寝不足による肩こりはなぜ起きるの?

寝不足による肩こりはなぜ起きるの?

寝不足による肩こりはなぜ起きるの?

寝不足による肩こりはなぜ起きるの?

寝不足になると様々な体の機能に影響が現れることが分かっていますが、その中の一つに、肩こりがあります。

 

寝不足になると肩こりになってしまう理由は、主にこれらが挙げられるでしょう。

 

筋肉疲労が蓄積することで起こる肩こり

人間は日々、睡眠によって体の疲れを取っています。

 

そのため、寝不足になることで体の疲れが十分に取れなくなり、筋肉疲労が体に残りやすくなるのです。

 

その結果、肩こりを初めとした、体の不調が現れやすくなります。

 

特に肩は、日頃から思い頭を支えている大事な部分ですので、体の中でも比較的早めに症状が表れる部分だといえるでしょう。

 

肩こりが起き始めたら、他の体の部位も、どんどんと症状が表れる恐れがありますので、肩こりの時点で出来るだけ早めにケアをしておくことをおすすめします。

 

痛みに敏感になることで起こる肩こり

普段は全く肩こりにならないという方でも、寝不足になると肩こりを感じるという方も少なくありません。

 

それは、寝不足になることで体が痛みに敏感になり、肩こりを感じるようになることが原因と言われています。

 

普段であれば肩こりに感じない程度の肩の負担が、寝不足になることで神経が過敏になった結果、肩こりに感じてしまう事態に陥ります。

 

実際は大したことがない痛みでも敏感に反応してしまうため、肩こりだけではなく、腰痛や関節痛などが発症することも考えられますので、突然体が痛み始めたら、寝不足である可能性が高いといえるでしょう。

 

寝不足による肩こりを解消する方法は?

寝不足による肩こりを解消するためには、主にこれらのケアが効果的と言われています。

 

マッサージ

筋肉疲労が蓄積していることで発症している肩こりの場合は、マッサージやストレッチなどのケアを行うことで、筋肉疲労が改善し、痛みが少しずつ減少していく可能性があるでしょう。

 

自力で行うマッサージももちろん効果的ですが、効果を得るためには最低でも10分以上は行う必要がありますので、疲れてしまうようであればプロの手によってマッサージをしてもらうことをおすすめします。

 

毎日行うことでより肩こりを改善しやすくなりますが、二、三日に一回や、一週間に一回等、定期的に行うようにすると、よりマッサージ効果を得ることが出来るでしょう。

 

温める

患部を温めることで、痛みに敏感な神経が緩和され、痛みが改善する可能性があります。

 

温かいシップや、温タオルなどを肩に乗せて、しばらく放置しておくと、徐々に痛みが改善していくといえるでしょう。

 

まとめ

上記の改善方法の他にも、根本から寝不足を改善するためにおすすめな、睡眠サプリメントを生活に取り入れてみるのが良いでしょう。

 

体に負担なく、簡単に毎日続けることが出来るサプリメントですので、徐々に体質を改善し、夜になると自然と眠ることが出来るような体質に生まれ変わることが出来ます。

 

飲むだけでOKの睡眠サプリメントのお試しは、こちらからどうぞ♪

 

寝不足による肩こりはなぜ起きるの?