低血圧のせいで朝起きれないはウソ?血圧と睡眠の関係・対策!

低血圧のせいで朝起きれないはウソ?血圧と睡眠の関係・対策!

低血圧のせいで朝起きれないはウソ?血圧と睡眠の関係・対策!

低血圧のせいで朝起きれないはウソ?血圧と睡眠の関係・対策!

低血圧だと朝起きれない、とよく言われますが、血圧と睡眠にはどのような関係があるのでしょう。

 

また目覚めが悪い原因と、すっきり目が覚める方法について見ていきたいと思います。

 

 

低血圧だと起きれないのはなぜ?

一般的にいわれる低血圧とは収縮期血圧(上の血圧)が100以下、拡張期の血圧(下の血圧)が60以下の場合といわれています。

 

血圧が低くなると立ちくらみ、朝が苦手、動議、息切れ、肩こり、胃腸機能の低下などの症状があります。

 

中でも朝起きれないという症状は多いですよねよね。

 

ですが低血圧の人でも、朝から元気に過ごしている人もいます。

 

血圧が低いということは体内に栄養が循環しない状態のため、朝起きた時にエネルギーが十分にない可能性があります。

 

また低血圧は自律神経を不安定にする為、朝起きた時に交換神経が優位に働かないことも原因です。

 

血圧で注意しないといけないのは起立性低血圧や心臓疾患、悪性貧血などの可能性もありますので、長期的に不快な症状が続く場合は医療機関で相談しましょう。

 

睡眠と副交感神経の関わりとは?活性化させる方法はあるの?

 

低血圧で朝がすっきりしない時の対処法

低血圧のせいで朝起きれないはウソ?血圧と睡眠の関係・対策!

 

朝すっきり起きれない場合の対処法は、寝る前の準備がとても大切です。

 

自律神経のバランスを朝、正常にするには、夜寝る時に副交感神経を優位にして質の良い睡眠をとるとよいでしょう。

  • お風呂に入り血行を改善する
  • 運動をして血圧を安定させる
  • 温かい食べ物を、栄養バランス良く食べる

質の良い睡眠を取るには以上のような方法があります。

 

睡眠の質が悪い原因とは?質を上げるポイントを覚えて質を向上させよう

 

朝起きて辛い時は、まず布団の中で軽くストレッチしてみてください。

 

筋肉が硬いとリンパや血液の流れが悪く、なかなか脳が活動を開始しません。

 

布団の中で膝を立てて、左右に下半身だけ倒すようにして、気持ちよさを感じることがポイント。

 

目が覚めても頭がすっきりしないと仕事や勉強にも悪影響になりますので、低血圧の方は快眠で朝の目覚めをすっきり改善していきましょう。

 

寝返りのせいで不眠になる?寝返りの重要性と睡眠の質との関係

 

 

血圧と睡眠の大切な関係について

血圧は健康状態を知るための大切な数値です。

 

食生活や生活習慣により高血圧や低血圧など体に負担を与えてしまいます。

 

血圧を左右する要因のひとつに睡眠不足があります。

 

質のよい睡眠がとれないと交感神経が優位になり血液中のアドレナリンが増え、睡眠中の血圧が下がらなくなってしまいます。

 

朝目が覚めてからはさらに体が興奮した状態になり血圧は高いままなのです。

 

すると血管に余計な圧力が加わり、動脈硬化や高血圧を招く原因にもなるため、睡眠が血圧に与える作用は決して無視できるものではありません。

 

睡眠時間は寿命を短くするの?睡眠時間と寿命は関係するのか

 

まとめ

低血圧で起きれない時は睡眠のリズムを整え、自律神経を安定させることが改善策になります。

 

またサプリメントで体質改善をし、眠りやすい生活を心がけるのもよいでしょう。

 

血圧を安定させるには普段のちょっとした工夫が必要です。

 

睡眠不足の解消は低血圧の改善にもメリットになります。

 

低血圧のせいで朝起きれないはウソ?血圧と睡眠の関係・対策!