押入れで寝るのはダメ?落ち着いて寝る秘密の方法

押入れで寝るのはダメ?落ち着いて寝る秘密の方法

押入れで寝るのはダメ?落ち着いて寝る秘密の方法

押入れで寝るのはダメ?落ち着いて寝る秘密の方法

子供の頃に誰でも一度は、押入れで寝る計画をしたことがあると思います。

 

ドラエモンのようにちょっとワクワクして眠れそうな不思議なスペースですよね。

 

でも押入れで寝るのはあまり良いことではないといわれています。その理由と快眠するための方法を早速ご紹介したいと思います。

 

 

押入れで寝るのは体にデメリット

押入れを改造して2段ベッドにして使用する方がいるようですが、押入れはあくまでも布団などを収納する場所です。

 

睡眠中は汗をかき、その湿気が押入れ内の壁や板についてカビの原因になります。

 

押入れで寝るのはなんとなく落ち着いて快適なイメージがありますよね。
しかし、健康的には決してよい睡眠環境でないのです。

 

湿気がついてしまうと、押入れの材質も腐敗しやすくなり安全面でも心配な点があります。

 

なによりもカビやすい押入れは、健康を脅かす原因になってしまうのです。

 

寝具は湿気が残りやすいため、布団を日干したり乾燥器を使っている方も多いと思います。

 

押入れで寝ると寝具だけでなく、板部分にも湿気が吸収されるため、衛生的にオススメできません

 

 

落ち着いて眠れる場所はどこ?

押入れで寝るのはダメ?落ち着いて寝る秘密の方法
押入れで寝るような快適な空間を作るためには、寝る前の睡眠準備が大切です。

 

そもそも睡眠中は室温や空気の湿度なども影響していますので、通気性の悪い押入れで寝るのは睡眠の質が大変悪くなる原因。

 

寝る前はできるだけ早く寝室を暗くしましょう。

 

直前までテレビやスマホを使うのは、脳が刺激され興奮する原因になります。明るい画面は睡眠の質を妨害しますので、就寝1時間ほど前になったらテレビやスマホも使用しないことが理想ですね。

 

また快眠するためにはリラックス効果を上げるため、入浴して体の血行を整えるなど寝るための準備を早めにすることが必要です。

 

落ち着いて寝るためのポイントは以下の通りです。

  • 寝る直前のエクササイズはしない
  • 寝る前は2時間ほど前に食事をする
  • 早めに部屋を暗くする
  • 入浴は2時間〜3時間前に済ませておく
  • アロマなどリラックス効果を上げる工夫をする

「睡眠の質が悪い原因とは?質を上げるポイントを覚えて質を向上させよう」でも、睡眠の質を上げる方法をまとめています。

 

快眠するための方法はサプリ 

押入れで寝るのが無理でも、快眠するための方法としてサプリがあります。

 

色々なメーカーから販売されている睡眠サポートのサプリですが、睡眠の質を高める副交感神経を優勢にする成分、リラックス効果を高める成分などが配合されています。

 

サプリは機能食品なので睡眠薬のような即効性はありません。

 

そのため継続使用することが必要になりますので、自分にぴったり合うサプリを見つけることが必要ですね。サプリの値段、味、配合成分、安全性などを比較しましょう。

 

最近は睡眠不足からくる体調不良、精神疾患も大変増えています。

 

寝ても体がだるい、疲れているという症状がある場合は、睡眠の質を見直すことが必要です。

 

睡眠がうまくとれていないという自覚のある方は、「もしかして睡眠障害?!原因と症状をチェック!」もあわせて参考にしてください。

 

自力で改善できない場合はサプリを上手にプラスして快眠生活を送りましょう。

 

まとめ

押入れで寝るのは一見楽しそうですが、湿気やカビに注意が必要です。

 

快眠したい場合は押し入れで寝る以外の方法で、睡眠の質を高めることが大切です。サプリを取り入れ、快適な生活を送ってくださいね。

 

押入れで寝るのはダメ?落ち着いて寝る秘密の方法