光量が眠りの質に影響する?睡眠の妨げになる照明と安眠環境の作り方

光量が眠りの質に影響する?睡眠の妨げになる照明と安眠環境の作り方

光量が眠りの質に影響する?睡眠の妨げになる照明と安眠環境の作り方

光量が眠りの質に影響する?睡眠の妨げになる照明と安眠環境の作り方

睡眠の質照明の光量は大切な関係があります。

 

真っ暗な部屋が好きな方、照明をつけたまま寝る方など様々ですよね。

 

そこで早速ですが、睡眠と照明の光量の関係について見ていきたいと思います。

 

 

癒しホルモンのメラトニンとの関係

快適な睡眠にはメラトニンと呼ばれる睡眠ホルモンが必要です。

 

このホルモンの分泌は、照明の光量に影響を受けやすい特徴があります。

 

視床下部には体内時計の視交叉上核と呼ばれるものがあり、25時間周期で体内時計が働いています。

 

しかし夜更かしをする人は強い光を長時間浴びてしまうため、メラトニンの分泌はストップするのです。

 

メラトニンを増やすためには、夜はできるだけ暗い睡眠環境にすることがコツになりますね。

 

寝る直前でなく、寝る1時間前ぐらいから部屋の照明を暗くしましょう。

 

また暖色系の電球の色もメラトニンの減少を防ぐ効果があるといわれていますので、オレンジ色の電球などを夜い、使うとさらに快適な睡眠へと導いてくれます。

 

夜になると不安になる睡眠障害対処方法

 

体内時計と光量について

光量が眠りの質に影響する?睡眠の妨げになる照明と安眠環境の作り方

 

体内時計は睡眠と覚醒を切り替える役割があります。

 

夜になると自然と眠くなるのは、体内時計により睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されるためです。

 

これは光を浴びると脳が活動状態に入り、暗くなるとリラックスモードになる仕組みによるもの。

 

朝起きたら朝日をたっぷり浴びた方が脳が活発になりやすく、体内時計のリズムが安定します。

 

メラトニンは夜に多く分泌されますが、加齢や生活習慣により乱れやすいので、注意が必要です。

 

とくに夜の照明の光量は覚醒リズムを乱す原因になるため、体内時計を正しくする為にも夜更かしをしないように意識しましょう。

 

スマホなどのブルーライトが睡眠に及ぼすメリット・デメリット!

 

 

睡眠時の照明の光量について

安眠するには、明るすぎる部屋の光量を減らすことが必要です。

 

寝ているときはまぶたが閉じていても、光は目の中まで入ってきます。

 

またアイマスクをしていても皮膚が光を感じるといった研究結果もあり、可能であれば部屋は真っ暗にして眠るほうが良いですね。

 

一般的には睡眠時は0.3ルクスまでのほの暗い程度が良いといわれています。

 

しかし真っ暗ななかで寝ると不安になる人もいると思います。

 

目が覚めて室内が暗いと交感神経が優位になり寝付けなくなってしまう場合もありますので、光量に関しては自分が快適に感じる暗さに調整し、様子を見ながら暗くしていきましょう。

 

照明の明るさは快適な睡眠環境にとても重要ですが、それ以外にも室温騒音寝具なども関係しているため、睡眠不足が続く場合はあらゆる改善点を探してみてください。

 

寝苦しい夏の夜に快眠するには?空調やエアコンの効果的な使い方

 

まとめ

寝つく1時間前から照明の光量を落としていくと、スムーズに眠りに入ることが出来ます。

 

寝る前の照明の色は暖色系がオススメ。

 

また睡眠中の照明の光量は、できるだけ真っ暗〜ほの暗い程度までにしましょう。

 

光は体内時計のリズムを整える為に大切な役割を持っていますので、夜は暗く、朝は明るくする基本サイクルを守る点が大切。

 

睡眠不足は照明の明るさとも関係していますので、とくに入眠障害がある方は快適に感じる光の量を意識してみましょう。

 

光量が眠りの質に影響する?睡眠の妨げになる照明と安眠環境の作り方


関連ページ

昼夜逆転してしまった時の直し方!睡眠障害にならない為に
体内時計と睡眠のしくみ!体内時計が狂った時の治療法はあるの?
睡眠の質が悪い原因とは?質を上げるポイントを覚えて質を向上させよう
質の高い昼寝は生活の中に取り入れるべき!効果的な昼寝の仕方とその効果
寝るまでにかかる時間はどのくらい?
夜になると不安になる睡眠障害対処方法
コーヒーなどに含まれるカフェインは、睡眠にどう影響するのか
アドレナリンが睡眠不足の原因だった?寝る前にしてはいけない行動
眠くないのにあくびが!生あくびって何?あくびとの違いはある?
常に眠い原因は何?寝ても眠気がとれなくてだるい時の改善法!
スマホなどのブルーライトが睡眠に及ぼすメリット・デメリット!
必見!スマホの電磁波が睡眠に与える怖い影響とは
睡眠と副交感神経の関わりとは?活性化させる方法はあるの?
パジャマが寝付きを良くする?寝る時の服装で睡眠の質が変わる!
寝苦しい夏の夜に快眠するには?空調やエアコンの効果的な使い方
冬にエアコンをつけたまま寝たら体に悪い?寝るときの暖房の設定温度
快眠をサポート!睡眠の質をアップする寝具選びのコツって何?
睡眠の質が下がる?寝る前の食事がダメな理由と夜食にオススメの食物
脳疲労の危険性と原因!睡眠との関連や効率の良い回復方法はあるの?
睡眠障害の改善にも!寝る前ストレッチの方法と自律神経への効果
寝れない時にオススメの飲み物は?安眠できる飲料とダメな飲料
質の良い眠りが学習効果を高める?記憶力アップのための睡眠方法
不眠をアロマで改善!睡眠の質を上げる香りと効果的な使い方!
日中頭がぼーっとする原因は何?睡眠不足以外にも考えられる原因とは