しっかり寝てるのになぜ?寝たら疲れる時の原因と対策方法

しっかり寝てるのになぜ?寝たら疲れる時の原因と対策方法

しっかり寝てるのになぜ?寝たら疲れる時の原因と対策方法

しっかり寝てるのになぜ?寝たら疲れる時の原因と対策方法

寝たら疲れるなんて経験はありませんか。

 

8時間ぐらいしっかり寝たはずなのに、朝起きたらとてもだるい生活が続くと疲労はどんどん蓄積されてしまいますよ。

 

そこで早速ですが、寝たら疲れる症状の原因と対策を見ていきたいと思います。

 

 

寝たら疲れるのはなぜ?

寝たら疲れる、だるい、まだ眠いなんてことはたまにありますよね。

 

本来ならばすっきり目を覚まして元気な一日をスタートさせるはず。

 

しかし寝たら疲れるようでは疲労回復どころから、一日のモチベーションもさがってしまいますよね。

 

寝たら疲れるという現象はいったい何が原因なのでしょうか。早速考えられる原因を見ていきましょう。

 

逆に、疲れていても寝付けないというときには「疲れてるのに眠れない状態の解消方法は?」をご覧ください。

 

寝具

まず最初に考えられる原因のひとつが寝具が体に合っていないことがあげられます。

 

枕の位置が高すぎる、マットレスが硬すぎるなど睡眠を妨害する原因があります。

 

寝すぎでリズムが乱れる

本来は疲れをとるはずの睡眠も、寝すぎてしまうと睡眠リズムが乱れ疲労感を感じる要因になってしまいます。

 

ストレス

ストレスを抱えている時は、夜中に目が覚めたり、なかなか寝付けない、早くが目が覚めてしまうなど睡眠トラブルを抱えてします。

 

このような原因により、長く寝てもすっきり疲労回復できない場合があります。

 

 

睡眠は時間よりも質が大切

睡眠の落とし穴は寝る時間で、長く寝ればいいというものではないのです。

 

理想的な睡眠時間は7時間〜8時間といわれていますが、大切なのは長く寝るよりも睡眠の質を高くすることです。

 

ライフスタイルにより毎日7時間睡眠時間を取れない人もいますよね。しかし時間が少なくても質がよい睡眠であれば健康的に問題にはなりません。

 

寝たら疲れる睡眠は、健康被害を与えるリスクがあります。

 

肥満の促進、高血圧、糖尿病のリスクが増加、集中力の低下など場合によっては深刻な症状に進む可能性があります。

 

質のよい睡眠とは、朝目が覚めた時に気分がすっきりして体が楽に感じるもの。

 

日中も眠気やだるさがなく快適な生活を過ごせることが特徴です。

 

「睡眠の質が悪い原因とは?質を上げるポイントを覚えて質を向上させよう」も参考に、睡眠の質を見直しましょう。

 

すっきり疲労回復するためのコツとは

しっかり寝てるのになぜ?寝たら疲れる時の原因と対策方法

 

本来寝たら疲れが取れるはずの睡眠は、起きて疲れる眠りでは質が良いとはいえませんよね。

 

そこで寝たら疲れる現象を改善するためには、睡眠サポートのサプリを取り入れてみましょう。

 

ストレスを抱えている人は、休息効果があるトリプトファンGABAなどの成分が配合されたサプリがオススメです。

 

睡眠を改善したいならトリプトファン配合のサプリを選びましょう

 

更年期の睡眠トラブルには抗酸化作用のある成分が配合されたタイプなど、自分にあったサプリを選びましょう。

 

また普段の生活リズムを整え、睡眠パターンを安定させることが大切です。

 

早寝早起きで栄養バランスの整った食生活や、定期的な運動をするなど、生活習慣を見直すことも睡眠の質をアップするために欠かせません。

 

まとめ

寝たら疲れる時は、一日なんとなくだるく気分もふさぎ込みやすくなります。

 

こんな睡眠環境は健康にもデメリットになりますので、今日から早速睡眠サプリを毎日の生活にプラスしてみませんか。

 

快眠は生活リズムを改善するための大切なチャンスです。睡眠は健康に与える影響が多いため、もっと意識して快眠を心がけましょう。

 

しっかり寝てるのになぜ?寝たら疲れる時の原因と対策方法