パンセダンに効き目はあるのか?睡眠効果と副作用の危険を検証

パンセダンに効き目はあるのか?睡眠効果と副作用の危険を検証

パンセダンの睡眠効果と安全な服用方法!副作用の危険はある?

パンセダンに効き目はあるのか?睡眠効果と副作用の危険を検証

ハーブを使用した鎮静剤として市販されているパンセダンは、ドラッグストアやネット通販で購入することができます。

 

イライラ、ストレスによる不眠解消としても注目されていますが、このパンセダンにはどのようなメリットとデメリットがあるのかご説明したいと思います。

 

 

パンセダンとはどんな薬?

製薬会社大手の佐藤製薬が製造販売しているパンセダンは、知名度のあるメーカーの薬なので安心して飲めるという人も多いでしょう。

 

この薬にはセイヨウヤドリギエキス・ホップ乾燥エキス・パッシフローラエキス・カギカズラエキスが含まれた、植物性の鎮静剤です。

 

大勢の人前に行くとあがってしまう、大切な時に緊張感を軽減したい時などにリラックスする効果があります。

 

  • イライラや緊張感を鎮静する
  • イライラによる疲労倦怠感を軽減
  • 睡眠導入

 

薬の服用は1日2回、1回に2錠摂取して服用後は1時間ほどで効果が表れます。

 

持続時間は7時間ほど続くため、仕事中の緊張緩和にも役に立ちますよね。

 

 

パンセダンの副作用について

大手製薬会社の薬なので信頼感がありますが、発疹、かゆみ、嘔吐、食欲不振といった副作用が起こる場合もあります。

 

また、妊婦さん、アレルギー体質、15歳未満の人は使用ができません

 

服用中にもし体調不良や副作用が続く場合は、すぐに中止して医師に相談しましょう。

 

そもそもパンセダンは鎮静剤としての働きが強く、緊張で入眠できない場合に効果が期待できますが、それ以外の要因ではあまり睡眠への効き目が実感できないこともあります。

 

ハーブを使用した薬なので効き目はとてもやさしい点が特徴です。

 

妊婦さんが睡眠薬を摂取してはいけない理由

 

パンセダンよりもサプリの方がよい理由とは

パンセダンは24錠入りで700〜1000円ほどで販売されているため、1日2錠を2回服用すると一日当たりのコスパは100円以上です。

 

さらに、そもそも睡眠薬ではなく鎮静剤として販売されているものですから、睡眠効果を期待して使用すると満足できないこともあるでしょう。

 

緊張が原因の不眠を改善するのであればパンセダンは効果を発揮してくれますが、それ以外に原因がある不眠には他の方法を検討してください。

 

生活サイクルを整えたり、ストレスを軽減したり、しっかり食事で栄養を摂るなど、プラスアルファで睡眠サプリメントを使用してみるのも良いですね。

 

サプリは睡眠薬のような強い効果はありませんが、もっと睡眠の質を高めたい、副作用が心配という人にとってもメリットがあります。

 

睡眠の質が悪い原因とは?質を上げるポイントを覚えて質を向上させよう

 

まとめ

睡眠不足は疲労が蓄積されるだけでなく、精神的に及ぼす影響も注意しないといけません。

 

仕事で夜遅くなる人、夜型の生活の人など、快眠したくても生活環境で叶わない方も多いですよね。

 

そんな場合は一時的に薬を服用するよりも、サプリで体質改善していくことが効果的。

 

健康を土台にして、快眠に向けた栄養補給をすることがオススメです。

 

パンセダンに効き目はあるのか?睡眠効果と副作用の危険を検証