リポスミンは睡眠にどう効果がある?副作用と依存性の有無も解説!

リポスミンは睡眠にどう効果がある?副作用と依存性の有無も解説!

リポスミンは睡眠にどう効果がある?副作用と依存性の有無も解説!

リポスミンは睡眠にどう効果がある?副作用と依存性の有無も解説!

寝なければいけないと思うと余計に眠りづらくなったという経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。

 

一時的な寝不足でも、大事な会議や試験、試合前などだと、脳がスッキリせずに失敗してしまうのではないかと不安になってしまいます。

 

そうした時にドラックストアで手軽に購入できるのが、睡眠改善薬です。

 

今回はその中でも、リポスミンにどのような効果や副作用があるのかご説明したいと思います。

 

 

リポスミンとはなに?

リポスミンというのはドラッグストアで購入できる睡眠改善薬で、医師の処方は必要ないため、病院に行く暇がないという時にも活用できます。

 

1箱12錠入りで価格は1200円ほどで、1日で2錠となっていますので1日当たりのコストは200円となります。

 

主成分にはジフェンヒドラミン塩酸塩が使用され、脳の働きを抑制する作用があります。

 

薬の作用は睡眠を妨げる覚醒物質のヒスタミンの作用を除くもので、服用後に眠気が起こる仕組みになっているのです。

 

服用すると30分〜1時間ほどで効果が表れ、持続するのは6時間程度。

 

就寝1時間前ほどに服用するとタイミング良く寝つきやすくなります。

 

リポスミンが適しているのは、不規則な生活やストレス過多による一時的な不眠の改善

 

長期的な不眠の改善には適していないため、使用する前に自分の症状に合っているかを確認しましょう。

 

 

ジフェンヒドラミン塩酸塩の働き

かぜ薬や鼻炎薬の種類によっては眠くなるものがあると思いますが、リポスミンの主成分となるジフェンヒドラミン塩酸塩は、これらの薬にも含まれています。

 

また、同じく睡眠改善薬で有名なドリエルも、このジフェンヒドラミン塩酸塩が主成分。

 

睡眠改善薬のリポスミン服用後は、機械の操作や運転はしないように注意書きがされていますので、あくまでも睡眠を促進する時に服用することが大切です。

 

リポスミンの効果は個人差があり、一時的な不眠症状がある人にはいいのですが、継続的に不眠が続く場合にはあまり効果が期待できないといわれています。

 

また15歳以下の幼児の服用はできませんので、十分に用法や用量について理解しておきましょう。

 

睡眠導入剤と睡眠改善薬の違いとは?

 

リポスミンの副作用について

リポスミンは睡眠にどう効果がある?副作用と依存性の有無も解説!

 

リポスミンを飲むと風邪薬を飲んだ時のように頭がぼーっとしたり、かゆみ、湿疹、食欲不振、動悸などの副作用が起こる場合があります

 

就寝前に飲んでも翌日の日中まで眠気が続くこともあり、特にアルコールと一緒に摂取すると副作用が強くでる傾向があるため、お酒は避けたほうが良いですね。

 

またリポスミンは継続して服用すると身体に耐性ができて効果がなくなり、人によっては2日目から効果がないという場合もあります。

 

リポスミンは病院で処方される睡眠薬のように依存性はないといわれていますが、もし3回以上服用しても不眠が改善されない場合は医師に相談してください。

 

睡眠薬の恐ろしい副作用について

 

まとめ

一時的に不眠に陥った時は、眠れなくなった原因を改善することが大切です。

 

ストレスを解消したり、食事や生活のリズムを整えたり、睡眠改善薬に頼るまえに出来ることは数多くあります。

 

リポスミンを使って不眠を改善するよりも、体に安全で毎日飲めるのがサプリメント

 

薬と違い副作用の心配がなく、小さな子供でも飲めるタイプがあります。

 

自分で不眠を克服したい時には、まずサプリメントで効き目を実感してみるとよいでしょう。

 

コスパ的にもサプリメントの方がお得な魅力もありますよ。

 

リポスミンは睡眠にどう効果がある?副作用と依存性の有無も解説!