睡眠薬の服用はOK?妊娠中や授乳中の睡眠不足はどう改善する?

睡眠薬の服用はOK?妊娠中や授乳中の睡眠不足はどう改善する?

睡眠薬の服用はOK?妊娠中や授乳中の睡眠不足はどう改善する?

睡眠薬の服用はOK?妊娠中や授乳中の睡眠不足はどう改善する?

睡眠不足は健康生活にあらゆるダメージを与える為、日頃から快眠する心がけや習慣を意識しないといけません。

 

妊娠中や授乳中の場合はどのような点に注意をして睡眠不足の対処をするとよいのか、詳しく見ていきましょう。

 

 

妊娠中の睡眠不足の原因

妊娠すると女性ホルモンの分泌が変化するため、睡眠にも影響がでてきます。

 

初期はプロゲステロンと呼ばれるホルモンが多く分泌されます。

 

このホルモンは身体を休ませる働きがあるため、妊娠初期にはやたらと眠く感じる妊婦さんが多いのです。

 

しかし妊娠後期に近づくにつれ、徐々にエストロゲンと呼ばれるホルモンが多く分泌されるようになります。

 

すると睡眠が浅くなる傾向が出て来るほか、大きくなったお腹の重さで息苦しいなど、睡眠不足になりやすい状況が揃ってしまうのです。

 

妊娠中の睡眠不足は主に中期〜後期にかけておこりますが、これは女性の身体が育児のための準備に入るためとも一部ではと言われています。

 

お腹が大きくなると膀胱を圧迫するため、夜中にトイレで目が覚めることも頻繁になってきます。

 

このような理由により妊娠中の睡眠不足が起こってしまうのです。

 

こむら返りが妊娠中に起きやすい原因は何?予防する方法はある?

 

夜中に何度も起きる授乳中はどうしたらいい?

睡眠薬の服用はOK?妊娠中や授乳中の睡眠不足はどう改善する?

 

赤ちゃんの授乳は月齢が若いほど回数も頻繁になります。

 

新生児の時は2時間〜3時間おきぐらいで授乳しなければならず、これは日中の間だけでなく夜中も同じこと。

 

授乳をすればその分おむつの交換回数も増えるわけですから、お母さんがぐっすり夜中に寝ることはほぼ無理なのです。

 

夜中の授乳は身体の疲労原因や精神的な負担も増え、眠いけど眠れないという大変苦痛な生活がしばらく続きます。

 

赤ちゃんが大きくなるにつれて夜泣き回数も減りますが、一晩続けて寝るようになるには生後1年ほど時間がかかる場合もあります。

 

授乳中や育児の最中はたとえ自分が疲れて眠くても、赤ちゃんを泣かしたままにするわけにはいきません。

 

赤ちゃんの昼寝時間に合わせて、自分も昼寝をしながら休息をとることが必要です。

 

質の高い昼寝は生活の中に取り入れるべき!効果的な昼寝の仕方とその効果」も参考に、少しでも昼寝で睡眠不足を補いましょう。

 

 

妊娠中や授乳中は薬の服用に要注意

妊娠中や授乳中は薬の服用は身体の負担になりますので、睡眠薬などを飲む場合は医師に相談した方が安心です。

 

睡眠不足が辛くて色々な悪影響が出始めると育児もしっかりできなくなりますので、妊婦さんや授乳中の方でも安心できる睡眠不足の対策方法を行いましょう。

 

睡眠サプリメントのなかには添加物不使用で妊婦さんや授乳中の方でも飲めるものがあります。

 

例えば北の大地の夢しずくは妊娠・授乳中やお子さんでも安心して飲むことができる製品です。

 

どうしても睡眠時間が欲しい時はパートナーに育児を協力してもらい、睡眠サプリを摂取し質の高い眠りをとることも必要です。

 

リラックス成分が含まれていますので、普段育児による緊張感もほぐれますよ。

 

短時間でも快適な眠りになりますので、辛い睡眠不足が続くときはサプリの摂取を検討してくださいね。

 

睡眠の質が悪い原因とは?質を上げるポイントを覚えて質を向上させよう

 

まとめ

睡眠不足は誰にとっても辛いことですが、妊娠中や授乳中はやたらと薬を飲むことができません

 

睡眠サプリメントなら安心して始められますので、妊婦さんでも飲める安全性の高いものを選び毎日の生活に早速プラスしましょう。

 

睡眠薬の服用はOK?妊娠中や授乳中の睡眠不足はどう改善する?