寝言は危険なものもある?!寝言の原因と対策はどうしたらいい?

寝言は危険なものもある?!寝言の原因と対策はどうしたらいい?

寝言は危険なものもある?!寝言の原因と対策はどうしたらいい?

寝言は危険なものもある?!寝言の原因と対策はどうしたらいい?

寝言自体は誰でも経験があり、また自然な事だと思って居る人は多いと思います。

 

しかし、寝言は問題のない生理現象の寝言と、体に潜む異常を知らせてくれて居る危険サインの寝言があります。

 

この二種類をしっかり見極めることが大事なのです!

 

 

寝言はなぜ言うのか?

通常、寝言はレム睡眠の時に言っている事が多いのですが、この時は夢を見ている確率が高く、また脳が覚醒したいるために夢の内容に沿った寝言を言ったりします。

 

そして筋肉が弛緩状態なので、うまく話すことが出来ず、ゴニョゴニョとした聞き取りにくい寝言になる事が多いのも特徴です。

 

逆にノンレム睡眠の時に寝言を言う場合、骨格筋の緊張が保たれて居るので唇も喉も筋力しっかり動き、ハッキリとした寝言を言うことが多くなります。

 

しかしこの二つともに、基本は夢を見ていても実際に話す事はないので、寝言は肉体的な疲労やストレスを強く感じて居る時に言う傾向にある、と言えます。

 

「疲れてるのに眠れない状態の解消方法は?」でも疲れている時に眠れない症状について解説していますが、こうした状態で眠りにつくと、寝言を言う可能性が高くなるのです。

 

 

寝言を言うのは危険なサインの場合もある?!

寝言には二種類の寝言があり、一つは問題のない生理現象の寝言、二つ目は体のなんかしらの不調が原因で出る寝言があると説明しました。

 

ではその見極め方について説明していきたいと思います。

 

問題のない寝言の特徴

問題のない、生理現象の寝言の特徴は以下の通りです。

  • 子供や若い世代に多い
  • 成長過程で減ってきて居る
  • 25歳頃を境に自然になくなる
  • 小声、短い、感情的な言葉ではない

これらに当てはまる場合は、特に気にしなくても自然に治るので安心して見守ってください。

 

危険なサインかもしれない寝言の特徴

次に、体からの危険なサインかもしれない寝言の特徴を、原因別に説明します。

 

高熱

寝言は危険なものもある?!寝言の原因と対策はどうしたらいい?

 

インフルエンザなど、高熱が出て居る場合など。

 

意識が朦朧としてうわごとの様な寝言を言いますが、これは病気を改善する事で自然に治ります。

 

日常的なストレス

日々のストレスが原因であり、それに比例して寝言の回数や長さが変わることが多いです。

 

心的外傷後ストレス障害(PTSD)

命に関わる事件や事故に巻き込まれたトラウマで発症し、トラウマに関わる悪夢を見て居る事が多いです。

 

睡眠時無呼吸症候群

肥満の人や中高年に多く、うめき声の様な声にならない寝言が多いです。いびきや呼吸停止も起こります。

 

レム睡眠行動障害

50歳以降の男性に多く、夢の中の動きを実際に行ってしまいます。

 

夜驚症

小さな男の子に多く、悲鳴や叫び声をあげて目をさます症状です。

 

一定時間動悸や呼吸が荒くなったりしますが、大体が思春期までに自然に治ります。

 

寝言への対策法は?

高熱が出た場合は、寝言への直接の治療というよりも既に病気の治療をしている事が多いと思います。

 

しかし、心的外傷後ストレス障害や睡眠時無呼吸症候群、レム睡眠行動障害などは、まずは気づかないとなかなか病院へは行けません。

 

特にレム睡眠行動障害はパーキンソン病、脳幹部の脳腫瘍など恐ろしい病気が潜んでいる事もあるので、すぐに病院で検査を受けたい症状です。

 

また、夜驚症のみの場合はそれほど心配要りませんが小さな子供の事なので心配になる方も多いと思います。

 

ただ、夜驚症発達障害の二次障害として現れる事もあるので心配な場合は専門医に一度行ってみるのも良いでしょう。

 

日常的なストレスは、うまくストレス発散できる方法を見つけたいところです。

 

特に、体の疲れが取れない状態で、仕事や生活をそのまま続けることはよくありません。

 

肉体疲労ストレスの軽減のためにも、質の良い睡眠をしっかりと取ることで改善していきましょう。

 

睡眠の質が悪い原因とは?質を上げるポイントを覚えて質を向上させよう

 

すぐに始められることとしては、睡眠環境を整える、寝室環境と寝具の見直しや、睡眠サプリの利用などもオススメです。

 

まとめ

寝言はなんでもないこととして、軽く考えている方も多いのではないでしょうか。

 

もしかするとその寝言、体からの危険なサインかもしれません。

 

体の不調を見落とさない為にもパートナー同士、または子供の寝言をチェックしてみましょう。

 

寝言は危険なものもある?!寝言の原因と対策はどうしたらいい?