睡眠不足はリラックスできないため?ストレスとの関係について

睡眠不足はリラックスできないため?ストレスとの関係について

睡眠不足はリラックスできないため?ストレスとの関係について

睡眠不足はリラックスできないため?ストレスとの関係について

リラックスした状態だとぐっすりで快適に眠れますが、ストレスを抱えているとどうしても睡眠不足や不眠症などになりやすいです。

 

早速ですが、近年増えているストレスが原因の不眠について、原因と対策方法を見ていきましょう。

 

 

ストレスがたまると寝れない原因

仕事や人間関係の悩みなど、私たちの生活には心配事が毎日のようにあります。

 

疲れてベッドに入っても、悩みごとにとらわれていると寝付くことが出来ず、朝すっきり目覚めることもできません。

 

ストレスがあるとドーパミンやノルアドレナリンが多く放出され、脳が覚醒してしまいます

 

すると脳が休まる熟睡状態のノンレム睡眠の時間が減ってしまい、浅い眠りのレム睡眠が増えるため睡眠のサイクルが変わってしまうのです。

 

ストレスを抱えていると、心身ともに完全にリラックスできません。

 

仮にすぐ寝つけても、夜中に何度も目を覚ましたリ朝早く目が覚めてしまうなど睡眠障害になりやすくなります

 

睡眠は体の疲労回復、脳を休めるなど私達の健康の基盤となるものです。

 

朝すっきり目が覚めない、いつもだるいという方は、快眠できるように改善が必要ですね。

 

睡眠障害と不眠症の違いは?睡眠サプリで眠れない日々から解放!」もあわせて参考にしてください。

 

レム睡眠とノンレム睡眠について

睡眠不足はリラックスできないため?ストレスとの関係について

 

ノンレム睡眠 レム睡眠

眠りの深さ

深い眠り 浅い眠り

脳の状態

休息している 活動している

(日中の記憶整理など)

レム睡眠とノンレム睡眠は、寝ている間に何度も切り替わっています。

 

また、レム睡眠の間は、体はリラックスしているのですが自律神経が不安定なため心拍数も一定しません

 

熟睡状態であるノンレム睡眠を増やし、脳までしっかり休息しなければ、朝なかなか目が覚めない状態になってしまいます。

 

レム睡眠とノンレム睡眠の周期とは?浅い睡眠と良い眠りの関係

 

ストレスを抱えていると眠りが浅くなりやすく、また自分では気が付かないうちに考え事をしてしまい、寝付きにくくなります。

 

ストレスは質の良い睡眠ができなくなる要因なのです。

 

睡眠は時間の長さでなく質の高さが重要なのですが、ストレスがなくリラックスしやすい人の方が、短時間でもぐっすり快適な眠りが可能です。

 

睡眠の質が悪い原因とは?質を上げるポイントを覚えて質を向上させよう

 

 

ストレスとうまく付き合い睡眠の質を高めること

ストレスがまったくない生活というのは理想的ですが、実際には不可能ですよね。

 

睡眠の質を高めるにはリラックスしてストレスとうまく付き合うこと

 

日中の運動アロマセラピーなどのリラックス方法を取り入れるのも効果的ですし、食生活の見直し生活リズムなども安定させると睡眠の質も改善しやすくなります。

 

脳内物質のセロトニンは精神を安定させる働きがありリラックス効果につながります。

 

ストレスが多くなるとセロトニンの量が減るため、常に神経が過敏な状態。

 

セロトニンを増やすには、睡眠の質を高めるサプリメントも大変効果的ですよ。

 

まとめ

不眠症や睡眠障害の方が近年とても増えていますが、大きな原因となるのがストレス

 

快適な睡眠ができないと疲労がたまるだけでなく精神的にも様々なダメージとなります。

 

睡眠の質を高めるには生活習慣を見直し、ストレスの解消に務めるとともに、サプリメントをプラスして不眠対策を始めてみませんか。

 

睡眠不足はリラックスできないため?ストレスとの関係について