失恋で不眠症になる人が急増?睡眠と恋愛の気になる関係とは

失恋で不眠症になる人が急増?睡眠と恋愛の気になる関係とは

失恋で不眠症になる人が急増?睡眠と恋愛の気になる関係とは

失恋で不眠症になる人が急増?睡眠と恋愛の気になる関係とは

失恋のショックで不眠が続く時期ってありませんか。

 

イライラしたり、悲しい時はなかなか寝付けないこともあります。

 

不眠症の原因で意外と多いのが恋愛問題。この二つの気になる関係について早速見ていきたいと思います。

 

不眠の症状の種類について

よく眠れないといってもその内容は人それぞれ異なります。不眠の症状としては大きく分けて4つありますので、それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

早期覚醒 

この症状は朝いつもより早く目が覚めてしまうことです。

 

目が覚めると再び眠れず、一日の生活リズムが乱れてしまいます。

 

中途覚醒

夜中に何度も目が覚める症状で、本来ならすぐに眠りに戻ることが可能ですが、不眠の場合は何度も目を覚ましてしまうのが特徴です。

 

入眠障害

体はとても疲れているのに、脳が興奮したままでベッドに入っても眠気がやってこないため、なかなか寝付けない状態です。

 

熟睡障害 

しっかり8時間ほど寝ているにも関わらず寝た気がしない症状です。

 

「ロングスリーパーとはどんな体質?」でも触れていますが、この症状は睡眠の質が低く、脳がしっかり回復できていないことが要因として考えられます。

 

また、夜中に目が覚めずずっと朝まで寝ているため、不眠であるという自覚ができない点が特徴です。

 

失恋で不眠になる理由 

失恋で不眠になる人が増えていますが、その理由は睡眠ホルモンの働きが不安定なためといわれています。

 

睡眠は脳内伝達物質の「セロトニン」が分泌されることで、質の高い睡眠が誘導されていきます。

 

しかし失恋の不安やストレスを感じている時は、興奮作用のあるドーパミンやノルアドレナリンが多く分泌され、睡眠を妨げる理由になります。

 

セロトニンが不足すると精神状態が不安定になり、不眠症やうつ病を引き起こす原因になります。

 

セロトニンが不安定になる理由としてはテレビ画面の見過ぎ、夜更かし、運動不足などがあります。

 

セロトニンを増やす方法とは?摂取するにはサプリが良い?

 

さらに気になるのが失恋した時ですよね。

 

失恋と不眠が関係するのは、精神的に不安定になり脳内ホルモンの働きが乱れてしまうためなのです。

 

不眠を解消する効果的な方法

失恋で不眠症になる人が急増?睡眠と恋愛の気になる関係とは

 

失恋で不眠になった場合は、一番効果的な改善策は新しい素敵な恋をすることですよね。

 

しかし失恋から立ち直るには時間がかかり、人間不信など深刻な状態になる可能性もあります。

 

そこで失恋で不眠になった場合の対策は睡眠サプリがオススメです。

 

睡眠薬のような刺激が強いものではなく、脳内ホルモンの働きをサポートする成分などが配合されていますので、毎日安心して継続できます。

 

セロトニンを作る元になるのがトリプトファンと呼ばれる成分です。乳製品や卵、ナッツ類に多く含まれているので、意識して食べることもオススメですよ。

 

しかし食事だけでホルモン分泌を安定させるには大変時間がかかります。

 

そこで辛い失恋時期は、少しでもストレスを軽減するために睡眠サポートのサプリを服用しましょう。

 

安心して快眠できると、新たな恋愛へモチベーションもわいてきますね。

 

「睡眠を改善したいならトリプトファン配合のサプリを選びましょう」でもトリプトファンの配合されたサプリについてお伝えしています。

 

まとめ

失恋だけでなく恋愛中は恋人との喧嘩、長距離恋愛など精神的な負担になることはよくありますよね。

 

不眠の原因が多く隠れている恋愛は、睡眠サプリを活用しながら心も体もリラックスすると良いでしょう。

 

素敵な恋愛をするには、快眠で体の健康を維持することも秘訣ですよ。

 

失恋で不眠症になる人が急増?睡眠と恋愛の気になる関係とは