睡眠不足が原因で便秘になる?解消する方法と睡眠と胃腸の関係

睡眠不足が原因で便秘になる?解消する方法と睡眠と胃腸の関係

睡眠不足が原因で便秘になる?解消する方法と睡眠と胃腸の関係

睡眠不足が原因で便秘になる?解消する方法と睡眠と胃腸の関係

睡眠不足の朝はなかなか目が覚めず、一日ぼーっとすることがあります。

 

疲労感が残ってしまうような睡眠が習慣的に続くと、身体が疲れるだけでなく便秘の原因になるといわれています。

 

では睡眠と胃腸関係はどのようなつながりがあるのか、早速見ていきましょう。

 

 

色々な便秘の原因について

便秘になるのは色々な要因があるため、食生活や生活習慣など日頃から注意しないといけません。

 

特に最近は日本の食生活が欧米化している傾向があり、野菜不足で便秘になることが多いですよね。

 

お腹が張った状態がいつも続くととても不快で、便秘が悪化するとおう吐や下痢などの症状になる場合もあります。

 

主な便秘原因としては、以下のようなことがあげられます。

  • 不規則な食生活
  • 夜遅い食事
  • 水分不足
  • 運動不足
  • ストレス
  • 急激なダイエット
  • 冷え性
  • 睡眠不足
  • 腹筋力の低下

全てを一度に改善することは難しいと思うので、1つか2つなど、できることから少しずつ改善していきましょう。

 

眠いのに寝れない状態はなぜ起こる?

 

 

睡眠不足で便秘になるカラクリとは?

便秘がなかなか改善しない時、意外と見落としてしまうのが睡眠

 

私たちの身体は交感神経と副交感神経と呼ばれる自律神経により機能しています。

 

睡眠中は身体がリラックスできるのは副交感神経が優位になるためで、逆に睡眠不足が続くと身体が緊張したままになっています。

 

胃腸機能も休む暇がなくなると活動が低下してしまい、消化吸収がうまく行われず便が作られなくなってしまうのです。

 

寝不足で自律神経が乱れる仕組み!快適な睡眠をとる方法」も参考にしてみてください。

 

また睡眠不足は腸のぜんどう活動を鈍くする為、便がスムーズに移動できないことも便秘の原因となります。

 

深夜型の生活になると、どうしても夜中につまみ食いなど遅い時間の飲食が増えてしまいがちになります。

 

食べてすぐに寝てしまうと胃腸活動が低下するため、しっかり消化しきれない食べ物が腸内の残り、便秘になりやすくなってしまいます。

 

さらに睡眠不足は悪い連鎖を引き起こし、朝すっきり目が覚めない為、朝食を食べずに慌てて出かけることも増えますよね。

 

朝は胃腸活動のスタートとして朝食は欠かせないものなのです。

 

睡眠不足が習慣的に続くと、あらゆる角度から便秘を起こしやすい環境が揃ってしまいます。

 

睡眠不足はリラックスできないため?ストレスとの関係について

 

今日からできる便秘解消方法

睡眠不足が原因で便秘になる?解消する方法と睡眠と胃腸の関係

 

便秘を解消するためにはまず食生活で食物繊維を多く摂取することがコツです。

 

野菜や海藻類などに含まれる食物繊維は、水溶性と不溶性の2種類がありどちらもバランスよく摂ることが必要です。

 

野菜だけでなく豆類、果物など栄養のバランスも考えながら規則正しい食生活を始めましょう。

 

そしてぜんどう活動を活発にする為に腹筋で筋力をつけることも効果的です。

 

入浴でも、おへその周りを軽くマッサージして胃腸を刺激しましょう。

 

常に眠い原因は何?寝ても眠気がとれなくてだるい時の改善法!

 

まとめ

便秘を治す為には生活習慣の見直しが欠かせません。

 

睡眠サプリをプラスして、寝不足対策を行うのもコツのひとつ。

 

便秘改善のためにはあらゆる角度からアプローチするとよいでしょう。

 

便秘は体質的なことが影響する場合が多いのですが、普段の生活で改善できる点を意識して、身体のなかからすっきりと健康生活を送ってください。

 

睡眠不足が原因で便秘になる?解消する方法と睡眠と胃腸の関係