ロゼレムはどんな薬?その作用のメリットとデメリットを紹介!

ロゼレムはどんな薬?その作用のメリットとデメリットを紹介!

ロゼレムはどんな薬?その作用のメリットとデメリットを紹介!

ロゼレムはどんな薬?その作用のメリットとデメリットを紹介!

ロゼレムとは、2010年に発売された睡眠薬です。

 

他の睡眠薬とは違い、強引に眠らせる効果ではなく、少しずつ自然な眠気を誘発してくれるのが特徴です。

 

体内時計のリズムを作るメラトニンに作用することで、生理的ホルモンへの作用を生かした依存性のない、安全性の高い睡眠薬です。

 

 

ロゼレムの作用のしくみ

ロゼレムは、メラトニンと言うホルモンに働きかける事によって、睡眠効果を得られます。

 

メラトニンは、朝に目が覚めて、夜になると体が眠くなると言う体内リズムを作っているホルモンです。

 

20時頃からその分泌量が増え、視交叉上格にあるメラトニン受容体とくっつく事により自然な眠気を誘発します。

 

また明け方の光りが増える頃になると、自然に分泌が減っていきます。

 

ロゼレムはメラトニン受容体とくっつく事によりメラトニン受容体の作動役となり、実際にあるメラトニンの作用と仕方と同じ方法を取ることから、安心でかつ自然な眠気を作ることが出来るのです。

 

神経を穏やかにして体温を下げる効果もあるので、体内時計もそれに同調される効果もあるのです。

 

「メラトニンとは?メラトニン配合のサプリは不眠症に効果がある?」では、メラトニンを配合した睡眠サプリについてもご紹介しています。

 

 

ロゼレムの特徴とは

では、ロゼレムのメリットとデメリットについて説明したいと思います。

 

メリット

  • 自然な眠気が強くなる
  • 入眠障害、中途覚醒にある程度有効
  • 熟眠障害に有効
  • 生活のリズムを整える
  • 副作用が少ない
  • 依存性が少ない

通常睡眠薬に多いベンゾジアゼピン系睡眠薬などは、脳の機能を落とす事によって眠気を誘発するのですが、これは疲れて眠くなるのと同じメカニズムだと言われています。

 

しかしロゼレムは体内時計の調整に作用する事で、体が生理的に行うメカニズムを利用しています。

 

安全なだけでなく、睡眠の質も高く保てるのが最大のメリットです。

 

朝起きられない原因は何?うつや病気にならない為にも対策を

 

また、熟眠障害への効果も得意としています。

 

健忘や筋弛緩作用などもなく、安全性の高さから処方数の制限もないです。

 

デメリット

ロゼレムはどんな薬?その作用のメリットとデメリットを紹介!

  • 実感を得難い
  • 効果が弱い
  • デプロメールやルボックスとの併用はできない
  • 翌朝の眠気が残る
  • 価格が高い

などがあります。

 

やはり自然の生理現象を生かしての作用であるだけに、効果を感じにくいのがいちばんのデメリットとなります。

 

本人の自覚としては、しばらく使って見て「そう言えば良くなっているのかな」と思う程度の人が多いようです。

 

また3.4%の人は翌朝の眠気が残ると結果が出ています。

 

他に、抗うつ剤のデプロメールやルボックスとの併用は出来ません

 

フルボキサミンは、ロゼレムの代謝酵素を阻害してしまう為、併用するとロゼレムの分解がされずに血中濃度が数十倍にまでらなってしまいます。

 

他の抗うつ剤なら使えることもあるため、どうしても併用したい場合は主治医に相談してみましょう。

 

睡眠薬の恐ろしい副作用について

 

ロゼレムは新しい薬のため、価格が高いのもデメリットの一つです。

 

8mg錠84.9円となり、もちろんまだジェネリックも出ていないためお高めの価格になっています。

 

まとめ

ロゼレムは生理現象を利用した優しく効果の出る安全な睡眠薬です。

 

じっくり治療ができる人、生活リズムが乱れている人や、高齢者、睡眠薬を使いたいけれども睡眠薬に依存してしまうことが怖い、と思っている人にはオススメです。

 

ロゼレムはどんな薬?その作用のメリットとデメリットを紹介!