改善する方法はある?眠りたいのに寝付けない入眠障害の原因と対策!

改善する方法はある?眠りたいのに寝付けない入眠障害の原因と対策!

改善する方法はある?眠りたいのに寝付けない入眠障害の原因と対策!

改善する方法はある?眠りたいのに寝付けない入眠障害の原因と対策!

布団に入ってもなかなか寝付けない、眠たいはずなのに一向に眠ることが出来ない。

 

こんな入眠障害の人は、近年とても増えています。

 

不眠症のひとつである入眠障害とは何か、また対策方法についてみていきましょう。

 

 

入眠障害とはなに?

まず前提として、健康な人は寝付くのが約30分以内だとされています。

 

旅行先や一時的なストレスなどで入眠に時間がかかっている場合は、寝付けなくなっている原因を取り除けば眠れるようになります。

 

問題は、寝付けない状態が長期間に渡って継続してしまうこと。

 

寝ようと思っても1〜2時間眠れない状態が週に3回以上、3カ月以上続き、生活にも支障が出てしまうような状態は専門医を受診する必要があるのです。

 

これって不眠症!?睡眠障害の症状をチェック!原因と改善法は?

 

入眠障害になる原因

ストレス

ストレスが溜まると自律神経の働きが不安定になり、交感神経が常に優位になってしまいます。

 

すると入眠に必要な副交感神経の働きが弱く、なかなか寝付けない原因になるのです。

 

睡眠と副交感神経の関わりとは?活性化させる方法はあるの?

 

日中の光

日中に太陽の光を浴びると、睡眠ホルモンのメラトニンが夜正しく分泌されるよう体内時計の働きが安定します。

 

ずっと暗い室内で日中を過ごすと体のリズムが狂い、入眠障害になる可能性があります。

 

起床時にカーテンを開けて太陽の光を浴びるだけでも、充分に体内時計を調整することが出来ます。

 

体内時計と睡眠のしくみ!体内時計が狂った時の治療法はあるの?

 

カフェインやお酒など

カフェインの過剰摂取、寝る前の飲酒、喫煙といったものも、寝付けない要因になり得るのです。

 

禁煙したいけど吸わなくなると眠れない、禁煙して眠れなくなるときの対処法とは?

 

例えばカフェインは8時間以上の体内で持続する場合もありますので、夕方以降は摂取しないようにすると眠りを阻害しません。

 

カフェインは緑茶などにも含まれているので、ノンカフェイン飲料を選ぶのも良いですね。

 

他にも入眠障害になる理由としては運動不足や食生活、疾患などあらゆる要因があるので、自分が眠れない原因を特定し、改善することが最も重要です。

 

今日からやるべきこと

改善する方法はある?眠りたいのに寝付けない入眠障害の原因と対策!

 

入眠障害かもしれないと不安になった時は、まず寝付きやすいように睡眠環境を整えましょう

 

寝る1時間前になったら部屋の電気を暗くして、スマホやテレビなどの脳を刺激をする光は避けてください。

 

静かな音楽を流したり読書をするなど、リラックスすることを意識しましょう。

 

また日中に運動をして、適度な疲労感を残すことも入眠を助けるメリットがあります。

 

さらに習慣的に入眠障害を改善するなら、睡眠サプリで体のバランスを整えることが大切。

 

睡眠はホルモンを整えてリラックスすることがとても効果的なので、食生活では十分ではない栄養をサプリから摂取すると効果的です。

 

寝ようとするとさらに頭が冴えてしまうなんて時がありますが、サプリがあれば緊張感を軽減してすっと快適に入眠できるようになりますよ。

 

光量が眠りの質に影響する?睡眠の妨げになる照明と安眠環境の作り方

 

まとめ

入眠障害は日中に眠くになったり脳の働きが低下して、集中力や記憶力に悪影響を及ぼすなど生活にも様々な支障をきたします。

 

ひどい場合には精神疾患につながることもありますので、朝すっきり目が覚めない時は、自分が寝付けない原因を改善しましょう。

 

睡眠は頭と体、そして心の休息に一番欠かせないものですよ。

 

改善する方法はある?眠りたいのに寝付けない入眠障害の原因と対策!