二度寝はどうしたら予防できる?二度寝をしないための工夫

二度寝はどうしたら予防できる?二度寝をしないための工夫

二度寝はどうしたら予防できる?二度寝をしないための工夫

二度寝はどうしたら予防できる?二度寝をしないための工夫

朝起きるのが辛い日など、ついつい二度寝をしてしまって大失敗をしてしまったという経験は誰にでもあるものです。

 

しかも、この二度寝がクセになり、毎朝のように繰り返されていては生活にも不都合が生じます。

 

大切な仕事や会議、待ち合わせや時間に遅れてしまうなど、非常に深刻な状況を引き起こすことにもつながりかねません。

 

そこで、二度寝をしてしまう原因と、予防するためにできる簡単な工夫をご紹介します。

 

朝起きられない原因は何?うつや病気にならない為にも対策を

 

二度寝をしてしまう原因とは

二度寝をしてしまうのは主にしっかりと夜に眠れていないことが原因です。その他の要因もあわせてご紹介します。

 

夜更かししてしまう

面白い深夜番組があると、寝なければと思っていてもついつい見てしまいますよね。

 

最近はスマホやipadに夢中になり過ぎて、あっと言う間に夜中になっていたと言うケースも多く見られます。

 

また、仕事などがあまりにも忙しい人などは、自分の自由時間を確保するために夜更かししてしまう、ということもあるでしょう。

 

こうした夜更かしが睡眠時間を減らし、朝起きられなくなるのです。

 

その結果、二度寝につながることになります。

 

眠いのに寝れない状態はなぜ起こる?

 

二度寝の気持ち良さに魅了されている

二度寝をした事がある人ならば、誰でも二度寝は気持ちいい、という心地よさを経験済みですよね。

 

でも、気持ち良さはその瞬間だけで、その後はだるさ頭痛などの不快な症状が続く事を理解しましょう。

 

その気持ち良さが癖になって止められないと言う人もたくさんいるのです。

 

まさに二度寝に魅了された人は、中毒のようになってしまうのかもしれません。

 

休日だから!と安心してしまう

休日は二度寝しても安心!という気持ちでダラダラ二度寝してしまう人もいます。

 

休日だからと二度寝をしてしまえば、体内時計が狂って良質な睡眠がとれない体になってしまいます。

 

どうせ寝るなら、朝の二度寝をやめて、昼寝で体調をコントロールしてみてはいかがでしょうか。

 

昼寝をする場合は、夜の睡眠に影響を与えない午後3時までに、30分程度が望ましいですね。

 

「質の高い昼寝は生活の中に取り入れるべき!効果的な昼寝の仕方とその効果」でも昼寝についてまとめています。

 

母乳育児による二度寝

二度寝はどうしたら予防できる?二度寝をしないための工夫

 

母乳育児のママも、二度寝傾向にあります。

 

赤ちゃんがオッパイを欲しがったらあげるという頻回授乳のために、夜の間の睡眠が途切れがちになるためです。

 

自分の意志で夜更かしをしているわけではなく致し方のない事ですが、なるべく二度寝を昼寝にシフトさせましょう。

 

ホルモンバランスを崩しにくくなり、健康な体で育児ができるようになりますよ。

 

二度寝をする事による影響とは?

二度寝は体に良いという説もチラホラ聞いた事はありますが、実はデメリットの方が多いのです。

 

以下にあげるのは、二度寝をする事により招いてしまう様々な影響です。

  • 遅刻してしまう
  • 大切な仕事に影響を及ぼす
  • 朝から体のリズムが狂う
  • 頭がボーッとして判断力が鈍る
  • 勉強の能率が上がらない
  • 頭痛が生じる
  • 肩こりや首こりが酷くなる
  • 体がだるい
  • 肌を綺麗にするホルモンの恩恵が受けられず、肌荒れが酷くなる
  • 自律神経が乱れて、ホルモンバランスが乱れやすくなる
  • 免疫力が低下して風邪をひきやすくなる
  • 朝ごはんを食べる時間がなくなるため、体や脳の動きが悪い

確かに二度寝は気持ち良いものですが、そのために日常生活に影響が出ると困りますよね。

 

ですが二度寝は睡眠の質が悪いと生じやすくなるものなので、睡眠の質を高める努力も必要になります。

 

二度寝を予防するためにとる対策

では、二度寝をして大失敗をしないように、自分でも簡単にできる二度寝予防の工夫を実際にご紹介します。

 

自分に合った方法や、いくつかの方法を組み合わせて二度寝を予防し、大切なシーンやチャンスをつかみ損ねないようにしてください。

 

起きてから水を飲む

二度寝はどうしたら予防できる?二度寝をしないための工夫

 

目覚めてからまだ体がスッキリせず、二度寝をしてしまうような状態の時に、まずコップ一杯の水を飲むというのも二度寝を予防し、体をスッキリさせる方法の一つです。

 

コップ一杯の水を目覚めに飲む事で、内臓が働きだし、脳も活性化されます。

 

朝のコップ一杯の水は健康にも良い

朝起きたての状態で水を飲む事は、健康の面においても非常に良い事です。

 

今まで休眠していた体の各器官を呼び覚まし、一日の活動をしっかりとスタートさせることができます。

 

体の中全体が、朝が来たという認識を持ち、血流も良くなります。

 

二度寝や寝起きのだるさも解消でき、一石二鳥の方法だといえるでしょう。

 

常に眠い原因は何?寝ても疲れが取れなくてだるい!の改善法

 

前日のだるさが残っているならレモン水を!

前日に飲み会や残業などで疲れている方は、水にレモン汁を加えてみるのもオススメです。

 

レモンの成分にはリモネンと言う香り成分が含まれており、この成分が体のだるさを取り除き、体内時計をリセットしてくれ効果が期待できます。

 

また、消化酵素でもある胆汁の分泌も促進するため、胃腸の働きも良くなりまさに、二度寝防止、胃腸活性の一挙両得となるわけです。

 

カーテンを開けて寝る

二度寝を頻繁にしてしまう人だけでなく、朝なかなか布団から出られない、朝の目覚めが悪い人に非常にオススメなのが、夜寝るときにカーテンを開けて寝るという方法です。

 

朝になって自然な太陽の光が差し込むようにして寝るという、非常にシンプルかつ簡単な方法です。

 

ですが、場所によっては夜でも街灯の灯りが差し込んできて、逆に眠れないという事もあるため、そのような時は夜でも明かりを差し込まない環境の部屋を選んで寝てみましょう。

 

セロトニンを増やす方法とは?摂取するにはサプリが良い?

 

人間の体内にある体内時計を正常化できるというメリットも

朝なかなか起きることができなかったり、二度寝をしてしまう人は、朝の光を浴びないという原因が考えられます。

 

朝の光が当たると、体は自然に起きるようシフトされ、体が目覚めるようになっています。

 

しかし、太陽の光を浴びないようにして寝てしまうと、日の光が出ても気が付かず、脳や体も朝だという認識をしません。

 

この状態が長く続くと、体の中にある体内時計が狂い、朝になってもなかなか目が覚めない、スッキリと起きることができないまま二度寝をしてしまうという状態になるのです。

 

太陽の光には、体内時計を正常化してくれる働きがあるので、続けているうちに日が昇るにつれて朝スッキリとおきられるようになります。

 

ですから、遮光カーテンを使っている方は、通常の光が入るカーテンに付け替えて見ると良いでしょう。

 

また、雨戸やシャッターを使用していると、開けるまで真っ暗なので、朝だという認識ができずに起きられない傾向にあります。

 

昼夜逆転してしまった時の直し方!睡眠障害にならない為に

 

目覚まし時計を遠くにおく

簡単にできる二度寝防止法として、目覚まし時計を遠くにおくという方法も効果的です。

 

手をのばしても目覚ましが届かなければ、体を起こして目覚ましを止めに行かなければなりません。

 

体を起こして少しでも歩いたり移動したりすることで、血流が良くなり、体を眠った状態から起こすことができるようになります。

 

できれば歩かなければならないような距離におく

二度寝を予防する効果を期待するのであれば、できれば少し歩かなければ目覚ましを止められないような距離においてみましょう。

 

歩いたり、移動したりすることでさらに強制的に体を目覚めさせることができるようになり、二度寝の環境を作りださないようにすることができます。

 

目覚ましは一度だけに設定する

私たちが目覚ましを設定する時についついやってしまいがちなのが、アラーム時間の設定を少しずらして何回かに繰り返し設定する方法です。

 

一度では目が覚めないと思って、スヌーズ機能を使用している人は多いのではないでしょうか。

 

ですが、この安心感が二度寝を誘発してしまう事にもなるため、なるべく一度きりの設定にしてみてください。

 

もう後はない!と思うだけでも、しゃっきり起きられるでしょう。

 

アラームのスヌーズ機能って何?朝が弱い人の対策とは

 

部屋の室温を上げておく

二度寝は、寒くて布団から出られない冬に起こりやすくなります。

 

ですから暖房機にタイマーなどをセットして部屋を温め、朝はすんなり起きられるようにしたいものです。

 

寝たまま音楽を聴こう

最近は枕元に置いて寝る事も多いスマホで、脳を覚醒するような音楽をダウンロードしましょう。

 

二度寝する前にその音楽を聴く事で、すんなり起きられるようになります。

 

枕元にミント系のガムを常備して置く

二度寝はどうしたら予防できる?二度寝をしないための工夫

 

寝る前、枕元にミント系のガムを置いて寝ます。

 

朝起きて二度寝しそうになったら、ガムを噛めばすっきりして眠気が気にならなくなります。

 

ブラック系のガムなら、尚更効果が期待されます。

 

カカオ豆含有率の高いチョコレートを食べる

ガムと同じような感覚ですが、朝起きたらチョコレートをひとかけ食べましょう。

 

このチョコレートはカカオ豆含有率の高めのものを選んでください。

 

カカオ豆は男性の慈養強壮にも使用されていた事から、活力がついて朝の目覚めも良くなります。

 

睡眠サプリなどで徹底した良質な睡眠を確保する

朝二度寝してしまう原因は、夜の睡眠が充実していないという要因も考えられます。

 

そこで、朝起きてからの二度寝対策を講じる前の段階である、夜の睡眠をしっかりと充実させ、朝の二度寝を予防してみましょう。

 

睡眠の質を向上する大切なポイント

 

そのための方法としては、睡眠をサポートして良質な眠りを助けてくれる睡眠サプリを利用する方法が良いでしょう。

 

睡眠サプリは一日の疲れを取るための夜の睡眠を徹底して改善してくれます。

 

これによって、朝になっても疲れが取れなかったり、眠りが不足するということも無くなり、二度寝を根本から予防することができるようになるのです。

 

睡眠サプリは安心してつかえ、効果大

睡眠サプリは、薬などと違い、副作用が少なく安心して使う事ができるサプリです。

 

眠れないと病院に行くと、睡眠薬を処方されることが多いです。

 

こうした睡眠薬は、副作用が懸念されるためなるべく飲用したくないと考える人も少なくありません。

 

それに比べて睡眠サプリは睡眠のホルモンの分泌を促し、安定した睡眠を確保することができるようになります。

 

眠りのホルモンの分泌を促し、安定した睡眠を確保することができるようになりますよ。

 

夜の睡眠が充実せず、二度寝をくり返すことで、日常生活だけでなく大事な試験や仕事に影響しては一大事です。

 

取り返しの付かないことになる前に、睡眠サプリを利用して夜の睡眠を徹底的に改善することが望ましいといえるでしょう。

 

睡眠サプリメントのメリットとは?

 

まとめ

二度寝は、休みの日などにはとても気持ちの良いものですが、二度寝を大切な日にしないようにするためには、日ごろから色々な工夫や努力をしておくことが必要です。

 

休みの日は寝てばかりという生活をどうにかしたい

 

睡眠サプリで安定した夜の睡眠を確保することで、二度寝は大幅に減らすことができるはずです。

 

もしも二度寝がクセになっている場合は、サプリに加えて自分なりの二度寝予防策を検討してみましょう。

 

朝の目覚めをスッキリとさせ、その後の活動へとスムーズに移行できるよう、ぜひご紹介した方法を試してみてください。

 

二度寝に使う時間を、何かほかの活動や創造するために使う、自分の特別なプライベートな時間にするなど、有効に使う事ができるようになれば、あなたの人生は今よりももっと豊かなものになりますよ。

 

二度寝はどうしたら予防できる?二度寝をしないための工夫