落ちる夢を見るのはどうして?睡眠中の夢の意味とストレスとの関係

落ちる夢を見るのはどうして?睡眠中の夢の意味とストレスとの関係

落ちる夢を見るのはどうして?睡眠中の夢の意味とストレスとの関係

落ちる夢を見るのはどうして?睡眠中の夢の意味とストレスとの関係

高いところから落ちる夢って現実でないとわかっていてもとても怖いですよね。

 

夢は潜在意識の表れといわれていますが、怖い夢を見ると朝すっきり目が覚めません。

 

では早速ですが、たまに見る落ちる夢の原因と怖い夢をみない快眠方法について見ていきましょう。

 

 

夢診断?落ちる夢の意味について

夢はその時の心理状況を表すといわれていますが、楽しい夢や怖い夢その時によって内容は違いますが、寝ていても体が思わずビクっとしてしまう落ちる夢は、現実の生活のなかで不安を抱えているサインだといわれています。

 

仕事で失敗しそう、人間関係がうまくいかないなど、些細な不安は頭のどこかしらにいつまでも残ります。

 

落ちる、というのは高いビルや崖、階段などどんなシチュエーションでもあまりよい意味がないといわれています。

 

気になることがある場合は早めに改善して、リラックスしたいですね。

 

夢診断なんて流行っていますが、朝起きたら夢の内容を記録して自分の精神状態をチェックするのもよいでしょう。

 

寝てる時のビクッって何が原因?気になる現象がおこる仕組み

 

 

レム睡眠とノンレム睡眠について

寝ている間はレム睡眠ノンレム睡眠を交互に繰り返しています。

 

レム睡眠は身体は休息しているけど脳がまた活動している状態なので、ちょっとした物音で目を覚ますのに対して、ノンレム睡眠は身体も脳もしっかり休息しているため、ストレスを解消する大切な役割も持っています。

 

怖い夢を見るのは脳がまだ起きているレム睡眠の間です。

 

ちなみに寝始めた時にまずやってくるのがノンレム睡眠で、入眠して最初の3時間に深く眠ることが快眠に必要だといわれています。

 

詳しくは「レム睡眠とノンレム睡眠の周期とは?浅い睡眠と良い眠りの関係」でも解説しています。

 

怖い夢を見ない方法について

落ちる夢を見るのはどうして?睡眠中の夢の意味とストレスとの関係

 

夢を見るのは脳が休息していないレム睡眠の状態です。

 

落ちるような夢をみないためには精神的な負担をなくし、リラックスして寝ることがまず必要ですね。

 

また精神的なストレスだけでなく筋肉痛体調不良も睡眠を妨げる原因になり、レム睡眠が多くなり怖い夢を見る要因になってしまいます。

 

筋肉が痛い!筋肉痛が痛くて眠れない時にはどうしたらいい?

 

すっきり朝目が覚めるような熟睡をするには、健康状態を維持してストレスの少ない生活を意識しましょう。

 

また身体はとても疲れているのに、なかなか寝付けないことがあります。

 

これは交感神経が優位になっているためで、寝る時は副交感神経を高め快適な睡眠をとることが夢を見ないためのコツにもなります。

 

またお酒の飲みすぎ、食べ過ぎ、不規則な生活などもレム睡眠とノンレム睡眠のバランスが崩れてしまうため、あらゆる改善点をまずは把握しておきましょう。

 

お酒を飲まないと眠れない?寝酒で不眠症は改善されるのか

 

まとめ

落ちる夢をみると翌日不快な気持ちになり、なんでそんな夢を見たか気になりますよね。

 

夢をよく見る人は睡眠自体の質を高めぐっすり寝ることが必要です。

 

睡眠サプリメントを活用して快適な朝を迎えましょう。

 

落ちる夢を見るのはどうして?睡眠中の夢の意味とストレスとの関係