早朝覚醒の原因と対策は?

早朝覚醒の原因と対策は?

早朝覚醒の原因と対策は?

早朝覚醒の原因と対策は?

「まだ起きる時間ではないのに、なぜか早朝に目覚めてしまう」

 

そんな事態に陥って、二度寝をするのも恐ろしく、結局睡眠が十分に取れずにいると言う方は少なくありません。

 

このような事態を“早朝覚醒”と呼びますが、なぜ早朝覚醒は起こってしまうのでしょうか?

 

その理由は、主にこれらがあげられます。

 

早朝覚醒の主な原因は?

早朝覚醒をしてしまう原因には、主にこれらがあげられます。

 

不安、緊張状態によるもの

「次の日に大事な会議があるけど、寝坊したらどうしよう…」

 

「朝から大事な約束があるから、絶対に起きなければいけない」

 

このように、過度なプレッシャーや不安、緊張状態のまま眠りについてしまうと、早朝覚醒が起きやすくなると言われています。

 

こうした精神状況で眠ることで、睡眠ホルモンが分泌されにくくなることも、一つの原因と言えるでしょう。

 

夜になると不安になる睡眠障害対処方法

 

ストレスの蓄積によるもの

ストレスが蓄積することで、睡眠ホルモンの分泌がされにくくなり、安定して眠ることが出来なくなります。

 

不眠症などもこちらの原因があげられますが、早朝覚醒も、こうした原因で起こっている場合があるのです。

 

不眠症の原因とは?対策と改善方法を知って睡眠障害を治療

 

ストレスによって自律神経が乱れていることが一番の原因とされており、ストレスが蓄積するごとに、睡眠障害の症状がどんどん悪化する傾向があると言えるでしょう。

 

物理的原因によるもの

早朝覚醒のもう一つの原因は、大きな音がする、体を揺さぶられるなど、物理的要因によるものです。

 

こちらが原因の場合は、物理的要因さえ排除してしまえば、早朝覚醒はすぐに収まりますので、対策方法を考えることをオススメします。

 

早朝覚醒が起きやすい人の特徴

早朝覚醒の原因と対策は?

 

早朝覚醒が最も起きやすい人の特徴としてあげられるのは、主にこれらがあげられます。

 

真面目な人

根が非常に真面目で、考え込みすぎる人は、早朝覚醒が起きやすい体質の方が多いと言われています。

 

自分に自信が無い人

自分に自信が無く、いつもどこか不安を抱えているような方も、早朝覚醒を引き起こしやすいと言われています。

 

悩みがある方、仕事に追われている方

今までは全くなかったのに、ある日を境に突然早朝覚醒が突然起こったと言う方の場合。

 

今まで蓄積していたストレスや疲れが爆発し、早朝覚醒を引き起こしている可能性があると言えるでしょう。

 

睡眠障害持ちの方

元々睡眠障害を持っていると言う方は、症状の一つとして、早朝覚醒を発症する場合があります。

 

体に痛みがあると言う方

体のどこかを怪我している、筋肉痛があるなど、体に何らかのダメージを追っている方も、睡眠途中に体が痛みを感じて、早朝目を覚ましてしまうことがあるでしょう。

 

筋肉が痛い!筋肉痛が痛くて眠れない時にはどうしたらいい?

 

早朝覚醒が起きやすいのは、睡眠の質が関係?

このように早朝覚醒は、いつ何時誰が起きても可笑しくない、睡眠障害の一種として知られていますが、そんな睡眠障害の根本的な原因は、多くの場合、睡眠の質である可能性が高いと言われています。

 

原因がわからない早朝覚醒の場合は特に、睡眠の質が低下している可能性が高いでしょう。

 

体内の睡眠ホルモンの分泌が非常に少ない、レム睡眠とノンレム睡眠の切り替わりが正常ではないなど、睡眠に何らかの異常事態が発生しているため、早朝覚醒を引き起こしてしまっている可能性があるのです。

 

レム睡眠とノンレム睡眠の周期とは?浅い睡眠と良い眠りの関係

 

早朝覚醒を改善するためには、睡眠の質をアップさせるために、体のケアを行うことを心がけてみてください。

 

早朝覚醒を改善するためにはどうすれば良いの?

早朝覚醒を改善するためのケアとしては、主にこれらがあげられます。

 

食生活の見直し

日頃から塩分過多な食生活や、脂っこいものを食べることが多いと言う方は、睡眠ホルモンの分泌が正常にされにくい体質になっている可能性があります。

 

外食をする場合でも、出来るだけ栄養バランスのことを考えて、献立を決めるように心がけましょう。

 

薬に頼らず不眠症を改善する方法!食べ物や睡眠サプリで対策

 

日中にしっかりと体を動かす

日中にしっかりと体を動かしておくことで、夜になると睡眠ホルモンが分泌されやすくなり、ぐっすりと眠りやすくなります。

 

一日一回は汗をかくように、何らかの運動をするよう心掛けてみてください。

 

夜に入浴する

体を温めることも、睡眠ホルモンや休息ホルモンを分泌する働きがあります。

 

夜お風呂に入る際には出来るだけ、シャワーだけではなく、入浴もするように心がけてみてください。

 

カフェインの過剰摂取を控える

カフェインは人によって、睡眠を阻害する可能性がありますので、睡眠障害を起こしている際は特に、カフェイン飲料の過剰摂取を控えるように心がけましょう。

 

特に、夜眠る前には絶対に摂取しないことをオススメします。

 

ストレス発散方法を見つける

ストレスが蓄積することで、自律神経が乱れ、睡眠ホルモンの分泌が阻害されてしまう恐れがありますので、ストレスを発散する方法を見つけることが大切です。

 

自分の好きなことや趣味を見つけて、こまめにストレスを改善するように心がけましょう。

 

早朝覚醒を睡眠サプリで改善!

上記のように、毎日ケアをすることで、徐々に早朝覚醒が起こりにくい体質にチェンジすることが出来ます。

 

体質を変えるためには、どうしても手間と時間がかかるので注意が必要なので、早朝覚醒を出来るだけ簡単に治したいと言う方は、睡眠サプリメントがオススメです。

 

睡眠サプリメントは、飲み続けることで体質を改善し、睡眠障害を改善していく効果が期待できます。

 

早朝覚醒を出来るだけ簡単に治したいと言う方は、一度睡眠サプリを試してみてください。

 

早朝覚醒の原因と対策は?