市販の睡眠薬を選ぶ際のポイントや注意点は?市販の睡眠薬の効果など

市販の睡眠薬を選ぶ際のポイントや注意点は?市販の睡眠薬の効果など

市販の睡眠薬を選ぶ際のポイントや注意点は?市販の睡眠薬の効果など

市販の睡眠薬を選ぶ際のポイントや注意点は?市販の睡眠薬の効果など

眠ることに問題を抱えている時、市販の睡眠薬を使ってみようとはするけれど、副作用や注意点、市販の睡眠薬の選び方などで迷ったり、不安を抱えてしまったことはありませんか。

 

市販の睡眠薬は服用していても本当に安全面で、心配はないのでしょうか。

 

また、副作用の出方など、どのような点に注意したらよいのでしょうか。

 

さらに、市販の睡眠薬を服用することで安眠が得られる、つまり効果を実感することができるのでしょうか。

 

市販の睡眠薬を選ぶ際のポイントや市販の睡眠薬を使用するうえでの注意点、さらに副作用や効果の程、成分についてなどをまとめました。

 

睡眠薬に依存すると危険がいっぱい!副作用にも注意!

 

睡眠薬の主な種類

実は現在一般的に使用されている睡眠薬には大きく分けて2種類の睡眠薬があるのをご存じでしょうか。

 

睡眠薬と一口に言っても、使用されている睡眠薬のその2つの種類では、効果も副作用も配合している成分も異なってきます。

 

では、これから現在使用されている一般的な睡眠薬の2つの種類についてご紹介します。

 

睡眠導入剤と睡眠改善薬の違いとは?

 

睡眠改善薬

睡眠改善薬は、一般的に市販されている睡眠薬の多くを占めています。

 

抗ヒスタミンの副作用である睡眠作用を逆手に取り、本来であれば副作用であるはずのその睡眠作用を効果として利用し、眠りやすくしたというタイプの睡眠薬です。

 

眠気を誘発する効果はあるものの深い眠りに誘導するわけではない

睡眠改善薬は抗ヒスタミンの睡眠効果によって眠気を誘発し、睡眠に入りやすくする効果があります。

 

しかし、そのまま深い眠りにまでいざなうというわけではありません。

 

また、どうしても眠れないときの緊急対処法としての利用が望ましく、長期的に利用することはお勧めできません。

 

正しい使用法を守っていれば強い副作用の心配がないというメリットも

睡眠改善薬に多く利用される成分である抗ヒスタミンは、一般的な風邪薬にも使用されている成分で、安心して利用することができます。

 

市販されている睡眠薬は、こういった成分が配合されている事がほとんどであるため、医師に処方されるような薬で引き起こされるような重篤な副作用が出る事が少なく、副作用の心配があまりないというメリットもあります。

 

市販の睡眠薬である睡眠改善薬の副作用

睡眠改善薬の副作用としてあげられるのは、やはり昼間の眠気や、起床時頭痛、その他にも眠りが浅いことによる夢の多さ、急なイライラなどがあげられます。

 

とくに日中の眠気に襲われると事故や事件に発展してしまう可能性があるため、車の運転など危険な行為を避ける必要があります。

 

昼夜逆転してしまった時の直し方!睡眠障害にならない為に

 

睡眠改善薬を服用する際の注意点など

睡眠改善薬は抗ヒスタミンの効果を生かしているため、その他の抗ヒスタミンを配合している薬などとの併用を避けるようにしましょう。

 

抗ヒスタミンを配合している薬としては、風邪薬や鼻炎薬、アレルギー用の薬や解熱鎮痛剤などもあります。

 

また、不眠の根本的要因を取り除くことができるわけではないのでその点においても注意が必要となるでしょう。

 

不眠症の原因とは?対策と改善方法を知って睡眠障害を治療

 

睡眠導入剤

睡眠導入剤は、医師から処方される睡眠薬として用いられることが一般的な睡眠薬の種類です。

 

現在使用されている睡眠導入剤の主流は、ベンゾジアゼピン系睡眠薬と言われているもので、従来のものより副作用を少なくすることに成功した睡眠薬としても有名です。

 

脳内物質であるGABAを増強して睡眠へと導く

脳内にあるGABAは、神経伝達物質の一つで、その働きとして抗不安作用と睡眠作用という働きをまかなっています。

 

ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、このGABAを活性化させ増強させることで睡眠作用を促し、深い睡眠へと導くことができる薬なのです。

 

長期の利用で依存性などの副作用の心配も

非常に効果的に眠りを誘い、深い眠りに到達させることができる睡眠導入剤ですが、じつは長期の利用によって依存性などの副作用の問題も生じることがわかっています。

 

不眠症に対する根本的な原因の追究と改善がなされなければ使用をやめることができませんので、不眠の原因と改善策を模索していく必要があります。

 

睡眠薬の中でも睡眠導入剤の副作用

睡眠導入剤を利用する際には、その副作用についてもしっかりとした知識を持っておかなければなりません。

 

副作用を理解したうえで利用することで、副作用が起こってしまったときの気付きや、対処が早まります。

 

睡眠薬の恐ろしい副作用について

 

依存性

やはり最も深刻で頻度の高い副作用としては、依存性があげられるでしょう。

 

長期にわたる使用によって体の中に耐性ができる事が原因となります。

 

次第に服用量を増やしていかなければ効果が得られず、薬をやめる際には不眠症が悪化しているというケースもあります。

 

持ち越し効果

服用時間や服用の際の注意点をしっかりと守る事ができないと、本来は目覚めるべき時間帯になっても睡眠効果が続いてしまい、急な眠気や思考力の低下を日中に誘発してしまうことがあります。

 

常に眠い原因は何?寝ても疲れが取れなくてだるい!の改善法

 

筋弛緩作用

睡眠導入剤の効果によって脳の働きも緩やかになるため、体に力が入りにくくなるという現象です。

 

夜トイレなどにおきた時に、足腰に力が入らず思わぬ転倒や転落の危険性があることを知っておく必要があります。

 

寝起きなどのタイミングにも力が入らず思うように体を動かすことができなくなっているため、非常に注意が必要となります。

 

睡眠導入剤を利用する際の注意点

睡眠導入剤を利用する際には、処方する際に医師から注意された点をしっかりと守る事が最も重要です。

 

自分で勝手に服用量を変えたり、やめてしまうなどのことはもってのほかです。

 

睡眠導入剤を服用する際には、必ず医師の指示のもと、用法容量をしっかりと守り、最後まで医師のアドバイスのもとで使用するようにしましょう。

 

睡眠薬のやめ方とは?!すぐにでも辞めるべき理由!

 

まとめ

睡眠薬を使用する際には、まず自分の睡眠を改善する方法を模索し、適切な使用方法で睡眠薬を使用することが大切です。

 

市販の睡眠薬は、現在非常に利用しやすく、簡単に入手できる睡眠サポートの大きな役割を果たしています。

 

自分に合った睡眠薬を見つけ、しっかりと睡眠をとれるように工夫して生活をしてみましょう。

 

市販の睡眠薬を選ぶ際のポイントや注意点は?市販の睡眠薬の効果など