睡眠不足が低血圧の原因?低血圧の効果的な改善策について

睡眠不足が低血圧の原因?低血圧の効果的な改善策について

睡眠不足が低血圧の原因?低血圧の効果的な改善策について

睡眠不足が低血圧の原因?低血圧の効果的な改善策について

睡眠と血圧は一見関係がないようですが、睡眠不足になると低血圧になる恐れがあります。

 

その原因と改善策について見ていきたいと思います。

 

毎日の生活習慣は知らない間に積み重なり、気が付いた時にはとても深刻な状態になっている可能性がありますよ。

 

 

低血圧とは?

健康のバロメーターである血圧は、健康診断や家庭の血圧測定器で調べることができます。

 

血圧が低い、高い、というのは病気のサインでもありますので、一番の理想は定期的に血圧チェックを行うことです。

 

そもそも低血圧とは血管の収縮が不安定になり、体内の血液と酸素が十分に全身を巡らない状態。

 

血圧が低いと以下のような症状が現れます。

  • 疲れやすい
  • 動機や息切れ
  • 立ちくらみ
  • 頭痛
  • 顔色が悪くなる 
  • 生理不順など
  • 貧血

このなかでも貧血は女性にとても多く日本人の約65%の女性が貧血であるとも言われています。

 

「寝不足による貧血が起きる理由」でも貧血についてまとめていますので、改善の参考にしてくださいね。

 

低血圧は慢性的に続く場合があり、原因は人それぞれです。

 

食生活や生活習慣が大きく関係していますが、意外と知られていないのが睡眠不足なのです。

 

なかなか血圧が安定しないという方は、睡眠を見直してはいかがでしょうか。

 

 

睡眠不足で低血圧になる仕組みについて

睡眠不足で低血圧になる原因は、自律神経の働きが不安定になることが関係しています。

 

そもそも自律神経は交感神経副交感神経の二つがあります。

 

交感神経が日中の活動時間に優勢になり、夜はリラックスする副交感神経が優勢になります。

 

「寝不足で自律神経が乱れる仕組み!快適な睡眠をとる方法」でもまとめていますが、寝不足になると緊張状態が続き交感神経が優勢になるため、筋肉の緊張が続き血管が拡張されない状態になるのです。

 

血管が乱れた収縮を繰り返すと、脳に送られる酸素や血液の循環が乱れ、低血圧を引き起こす場合があります。

 

寝不足で低血圧になると、体には十分エネルギーがない状態です。

 

そのため活動量を極力控えるために、体がふらふらするなど防御体勢に入ってしまいます。

 

また寝不足だと体の疲労が解消されず、低血圧のダメージから回復できないので、さらなる悪循環が続きます。

 

血圧改善するための睡眠改善方法

睡眠不足が低血圧の原因?低血圧の効果的な改善策について

 

睡眠不足で低血圧になってしまった場合は、血圧を安定させると同時に根本的な睡眠の質を向上させることが大切ですね。

 

血圧を上げるためには運動入浴マッサージなどで血行を改善するとよいでしょう。

 

さらに睡眠の質を高めるにはサプリメントがオススメです。

 

リラックスして血流を安定させ、さらに快眠するためにサプリの効果はとても有効と考えられています。

 

睡眠サポートのサプリにはリラックスする成分をメインンに、健康バランスをとる目的がありますので、睡眠不足で血圧が不安定になる方にオススメです。

 

また女性の場合は日頃から血行を改善するために、体を冷やさないなど注意をしましょう。

 

女性に適した睡眠サプリの選び方

 

最近は低体温の方が増えているといわれていますので、血圧だけでなく健康へのダメージは普段から予防したいですね。

 

まとめ

睡眠不足の低血圧は睡眠ホルモンを活性化するサプリメントがオススメです。

 

また健康状態を把握するために、日頃から血圧測定する習慣をつけることも大切ですよ。

 

睡眠不足が低血圧の原因?低血圧の効果的な改善策について