寝すぎて頭痛がする理由は何?

寝すぎて頭痛がする理由は何?

寝すぎて頭痛がする理由は何?

寝すぎて頭痛がする理由は何?

「寝すぎて頭が痛い」という状況になったことがある方も多いかもしれませんが、眠りすぎて頭痛になると言う状況は、実は危険なこともありますので十分注意が必要です。

 

寝すぎて頭痛がする原因や、対処方法についてご説明します。

 

一日の最適な睡眠時間とは?健康的、理想的な良い眠りを得る

 

寝すぎて頭痛がする原因は何?

寝すぎて頭痛がする原因には、大きく分けて二つの理由があげられます。

 

緊張頭痛型によるもの

偏頭痛型とは、眠りすぎたことによって体中がリラックス状態に陥ってしまったことによって発症するタイプの頭痛です。

 

眠りすぎてしまうと体の筋肉や血管が緩和状態に陥ります。

 

疲れを取るためにこのリラックス状態は最適なのですが、長時間続くことが、体に異変が表れます。

 

特に、血管が長時間リラックスをし続けてしまうと、血管が体内で広がりはじめ、周囲の神経を圧迫し始めます。

 

周囲に神経が圧迫された結果痛みを感じるのですが、これが、偏頭痛型と呼ばれるタイプの頭痛です。

 

緊張型頭痛によるもの

緊張型頭痛の場合は反対に、筋肉や血管が緊張状態に長時間あることが原因で発生する頭痛と言われています。

 

首や肩などが緊張状態に長時間陥ることで、血管が圧迫され、血流が悪くなり、頭痛を発生させてしまうのです。

 

眠ってる間に同じ体制で眠り続けて体に負担がある場合や、枕の高さが高すぎると言う方がこちらの頭痛に陥りやすいと言えるでしょう。

 

寝すぎて頭痛がする状態を放置するとどうなる?

寝すぎて起きる頭痛は、起きてからしばらく放置しているとほとんどの方が治ります。

 

ですが、そういった頭痛が起こりやすい睡眠を毎日続けていると、睡眠障害の発症、頭痛が起こりやすい体質に変わってしまうケースも少なくありません。

 

また、血流が元々悪くなっていると言う方の場合は、血栓などの症状を発症し、下手をすると寝ている間に、脳こうそくなどの事態に陥ってしまうことも考えられるでしょう。

 

そうならないためにも、寝すぎて頭痛がする事態は、出来るだけ早めに対処を行う必要があります。

 

寝すぎて頭痛がする状態を解消するためには?

寝すぎて頭痛がする状態を防ぐためには、主にこれらの方法が効果的だと言えるでしょう。

 

自分の頭痛のタイプによって対処方法が異なりますので、まずは自分のタイプをよく理解することが大切です。

 

偏頭痛型の場合

偏頭痛型の場合は、血管が緩み切ってしまった結果頭痛が起こっていますので、筋肉を引き締め、適度な緊張状態に持っていく事が大切です。

 

緩み切った筋肉を引き締めるためには、氷枕やアイスノンなどで頭を冷やすこと、出来るだけ頭に触れないことが大切ですので、参考にしてみてください。

 

また、偏頭痛の場合は、コーヒーなどのカフェイン飲料の摂取が効果的。

 

カフェイン飲料には血管を収縮させ、引き締める効果が期待できますので、偏頭痛の場合は、目覚めの一杯にコーヒーを飲むと良いでしょう。

 

緊張型頭痛の場合

緊張型頭痛の場合は反対に、筋肉を出来るだけ早く、リラックスモードにすることが大切です。

 

起きた瞬間から、首回りの痛みや不快感、肩こりが酷いと言う場合は、ほぼ間違いなくこちらのタイプの頭痛ですので、まずは、マッサージなどでコリをほぐしていきましょう。

 

また、緊張を緩和するためには、首や肩を温めることも効果的です。

 

温タオルなどを首に巻いて、ストレッチやマッサージを行うことで、徐々に痛みを改善することが出来るでしょう。

 

てっとり早く温めるために、朝から湯船に浸かって体を温めると言うことも効果的です。

 

そもそもそんなに眠気を感じてしまう原因は?

そもそもこれらの頭痛は、長時間眠らなければ、発生することはほとんどありません。

 

長時間眠ってしまったからこそこのような事態に陥ってしまいますので、根本原因である眠りすぎを無くせば、頭痛そのものを最初から引き起こすことは無くなります。

 

ですが、寝ても寝ても寝足りないと言う方や、ついつい二度寝、三度寝してしまうと言う方、休日に寝て過ごさないと疲れが取れないと言う方もいるかもしれません。

 

ですが、残念ながら人間は、寝だめなどをすることが出来ません。

 

休みの日は寝てばかりという生活をどうにかしたい

 

風邪などの体調不良の場合を除き、心身共に健康体の方であれば、必要以上に睡眠をとっても、疲れが回復するということは無いのです。

 

それでも眠たくなってしまうと言う理由は、日頃の睡眠の質が悪く、体が急速モードから抜けきれないことがあげられます。

 

日頃の睡眠の質を上げることで、どんなに日頃疲れていても、集中的に睡眠をとることが出来るため、次の日の朝にはすっきりと目覚めることが出来るでしょう。

 

その為、休日に寝て過ごすと言うことも無くなり、時間を自分のために有効活用することが出来るようになります。

 

睡眠の質をアップすることが出来れば、寝すぎて頭痛がすると言う事態にも悩まされることが無くなると言えるでしょう。

 

常に眠い原因は何?寝ても疲れが取れなくてだるい!の改善法

 

睡眠の質をアップさせる方法は何?

睡眠の質をアップさせるためには、日頃から食事、運動などをバランスよく行うことなど、日頃の生活を見直す他、生活リズムを一定にすることなどがあげられます。

 

日中に太陽をたくさん浴びることも、体内のホルモンバランスを整える効果が期待できますので、睡眠の質をアップさせることに繋がると言えるでしょう。

 

また、てっとり早く睡眠の質をアップさせるためには、飲むだけで睡眠習慣を簡単に改善することが出来る、睡眠サプリメントを利用することもおすすめです。

 

睡眠サプリメントのお試しは、こちらからどうぞ♪

 

寝すぎて頭痛がする理由は何?