睡眠時間は寿命を短くするの?睡眠時間と寿命は関係するのか

睡眠時間は寿命を短くするの?睡眠時間と寿命は関係するのか

睡眠時間は寿命を短くするの?睡眠時間と寿命は関係するのか

睡眠時間は寿命を短くするの?睡眠時間と寿命は関係するのか

睡眠時間は健康を維持するためにとても大切です。

 

しかし最近は睡眠不足不眠症の方も大変多く、心身の障害を招く原因になっています。

 

睡眠時間は寿命に影響するといわれていますが、本当のところはどうなのでしょうか。

 

睡眠と寿命の関係について見ていきたいと思います。

 

 

睡眠時間と寿命の関係

データによる睡眠時間と死亡リスクについて見ていきましょう。

4.4時間未満 死亡リスク 60%上昇
4.5〜5.4時間 死亡リスク 20%上昇
5.5〜6.4時間 死亡リスク 10%上昇

基本的に健康的な睡眠時間といわれているのは7時間〜8時間

 

しかし近年は夜型の生活をする人も多く、なかなか十分な睡眠時間をとることができないのです。

 

睡眠時間が直接的な悪影響を体に与えるのでなく、睡眠不足による様々な体のダメージが寿命を短くするといわれています。

 

例えは免疫液力が低くなり病気をしやすくなる、自律神経が不安定になりうつ病などの精神疾患になる、胃腸器官の働きが鈍くなり栄養の吸収が悪くなるなどの原因が考えられます。

 

疲れてるのに眠れない状態の解消方法は?

 

 

睡眠時間が長すぎも危険?

では睡眠時間が長い方が長生きはできるのでしょうか。

 

ある統計によると毎日10時間以上寝る人は、4、5時間の睡眠の人に比べると寿命が短いといわれています。

 

何時間も寝ていても必ずしも質が高いとは言えません。

 

「レム睡眠とノンレム睡眠の周期とは?浅い睡眠と良い眠りの関係」でも解説していますが、レム睡眠が多くなると交感神経が不安定になり、脈拍や血圧が不安定になりやすいといわれています。

 

すると心疾患のリスクが高まるため、病気を引き起こしやすくなるのです。

 

このような心疾患の80%ほどは、レム睡眠の間に起こるともいわれています。

 

睡眠は長ければよいというものではありません。

 

睡眠不足の生活を続けていると、週末などに寝だめをする人もいますよね。

 

このような不規則な生活バランスは、体内時計を乱す原因。

 

寝だめをしても体の疲労回復ができず、逆に負担となってしまいます。

 

昼夜逆転してしまった時の直し方!睡眠障害にならない為に

 

安定した睡眠をとるにはサプリがオススメ

睡眠時間は寿命を短くするの?睡眠時間と寿命は関係するのか

 

睡眠は質が高い方が、健康へのメリットがとても多いですよね。

 

そこで良い睡眠が毎日とれているかどうか、以下の項目をチェックしてみましょう。

  • 夜すぐに眠りにつける
  • 朝はスッキリ目が覚める
  • 昼間に異常なほど眠くなることがない
  • 夜中に何度目が覚めることがない
  • 疲労回復ができる

睡眠の質を上げるためにはどうしたら良いのか、悩んでいる方も多いと思います。

 

睡眠時間が確保できない方は、まず生活パターンを改善できるか検討してみましょう。

 

寝たいのに眠れない夜中に目が覚めて寝られなくなるなど、睡眠パータンが安定しない方には、睡眠をサポートするサプリがオススメです。

 

リラックス効果を高め、ぐっすり快眠できるため朝もすっきりしますよ。

 

一日のはじまりは気分よくスタートさせたいですよね。

 

そんな時にサプリはとても効果的に睡眠をサポートしてくれます。

 

睡眠を改善したいならトリプトファン配合のサプリを選びましょう

 

まとめ

睡眠と寿命には大切な関係があります。

 

一度だけの睡眠不足で体に害があるわけではありません。

 

習慣的に睡眠不足の方は自覚症状がないまま、徐々に体の働きが乱れていきます。

 

睡眠環境を整えたり、睡眠時間の確保とあわせて、睡眠サプリを取り入れてみましょう

 

早速睡眠の質を高め、長生きできる健康ライフを始めましょう。

 

睡眠時間は寿命を短くするの?睡眠時間と寿命は関係するのか