方も多いと思います。

 

ここではウットという鎮静剤について、どのような特徴や効果があるのかを見ていきましょう。

 

 

ウットの特徴について

伊丹製薬から販売されているウットは精神の興奮、神経衰弱を軽減する作用があります。

 

ストレスや不安によるイライラは誰でも経験があると思いますが、ウットはこのような症状を鎮静するジフェンヒドラミン塩酸塩と共に、ブロムワレリル尿素という成分が主に使用されています。

 

この鎮静剤の成分は大脳皮質の機能などを抑制する働きがある為、一時的な不眠症状の改善として使用することもあるのです。

 

1箱12錠入りで値段は1800円ほど、1日1〜3回、1錠服用します。

 

年齢は15以上から服用が可能です。

 

ドラッグストアで購入できる薬ですが、指定第2類医薬品で濫用の恐れがあると注意喚起がされています。

 

寝れないのはイライラのせい?怒りや心配事があっても快眠できる方法

 

 

他の薬よりも効果が強いウット

ストレスや疲労がたまっているときの入眠のサポートに、ドラックストアなどで購入できる睡眠改善薬や鎮静剤を使用している人は意外と多いのではないでしょうか。

 

一般的な睡眠改善薬は、ジフェンヒドラミン塩酸塩と呼ばれる抗ヒスタミンを主成分としているものが大半です。

 

さらにウットにはブロモバレリル尿素という、抗不安作用や催眠作用がある有効成分も配合しているので、一般的な睡眠改善薬と比較するとウットの方が効果が強くでる傾向があるといわれています。

 

市販薬の中では最強クラスと呼ばれることもありますので、確実な効果を期待する人にとても注目されていますよね。

 

しかし薬の効果が強いことは反面、体にも負担になる可能性が高いということでもあります。

 

ウットの副作用・依存性について

ウットは不眠改善に効果がある?危険な副作用と依存性も確認!

 

ウットに使用されているブロモバレリル尿素は、漫然使用によって薬物依存を生じるため、治療の必要性を十分に検討するようにと注意喚起が行われています。

 

さらにアメリカでは危険性が高いとして、医薬品に使用することも禁止されている成分です。

 

ウットは用法や用量を必ず守る必要があり、依存性も高いため、服用期間が少しでも長引くようであれば、医師の処方薬に切り替えたほうが安全です。

 

ウットの副作用として主に報告されているものは以下の通りです。

  • めまい
  • ふらつき
  • 頭痛
  • 無気力
  • 健忘症
  • 錯乱
  • 幻覚
  • 吐き気
  • 嘔吐

胃の状態が低下している場合など、体調によっては副作用のリスクが高くなる場合もあるので、ご注意ください。

 

数回使用しても効き目がない時、副作用の症状が続く場合などは、自分の判断で継続せず必ず医師に相談しましょう。

 

睡眠薬に依存すると危険がいっぱい!副作用にも注意!

 

まとめ

体は疲れているのに眠れないのは、一日だけならまだしも毎日続くと大変体に負担になりますよね。

 

睡眠の質を改善するのは一晩だけではできないこと。

 

ウットを服用するのは副作用や依存性の不安がありますので、習慣的に不眠対策を行うのであれば、まずはサプリメントをオススメします。

 

体に安全な成分でゆっくりと体質改善していけば、自然な働きでリラックスして入眠できるようになりますよ。

 

睡眠の質が改善されないときは、ウットを使用するよりも医師の指導の元で睡眠導入剤に切り替えましょう

 

ウットは不眠改善に効果がある?危険な副作用と依存性も確認!