寝ていたいのに目が覚めて眠れない!早朝覚醒の原因と対策は?

寝ていたいのに目が覚めて眠れない!早朝覚醒の原因と対策は?

寝ていたいのに目が覚めて眠れない!早朝覚醒の原因と対策は?

寝ていたいのに目が覚めて眠れない!早朝覚醒の原因と対策は?

「まだ起きる時間ではないのに、なぜか早朝に目覚めてしまう」

 

そんな事態に陥って、二度寝をするのも恐ろしく、結局睡眠が十分に取れずにいると言う方は少なくありません。

 

このような事態を“早朝覚醒”と呼びますが、なぜ早朝覚醒は起こってしまうのでしょうか?

 

早朝覚醒の主な原因は?

早朝覚醒をしてしまう原因を1つずつ見ていきましょう。

 

不安、緊張状態によるもの

「次の日に大事な会議があるけど、寝坊したらどうしよう…」

 

「朝から大事な約束があるから、絶対に起きなければいけない」

 

このように、過度なプレッシャーや不安、緊張状態のまま眠りについてしまうと、早朝覚醒が起きやすくなると言われています。

 

こうした精神状況で眠ることで、睡眠ホルモンが分泌されにくくなることも、一つの原因と言えるでしょう。

 

夜になると不安になる睡眠障害対処方法

 

試験前の学生にも生じやすい

翌日試験だと、試験時間に間に合わなかったらとか、ちゃんと起きられるか、試験に合格できるのかなどの不安で早朝覚醒が起きやすくなることがあります。

 

それだけ、試験に対する意気込みや緊張感があると言えるのです。

 

試験期間がすぎてしまえば、そうした症状はおさまるのですが…。

 

こうして考えれば、若くても緊張や不安になれば、老若男女関係なく早朝覚醒を引き起こしてしまうのです。

 

ストレスの蓄積によるもの

ストレスが蓄積することで、睡眠ホルモンの分泌がされにくくなり、安定して眠ることが出来なくなります。

 

不眠症などもこちらの原因があげられますが、早朝覚醒も、こうした原因で起こっている場合があるのです。

 

不眠症の原因とは?対策と改善方法を知って睡眠障害を治療

 

ストレスによって自律神経が乱れていることが一番の原因とされており、ストレスが蓄積するごとに、睡眠障害の症状がどんどん悪化する傾向があると言えるでしょう。

 

物理的原因によるもの

早朝覚醒のもう一つの原因は、大きな音がする、体を揺さぶられるなど、物理的要因によるものです。

 

こちらが原因の場合は、物理的要因さえ排除してしまえば、早朝覚醒はすぐに収まりますので、対策方法を考えることをオススメします。

 

早朝覚醒が起きやすい人の特徴

寝ていたいのに目が覚めて眠れない!早朝覚醒の原因と対策は?

 

早朝覚醒が最も起きやすい人の特徴としてあげられるのは、主にこれらがあげられます。

 

真面目な人

根が非常に真面目で、考え込みすぎる人は、早朝覚醒が起きやすい体質の方が多いと言われています。

 

寝るまでにかかる時間はどのくらい?

 

自分に自信が無い人

自分に自信が無く、いつもどこか不安を抱えているような方も、早朝覚醒を引き起こしやすいと言われています。

 

悩みがある方、仕事に追われている方

今までは全くなかったのに、ある日を境に突然早朝覚醒が突然起こったと言う方の場合。

 

今まで蓄積していたストレスや疲れが爆発し、早朝覚醒を引き起こしている可能性があります。

 

自分のメンタルや体調を一度じっくり見直して、休む時間を確保してくださいね。

 

睡眠障害持ちの方

元々睡眠障害を持っていると言う方は、症状の一つとして、早朝覚醒を発症する場合があります。

 

その他の睡眠障害も合わせた、根本的な対策が必要となります。

 

睡眠障害と不眠症の違いは?睡眠サプリで眠れない日々から解放!

 

高齢の方

高齢になればなるほど、日常の活動量が少なくなります。

 

そして、睡眠ホルモンの分泌も鈍くなるでしょう。

 

体の衰えとともに、睡眠の質が低下するのです。

 

よく、おばあちゃんやおじいちゃんが早起きして草むしりや体操をしている姿が浮かびますが、そうした姿も、高齢による睡眠の変動なのですね。

 

また、筋肉量が減り寝返りがうちにくくなると、長時間同じ姿勢で過ごすことになり、それが体を強張らせるために目が覚めることもあります。

 

冷え性の方

冷えは手足などの末端から迫ってくるもの。

 

しかも、早朝は気温が低下して夜よりも冷んやりします。

 

中には、早朝覚醒が生じるくらいに冷えが酷い人も少なくありません。

 

しかも、冷えは膀胱を刺激して朝方のトイレの回数を増やすので、より目覚めやすくなるのです。

 

靴下を履いて寝るとどうなる?冷え性改善?睡眠障害悪化?

 

甲状腺疾患がある方

バセドウ病などの甲状腺疾患は、睡眠ホルモンの分泌を抑制して、睡眠障害を引き起こす事があります。

 

その中でも、早朝覚醒になってしまう人は少なくありません。

 

喘息や鼻炎などの疾患持ちの方

寝ていたいのに目が覚めて眠れない!早朝覚醒の原因と対策は?

 

喘息や鼻炎も、朝方の気温の変動により酷くなる人がいます。

 

こうした喘息発作や鼻炎による鼻づまりが睡眠を妨げで、早朝覚醒を引き起こす事があります。

 

また、花粉症の時期だけ限定的という方も少なくありません。

 

鼻づまりで寝れないときにはどうしたらいいの?鼻づまりを解消して眠る方法

 

血圧が高い方

早朝覚醒が生じやすい人には、高血圧の人が多いです。

 

通常は朝起きた時の血圧は低いものなのですが、早朝覚醒の人は起きた時から血圧の向上が見られるのです。

 

高血圧は生活習慣の乱れや、塩分の摂り過ぎなどが引き金になるため、日常の過ごし方に注意したいものです。

 

体に痛みがあると言う方

体のどこかを怪我している、筋肉痛があるなど、体に何らかのダメージを追っている方も、睡眠途中に体が痛みを感じて、早朝目を覚ましてしまうことがあるでしょう。

 

筋肉が痛い!筋肉痛が痛くて眠れない時にはどうしたらいい?

 

また、リウマチ疾患を患っている方も、頻繁に早朝覚醒に見舞われてしまうのです。

 

子育て中のお母さんやお父さん

寝ていたいのに目が覚めて眠れない!早朝覚醒の原因と対策は?

 

子育て中の方は、生後半年くらいまでは、赤ちゃんのオムツ替えやミルクなどのために睡眠のタイミングやサイクルが崩れやすくなります。

 

特に生後三ヶ月の赤ちゃんを育てているお母さんの殆どが、十分な睡眠がとれずに寝不足状態にあります。

 

特に母乳育児に力をいれているお母さんは、朝方でも頻回に母乳を与えなければならないため、それに緊張感を持っている事で、早朝覚醒気味に。

 

また、産後のお母さんは、女性ホルモンの変化も著しいために睡眠のホルモン分泌も変調があります。

 

それに伴って、余計に早朝覚醒になりやすくなります。

 

赤ちゃんが成長して、お世話の頻度が少なくなったり慣れてくれば、育児に対する緊張もほぐれて、早朝覚醒をはじめとする睡眠障害が改善されます。

 

中には、そうしたスパイラルから脱出できず、不眠に悩まされる事もあるのです。

 

また、お父さんも赤ちゃんのお世話をしていたり、お世話に参加していなくても一緒の部屋で寝ている場合は、睡眠不足に悩まされることもありますよね。

 

赤ちゃんに手がかかる時期は、お父さんとお母さん、お互いが少しでも睡眠を取れるように、工夫したり協力することが必要です。

 

妊婦さんが睡眠薬を摂取してはいけない理由

 

新聞配達のバイクの音ですら目覚めてしまう

早朝の新聞配達バイクの音でも、目が覚める、という人もいます。

 

ですが、正常な睡眠を得ている人は、こうした新聞配達のバイクの音では起きないものです。

 

早朝覚醒気味の人は、レム睡眠という眠りの浅い状態なのでしょう。

 

レム睡眠寄りの睡眠中、は些細な物音でも起きてしまうのです。

 

早朝覚醒の人は、こうした眠りの浅いレム睡眠に偏ってしまう傾向もあるのでしょう。

 

レム睡眠とノンレム睡眠の周期とは?浅い睡眠と良い眠りの関係

 

早朝覚醒が起きやすいのは、睡眠の質が関係?

このように早朝覚醒は、いつ誰に起きてもおかしくない、睡眠障害の一種として知られています。

 

そんな睡眠障害の根本的な原因は、多くの場合、睡眠の質である可能性が高いと言われています。

 

原因がわからない早朝覚醒の場合は特に、睡眠の質が低下している可能性が高いでしょう。

 

体内の睡眠ホルモンの分泌が非常に少ない、レム睡眠とノンレム睡眠の切り替わりが正常ではないなど、睡眠に何らかの異常事態が発生しているため、早朝覚醒を引き起こしてしまっている可能性があるのです。

 

睡眠の質が悪い原因とは?質を上げるポイントを覚えて質を向上させよう

 

早朝覚醒を改善するためには、睡眠の質をアップさせるために、体のケアを行うことを心がけてみてください。

 

早朝覚醒を改善するためにはどうすれば良いの?

早朝覚醒を改善するためのケアとしては、主にこれらがあげられます。

 

食生活の見直し

日頃から塩分過多な食生活や、脂っこいものを食べることが多いと言う方は、睡眠ホルモンの分泌が正常にされにくい体質になっている可能性があります。

 

外食をする場合でも、出来るだけ栄養バランスのことを考えて、献立を決めるように心がけましょう。

 

特に、働いている人は外食などに気をつけて、ランチタイムなどを過ごす必要があるでしょう。

 

薬に頼らず不眠症を改善する方法!食べ物や睡眠サプリで対策

 

日中にしっかりと体を動かす

寝ていたいのに目が覚めて眠れない!早朝覚醒の原因と対策は?

 

日中にしっかりと体を動かしておくことで、夜になると睡眠ホルモンが分泌されやすくなり、ぐっすりと眠りやすくなります。

 

一日一回は汗をかくように、何らかの運動をするよう心掛けてみてください。

 

早朝に目が覚めても、陽の光を浴びない!

早朝に目が覚めてしまったとしても、「仕方がないからマラソンしよう」とか、「ハードな体操をしよう!」などと実行してはいけません。

 

早朝覚醒を改善するためには、早く目覚めてしまっても、敢えて陽の光を浴びずに床につくようにしましょう。

 

陽の光を浴びてしまう事で、余計に覚醒しやすくなってしまうからです。

 

朝日が直接入りやすい部屋や、すぐに光を通してしまうようなカーテンは避けましょう。

 

光は脳に刺激を与えて覚醒させてしまうのです。

 

なるべくなら、早朝に目が覚めたとしても、窓を開けて朝日を見る事は避けたいものです。

 

夜に入浴する

体を温めることも、睡眠ホルモンや休息ホルモンを分泌する働きがあります。

 

夜お風呂に入る際には出来るだけ、シャワーだけではなく、入浴もするように心がけてみてください。

 

カフェインの過剰摂取を控える

カフェインは人によって、睡眠を阻害する可能性がありますので、睡眠障害を起こしている際は特に、カフェイン飲料の過剰摂取を控えるように心がけましょう。

 

特に、夜眠る前には絶対に摂取しないことをオススメします。

 

コーヒーなどに含まれるカフェインは、睡眠にどう影響するのか

 

ストレス発散方法を見つける

ストレスが蓄積することで、自律神経が乱れ、睡眠ホルモンの分泌が阻害されてしまう恐れがありますので、ストレスを発散する方法を見つけることが大切です。

 

自分の好きなことや趣味を見つけて、こまめにストレスを改善するように心がけましょう。

 

早朝覚醒を睡眠サプリで改善!

上記のように、毎日ケアをすることで、徐々に早朝覚醒が起こりにくい体質にチェンジすることが出来ます。

 

体質を変えるためには、どうしても手間と時間が必要なので、早朝覚醒を出来るだけ簡単に治したいと言う方は、睡眠サプリメントがオススメです。

 

睡眠サプリメントは、飲み続けることで体質を改善し、睡眠障害を改善していく効果が期待できます。

 

早朝覚醒を出来るだけ簡単に治したいと言う方は、一度睡眠サプリを試してみてください。

 

睡眠サプリメントのメリットとは?

 

まとめ

早寝早起きはとても良い事ですが、“早朝覚醒”となると、ちょっとそうしたものとは違います。

 

まだ、日が開ける前に目覚めてしまうのは、体がリセットしにくいだけではなく、だるさや、昼間の眠気につながります。

 

また、こうした早朝覚醒による様々な体の不調さが、仕事や勉強の効率化を下げてしまうことも。

 

そんな時こそ、早朝覚醒を改善し、睡眠の質を安定させる睡眠サプリを飲用しましょう。

 

副作用もなく、体調も整うので日常生活にハリが出ますよ。

 

寝ていたいのに目が覚めて眠れない!早朝覚醒の原因と対策は?