お酒を飲まないと眠れない?寝酒で不眠症は改善されるのか

お酒を飲まないと眠れない?寝酒で不眠症は改善されるのか

お酒を飲まないと眠れない?寝酒で不眠症は改善されるのか

お酒を飲まないと眠れない?寝酒で不眠症は改善されるのか

お酒を飲まないと眠れない状態にある方は少なくありませんが、実はその状態は非常に危険な事態を引き起こしているかも知れません。

 

寝酒が習慣になっている、という方は、以下のようなリスクがあることを十分理解しておきましょう

 

 

寝酒のリスクとは

寝る前にお酒を飲む習慣にはどんなリスクが有るのでしょうか。

 

以下にまとめましたので、1つずつ確認しましょう。

 

アルコール依存症になることも…

お酒には、血流を良くして体を温める効能があるため、飲むことで眠るのに適した状態にする効果があることは確かです。

 

ですが、寝酒はクセになってしまうと、睡眠薬と同じように依存症状が出てきてしまう恐れがあります。

 

人間の体はアルコールの量に順応してしまう傾向があり、それに順じてしまえば、お酒の量が物足りなくなってしまいます。

 

最初はコップ一杯二杯だった寝酒が、気が付いたら、瓶一本二本、簡単に開けてしまっていることも。

 

依存症状が出てきてしまうと、どんどんとお酒の量が増えていき、最終的にはアルコール依存症を発症する恐れもあるのです。

 

さらに、睡眠ホルモンの自力での分泌が阻害されるので、徐々にお酒が無いと眠れない体質になってしまいます

 

お酒がないと眠れない状態というのは、いわば、お酒に依存している状態であり、お酒が睡眠薬代わりになっているといっても過言ではありません。

 

確かに睡眠薬自体は副作用などがあり、オススメはできません。

 

睡眠薬に依存すると危険がいっぱい!副作用にも注意!

 

それでも、お酒を睡眠薬代わりにしている場合は、すぐにでも改善した方がいいでしょう。

 

睡眠薬よりもお酒のほうが不眠症に良い、ということはありません

 

あくまで寝酒をする際には、量を守って摂取することが大切です。

 

寝酒を習慣化している人は、決して寝酒が睡眠の役に立つことはなく、かえってアルコール依存症になってしまう確率の方が高いという事を認識しましょう。

 

最悪の場合、入院が必要になるレベルとなりますので、寝酒がなければ眠れないという方は、出来るだけ早めに対策をする必要があります。

 

肝臓疾患を引き起こす恐れがあり

お酒がないと眠れないという状態の方は、毎日のように寝酒をする傾向にあります。

 

寝酒を毎日のように続けていると、肝臓にダメージが与えられ、深刻な病を引き起こす可能性が増してしまうのです。

 

休肝日を作らないと、肝機能に負担がかかり続け、結果として、肝臓機能に障害が現れてしまう恐れがあります。

 

肝臓は、一度障害が出てしまうと、自力で回復することが非常に困難な臓器です。

 

そのまま放置して症状が悪化すると、肝臓がんなどの深刻な病を引き起こす可能性が高まり、人工透析治療などを受ける必要も出てきます。

 

毎日のように寝酒をしているという方は、今すぐにでもその習慣を止めましょう。

 

そのまま続けると、取り返しが付かなくなる恐れがありますよ!

 

また、大量の飲酒は肝機能の低下だけではなく、肝臓病、腎臓病など、様々な内臓病を引き起こしてしまう原因ともなりえます。

 

出来るだけ毎日飲まないように、週の半分は休肝日を作り、酒量も出来るだけ控えめにすることが大切です。

 

お酒の飲みすぎで命に関わる事態に陥らないためにも、寝酒に頼らず健康的に睡眠を取る方法を模索することが、非常に大切だといえるでしょう。

 

「寝るまでにかかる時間はどのくらい?」も参考にしてみてください。

 

寝酒は寝入りやすいが中途覚醒が生じやすい

お酒を飲まないと眠れない?寝酒で不眠症は改善されるのか

 

寝酒は、寝入りやすいという効果を持ち合わせています。

 

そのため、寝入り前に酒を飲むことは、スムーズな眠りが得られると思い込んでいる人も少なくありません。

 

ですが、その考え方は間違えで、寝酒をする事で余計に途中覚醒が生じるため、不眠に陥りやすくなるのです。

 

また、飲酒すると、ほろ酔い気分で寝付けることが癖になってしまう人もいるようですが、この心地よさは寝入り端だけで、後々の睡眠過程は決して良いものではない事を念頭に置きましょう。

 

中途覚醒とは?どんな睡眠障害なの?

 

何度もトイレに起きてしまう

飲酒自体が、利尿作用をもたらして、何度も夜中にトイレに起きてしまうという悪循環を繰り返します。

 

これでは、飲酒でせっかく寝付けても、夜中にトイレに立つ事で、それっきり眠れなくなる人も少なくないでしょう。

 

せっかく寝付いたのにトイレのために目が覚める、といった結果になってしまいますよ。

 

次の日までお酒が残って、二日酔いを招く恐れも…

また、寝酒で大量のアルコールを摂取すると、お酒が体内に残ってしまい、分解しきれなくなる可能性があります。

 

寝酒をすることで、肝臓などの代謝機能なども夜中に働きっぱなしになるため、夜中も体が休まらない状態です。

 

そして、アルコールが次の日まで残ってしまうと、目覚めが最悪になる可能性がありますよね。

 

これはアルコールが分解されたことで発生する、アセトアルデヒドが体内に残ることで、二日酔いが発生するのです。

 

目覚めが悪くなることはもちろん、体がゆっくりと休まらず、疲労は回復しないまま朝起きなければならない可能性が高いでしょう。

 

「朝起きられない原因は何?うつや病気にならない為にも対策を」も参考に、一度自分の睡眠環境を見直してみてください。

 

寝酒が無呼吸症候群を招く恐れがある!

今、問題になっている無呼吸症候群をご存知でしょうか。

 

肥満や鼻喉の疾患などにより、無呼吸を伴う高いびきなどをかいてしまう病気です。

 

寝ている間に呼吸が止まるため、命を脅かす危険も。けして見逃してはならない疾患です。

 

また、その症状の中には、不眠に関係する様々な症状も発症しやすくなるため、生活の質が低下しやすく、健康や思考能力にまで影響を及ぼす厄介な疾患です。

 

特に睡眠に関係する障害を引き起こすため、翌日の仕事や勉学などに酷く影響を及ぼすでしょう。

 

実は寝酒は、無呼吸症候群と深い関係があります。

 

もともと飲酒をする人は、気道を腫らすためにイビキをかきやすいのですが、寝酒を慢性的にたしなむ事で、単なるイビキが無呼吸症候群に発展してしまうのです。

 

症状などについては「睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?そこに潜む危険な病気とは?」で、詳しくまとめています。

 

無呼吸症候群を発症するとさらに眠りの質が落ちてしまうため、次のような症状が発生します。

  • 何時間も睡眠をとっているはずなのに起床時がスッキリしない
  • 起床時に頭痛のような気分の悪さがある
  • 生活上、注意力が散漫している
  • 何事にも無気力で行動力に欠ける
  • 会議中に居眠りをしてしまう

こうして、寝酒が無呼吸症候群を誘発して、質の悪い睡眠が続き、不健康な生活を送る事になるでしょう。

 

元々、イビキをかきやすい人は、寝酒をすることで無呼吸症候群にならないように、肥満予防や喉鼻疾患を併発しないようにする事も大切です。

 

いびきを改善できるサプリがあるって本当?

 

 

寝酒を止めて眠れるようになるにはどうすれば良い?

現在、寝酒が習慣になっている方は、お酒を完全に止めるのではなく、徐々に減らしていく方法をオススメします。

 

肝臓を労わるために、毎日ではなく一日や二日置きで寝酒を楽しんだり、一回に飲む量を減らすことで、肝臓に与えられるダメージも減ります。

 

休肝日を設けることは肝機能を正常化させるとともに、アルコールの依存度を下げる事にも繋がるでしょう。

 

合わせて、ストレッチやマッサージなどを行って、睡眠ホルモンの分泌を促したり、体を温めて、眠りやすい体を作ってみることが大切です。

 

一日の最適な睡眠時間とは?健康的、理想的な良い眠りを得る

 

また、寝酒の代わりに、睡眠サプリを飲んで睡眠ケアをするという方法も効果的です。

 

ノンアルコール飲料などを飲用する

お酒を飲まないと眠れない?寝酒で不眠症は改善されるのか

 

断酒が辛い方や、ストレス解消にお酒を利用してきた方には、ノンアルコール飲料を取り入れることを提案します。

 

最近はビールや酎ハイなどの味に似せて作ったノンアルコールなども販売されています。

 

こうした商品をお酒の代用にするなどして、晩酌をともにしたり、ストレス解消に役立てるのも悪くないでしょう。

 

お酒に似た味でその場の雰囲気を味わうのも、寝酒に頼らずに睡眠をとる手段なのです。

 

また、お酒の味にこだわらなくて良いならば、気持ちをリラックスさせて安定した気分で眠りにつけるハーブティーなどを飲用することもオススメです。

 

注意したいのは、お酒の代わりにする飲み物を覚醒作用のあるコーヒーや緑茶にすることです。

 

カフェイン類は覚醒作用だけでなく、利尿作用もあり夜中のトイレ回数が増えて、余計に眠れなくなるのです。

 

寝酒にならいように上手にアルコールとお付き合い!

お酒を飲まないと眠れない?寝酒で不眠症は改善されるのか

 

アルコールをたしなむ時に、寝酒にならないようにするのが睡眠を妨げないコツです。

 

寝る3時間前には、晩酌は終了させておく事で、寝酒を避けながらアルコールとも上手におつきあいができる事になるでしょう。

 

飲酒は、お付き合いで仕方なく参加しなくてはならない場面もあります。

 

そうした時にダラダラと二次会三次会まで行けば、眠る時間にどんどん近づき寝酒状態になりかねないでしょう。

 

そんな時は、二次会では、アルコールを減らし、三次会では、烏龍茶などにするなど、自分なりにアルコールから遠ざかるように飲み会を過ごしましょう。

 

眠れないのであれば睡眠サプリメントがおすすめ!

また、寝酒の代わりに、睡眠サプリを飲んで睡眠ケアをするという方法も効果的です。

 

お酒を飲まないと眠れないという方は、睡眠薬を飲むよりは、お酒を飲んで寝たほうが健康的だと考えて摂取しているという方もいるかもしれません。

 

眠れないからと言って、すぐに副作用が、懸念されるような睡眠薬に頼るのはあまりオススメはできません。

 

ですが、お酒も限度を超えてしまうと非常に危険で、飲み方によっては、睡眠薬より危険な状態に陥ってしまう可能性も少なくないのです。

 

睡眠をとりやすい体質を手っ取り早く手に入れるためには、体に負担がかからない睡眠サプリメントが良いでしょう。

 

睡眠サプリであれば、肝臓はもちろん、内臓に負担をかけずに睡眠ケアをすることが出来ますよ♪

 

睡眠サプリメントは、副作用の心配がなくサプリメントとして摂取することが出来るので、睡眠薬が苦手という方にもオススメです。

 

メラトニンとは?メラトニン配合のサプリは不眠症に効果がある?

 

まとめ

なんとなく、「寝る前に飲酒すれば寝れるかな…」と期待して寝酒する人は少なくないでしょう。

 

嫌なことを忘れて寝付くことは可能ですが、その後の睡眠を妨げてしまう落とし穴とも言えるのです。

 

お酒は依存性が高く、飲み過ぎればお酒を飲まなければ寝付けない体になってしまうでしょう。

 

沈黙の臓器とよばれる肝臓にも支障をきたすため、考え方を変えて、健康を害さずに良質な睡眠が得られる方法を探すべきでしょう。

 

本来、睡眠は体や脳を休めて次の日のためにリセットする役割があります。

 

寝酒によって体が休めない睡眠は逆効果といえます。

 

そうならないためにも、睡眠障害を改善するためには、日頃の生活を見直して、睡眠がとりやすい体質を手に入れることが大切です。

 

お酒を飲まないと眠れない?寝酒で不眠症は改善されるのか