ネオディで不眠症が改善する?持続時間や成分、副作用もチェック!

ネオディで不眠症が改善する?持続時間や成分、副作用もチェック!

ネオディで不眠症が改善する?持続時間や成分、副作用もチェック!

ネオディで不眠症が改善する?持続時間や成分、副作用もチェック!

大正製薬より販売されている睡眠改善薬のネオデイは、眠れない時、寝つきが悪い時の薬として注目されています。

 

誰にでもある一時的に眠れない、寝付けない時の改善薬として、効果があるとされています。

 

実際にネオディにはどのような効果があるか、そのメリットとデメリットについてもみていきましょう。

 

 

ネオデイは処方箋がいらない睡眠改善薬

ネオデイは医師の処方箋が必要なく、ドラッグストアで購入できます。

 

病院で処方される睡眠薬とは異なり、一時的な不眠の症状をサポートする睡眠改善薬に分類されるもの。

 

そのため効果や作用などは病院の薬とは異なりますので、特徴や働きを理解して飲むことが大切ですね。

 

ネオデイは睡眠薬ではありませんので、不眠症を治すことはできません。

 

この薬の注意書きを見るとわかりますが、「不眠症の診断を受けた人は服用しないこと」、と記載されています。

 

ネオデイは他の市販の睡眠改善薬と同様に、主成分はジフェンヒドラミン塩酸塩が使用され、覚醒物質のヒスタミンをブロックする作用で自然と眠気を誘う働きがあります。

 

形状はフィルムコーティングされ、強い睡眠薬のような依存性はないので安心です。

 

これって不眠症!?睡眠障害の症状をチェック!原因と改善法は?

 

 

ネオデイのメリット

ネオデイの最大の魅力は病院で処方してもらう手間がなく、ドラッグストアですぐに購入できること。

 

薬の効果は異なりますが、一時的な不眠の症状には手っ取り早い改善方法といえるでしょう。

 

ネオデイの効果は眠りが浅い、寝つきが悪いという症状改善で、例えば旅行先でなかなか寝付けない時などにも大変便利。

 

どうしても翌日はスッキリ目覚めないといけない夜などに使用することもできますね。

 

眠れないという症状は度合いが人それぞれ異なります。

 

ただ体が疲れて一時的に寝付けないものであればそれほど深刻ではありませんが、症状が継続しているのであれば、医療機関を受診しましょう。

 

睡眠外来や心療内科、内科など、睡眠に関する症状に悩んでいる時は早めに相談してみて下さい。

 

不眠症は何科に行けばいいのでしょう?不眠症の時にかかる科は?」も参考にしてくださいね。

 

ネオデイのデメリット

ネオディで不眠症が改善する?持続時間や成分、副作用もチェック!

 

ネオデイは依存性はありませんが、耐性があるため継続して飲むと効果があまり実感できなくなります。

 

早い人では飲んだ翌日からすでに薬の効き目がでないなんてこともありますよ。

 

また薬の値段ですが12錠入りと6錠入りタイプの2種類が販売されていますが、一日あたりのコストにすると約160円〜230円。

 

成人の服用のみとなっていますので、15歳以下の場合はご注意ください。

 

副作用はめまい、昼間の眠気、集中力の低下、下痢や排尿困難など。

 

アルコールと一緒に摂取すると薬の効き目が不安定になり、副作用がでやすくなりますので必ず用法を守りましょう

 

睡眠薬の恐ろしい副作用について

 

まとめ

ネオデイは睡眠トラブルを習慣的に抱えている人にはオススメではありません。

 

睡眠を根本的にサポートするには、生活習慣を改善したり、睡眠サプリメントを使うこともぜひ参考にしてみましょう。

 

色々なタイプがありますので、コスパや効果、そして自分の体に合うサプリを継続して飲んでくださいね。

 

ネオディで不眠症が改善する?持続時間や成分、副作用もチェック!