寝れないのはイライラのせい?怒りや心配事があっても快眠できる方法

寝れないのはイライラのせい?怒りや心配事があっても快眠できる方法

寝れないのはイライラのせい?怒りや心配事があっても快眠できる方法

寝れないのはイライラのせい?怒りや心配事があっても快眠できる方法

心配事イライラしている時は、寝れないで睡眠不足になりがち。

 

布団に入っても眠くならない、寝ても途中で目が覚めて朝まで起きていた、なんてことがありませんか。

 

こんな場合に快眠するにはどうした良いのか、すぐにできる解決策について見ていきましょう。

 

 

怒りや心配で眠れなくなる原因

イライラや怒り、心配事が多い時には寝付きにくくなりますよね。

 

怒りなどの精神的なストレスがあると、ノルアドレナリンやドーパミンが多く分泌され、大脳の働きが活発になってしまいます。

 

すると交感神経が優位になり、睡眠ホルモンがなかなか分泌されず、眠れなくなるのです。

 

たとえすぐに寝つけても、夜中に何度も目を覚ましそのまま寝れないなんてことにもなりかねません。

 

こんな時は無理に寝ようとして、逆にプレッシャーに。

 

結果、睡眠サイクルが狂ってしまうため、不眠症になる可能性も高くなります。

 

心身ともに健康であれば質のよい睡眠はとれるのですが、寝れない日が続くのは何かしら原因があるためなのです。

 

眠いのに寝れない状態はなぜ起こる?

 

 

イライラの原因を紙に書き出しておこう

イライラしたり怒りが収まらない、心配や悩みがある時は無理に寝るよりも、まずは布団から出て思ったことを紙に書き出してみましょう。

 

なんとなく気持ちが不安定な時は、原因がわからず余計にイライラしてしまいます。

 

そんな時は冷静に今自分が抱えている問題を書き出し、どうすれば改善できるか客観的に判断するのがオススメです。

 

またイライラしている時はタバコやお酒カフェインの多いコーヒーなど、さらに睡眠を妨げることを無意識に行ってしまいます。

 

このような間違ったストレス解消方法は寝れない原因を増やすだけなので、心配事があるときはリラックスできる正しい対策方法を行い睡眠の質を高めましょう。

 

サプリメントで睡眠の質を高めよう

怒りや心配事がある時は、お風呂にゆっくり浸かりリラックスしてみてください。

 

体の血行が改善され体温が上がると副交感神経が優位になります。

 

お風呂に出た後は体温が徐々に下がり、それが睡眠を促進するコツにもなります。

 

また長期的にストレスが溜まってしまう場合には、サプリメントで快眠することも方法のひとつです。

 

無理やり寝ようとしても寝れない時は、サプリの有効成分で自然と寝つきをよくすることを検討してください。

 

快眠すれば自律神経の働きも安定しストレスを感じにくくなりますので、心配事を改善するとともにサプリメントも同時にプラスしてみましょう。

 

サプリメントのほかにもヒーリング音楽や複式呼吸法なども、リラックス効果を高める方法はいくつもあるので、自分にあった方法をさがして見るといいですね。

 

睡眠障害の改善にも!寝る前ストレッチの方法と自律神経への効果

 

まとめ

寝れない時は、高ぶる神経を安定させるためのリラックス方法が必要です。

 

簡単にできる入浴法を始め、サプリメントも大変便利で効果的

 

生活習慣が不規則な方、ストレスを抱えやすい方はあらゆる角度から快眠できるようにトライしてみましょう。

 

寝れないのはイライラのせい?怒りや心配事があっても快眠できる方法