もしかして私、パニック障害で不眠に?不眠になる理由と対策!

もしかして私、パニック障害で不眠に?不眠になる理由と対策!

もしかして私、パニック障害で不眠に?不眠になる理由と対策!

もしかして私、パニック障害で不眠に?不眠になる理由と対策!

パニック障害という言葉を最近よく聞きますが、近年ストレスがとても多い時代になり、精神疾患に悩む方はとても増えていますよね。

 

パニック障害の症状のひとつに不眠があります。この二つの関係について早速見ていきたいと思います。

 

パニック障害ってなに?

パニック障害は不安恐怖を過剰に抱いてしまう症状です。

 

脳内神経伝達物質のセロトニンとアドレナリンのバランスが、崩れてしまうことが原因といわれています。

 

セロトニンはリラックスする働きがあるのに対して、アドレナリンは興奮作用があるもの。

 

パニック障害はセロトニンの発生を高めることが改善につながりますので、「セロトニンを増やす方法とは?摂取するにはサプリが良い?」も参照してみてください。

 

パニック障害は本人が「単なる思い過ごしかも」と考える傾向があり、精神疾患であることがなかなか自覚できない場合が多いのです。

 

そのため周囲からの理解が得られず、とても苦痛を感じて生活をしています。ではパニック障害の主な症状を見ていきましょう。

  • 発汗
  • めまい
  • 突然の動機
  • 呼吸困難
  • 頭痛など

これらの症状は30分ほどで収まる場合もありますが、何度も繰り返しさらにパニック状態になる悪循環があります。

 

パニック障害で不眠になる仕組み

パニック障害の方に共通するのが不眠の症状です。

 

私達の体は不安や恐怖を感じると筋肉が硬直します。すると血流が悪くなり自律神経の働きも不安定になります。

 

パニック障害で不眠になるのはこのような緊張状態が続く為で、動悸や発汗といった体に感じる不快な症状が、睡眠の障害になることもあります。

 

パニック障害の睡眠は入眠困難だけでなく、眠っている間にも発作により目が冷めてしまうこともあり、朝まで眠れず日中に寝てしまうという悪循環が始まるのです。

 

質のよい睡眠はリラックスが一番大切ですよね。

 

しかしパニック障害になると、些細なことでも不安を感じるようになります。

 

眠れないという状況自体が、本人にとってはさらにプレッシャーとなり不安原因になってしまうのです。

 

これって不眠症!?睡眠障害の症状をチェック!原因と改善法は?

 

不眠の解消はサプリが一番

もしかして私、パニック障害で不眠に?不眠になる理由と対策!

 

近年、睡眠不足の方はとても増えています。

 

深夜までの生活やスマホやパソコンなどのデジタル機器の使用など、自分でも気が付かない間に、脳では緊張感が続いたままになりやすいのです。

 

スマホによる睡眠への影響は「必見!スマホの電磁波が睡眠に与える怖い影響とは」でもまとめています。

 

寝る1〜2時間前には、こうしたスマホやパソコンなどをやめ、脳の活動を落ち着かせましょう。

 

また、パニック障害の不眠を解消するためには、夜の入浴やハーブティなどリラックスして入眠の準備をすることが大切ですね。

 

睡眠環境を整え、自分の体に合った寝具を使うなど意識してみましょう。

 

生活習慣の改善は睡眠の質をあげるために欠かせません。

 

そこでプラスするとメリットになるものが睡眠サポートサプリです。

 

生活を改善し、さらにサプリを飲むことでリラックスしやすくなり、睡眠の質を改善することができます。

 

パニック障害の不眠も、サプリの働きにより不安を軽減して快適な睡眠をとることができるようになります。

 

まとめ

パニック障害の不眠は毎日の生活が改善のポイントです。

 

気分転換にウォーキングをしたり室内でストレッチをするなど、運動量も少し増やしてみましょう。

 

そして自分に合った睡眠サプリを取り入れ、さらに快適な生活へのサポートを始めてくださいね。

 

もしかして私、パニック障害で不眠に?不眠になる理由と対策!