寝返りのせいで不眠になる?寝返りの重要性と睡眠の質との関係

寝返りのせいで不眠になる?寝返りの重要性と睡眠の質との関係

寝返りのせいで不眠になる?寝返りの重要性と睡眠の質との関係

寝返りのせいで不眠になる?寝返りの重要性と睡眠の質との関係

寝ている間に私たちは何度となく寝返りを繰り返していますが、この「寝返り」が実は睡眠に大きな影響を与えています。

 

では早速ですがどんな寝返りが睡眠に良いのか、睡眠の質と寝返りとの関係について詳しく見ていきたいと思います。

 

 

寝返りをする理由はなぜ?

私たちは寝ている間に20〜30回ほど寝返りをうっているといわれています。

 

ほとんどの場合無意識で行っていますが、そもそも寝返りをうつ理由は、睡眠中にずっと同じ姿勢をしていると特定の部分が圧迫されてその部位だけ血液の循環が悪くなるのを軽減するためです。

 

生理的に体が寝返りを打ち、寝ている間の体温調整筋肉の負担軽減などの目的があります。

 

寝返りをするタイミングは、レム睡眠とノンレム睡眠が変わる時、寝返りがスイッチのよう役割を持っています。

 

寝返りは快適な睡眠をのために欠かせないものなので、体に負担がかからない寝返りをすることがとても重要なポイントになります。

 

レム睡眠とノンレム睡眠の周期とは?浅い睡眠と良い眠りの関係

 

 

寝返りの回数と睡眠の質は関係なし

寝返りが多いからと言って、質の良い眠りがとれていないわけではありません。

 

体に負担がかかるような寝返りが不眠を招くため、自分の体に合った寝具を選ぶことも重要です。

 

体に合わなかったり柔らかすぎる寝具は、寝ている間に20%以上も余計なエネルギーを使っているといわれています。

 

すると朝起きてもなんとなくだるい、腰が痛いなど不快な症状へとつながるのです。

 

寝返りは回数が多くても楽に姿勢を変えれば、体温調整、発汗機能にも大変メリットになりますし、何よりも体のゆがみを予防するためにも効果的です。

 

寝具によっては腰部分に体重がかかり、うまく寝返りが打てず夜中に何度も目を覚ましてしまうようになるのです。

 

これも睡眠障害?睡眠中に目が覚める中途覚醒の原因と改善法は?

 

寝返りをうまく打つ方法とは

寝返りのせいで不眠になる?寝返りの重要性と睡眠の質との関係

 

寝返りを打たないと体に負担になるだけでなく、睡眠サイクルがうまく切り替えられない為、朝起きても疲れが残った状態です。

 

寝返りをうまくうつためには、枕やマットレスなどの寝具が自分にあっているかどうか見直しましょう

 

朝起きると筋肉痛になっている場合は、特定の部分に負担がかかっているサインです。

 

またお酒を飲んだ時ストレス生活リズムの乱れなど睡眠の障害となる要因があると、夜中に何度も目を覚まし余計な寝返りをうつ原因となってしまいます。

 

快眠に一番効果がある寝返りとは、体が自然に軽く姿勢を変えられるもの

 

そのためには睡眠の質自体を見直し、あらゆる角度から改善することが大切です。

 

睡眠の質が悪い原因とは?質を上げるポイントを覚えて質を向上させよう

 

まとめ

寝返りが上手にできると、睡眠の質もさらにアップします。

 

そのためにオススメしたいのは寝具を変えることや、睡眠の質を見直すことです。

 

快眠していれば寝返りのせいで目を覚ましてしまうこともなくなりますし、朝まで自然な寝返りで快眠へと導いてくれます。

 

寝ると疲れる、という時は寝返り時の体の負担を軽減してみましょう。

 

寝返りのせいで不眠になる?寝返りの重要性と睡眠の質との関係