寝不足で自律神経が乱れる仕組み!快適な睡眠をとる方法

寝不足で自律神経が乱れる仕組み!快適な睡眠をとる方法

寝不足で自律神経が乱れる仕組み!快適な睡眠をとる方法

寝不足で自律神経が乱れる仕組み!快適な睡眠をとる方法

夜更かしをして寝不足になるととても辛いですよね。次の日にゆっくり寝てもなんだか疲れが残ったままなんてことがありませんか。

 

寝不足は自律神経の乱れの原因といわれています。

 

睡眠がどれほど私達の健康に影響を与えるか、早速ですが自律神経との関係を見ていきたいと思います。

 

寝るまでにかかる時間はどのくらい?

 

 

寝不足は自律神経のバランスを悪くする原因 

寝不足が続くとまず体の疲労がたまるのは皆さん体験があるかと思います。なんとなく朝だるい、起きるのは辛いという症状はたまにありますよね。

 

このような生活が続くと疲労回復が追い付かず、体の運動力となるエネルギーを蓄えることができなくなります。

 

寝不足が続くと同時に、体力も平行して減少してしまうのです。すると本来は自律神経が正常に働き、リラックスモードになる副交感神経が働き睡眠へと誘導してくれます。

 

自律神経はこの二つの神経のバランスにより維持されています

 

しかし体の疲労がたまっていると、交感神経が優勢になり脳が興奮状態のままになってしまいます。

 

交感神経が優勢になると筋肉が収縮して血液の流れが悪くなり、腰痛、手足の冷えやしびれなども起こりやすくなってしまいます。

 

自律神経失調症の気になる症状とは 

寝不足で自律神経が乱れる仕組み!快適な睡眠をとる方法
寝不足は自律神経失調症の原因となってしまいます。

 

自覚症状がないまま進行する可能性もありますので、早期発見する為にも寝不足からくる自律神経失調症の症状を知っておきましょう。

  • めまい、吐き気
  • 手足のしびれや違和感
  • 不安・イライラ
  • うつ
  • 動悸や不整脈
  • 倦怠感
  • 異常な発汗
  • 不眠 

などがあります。

 

自立神経失調症の症状は個々で異なるものですが、ほとんどの方に共通するのが睡眠障害です。

 

なかなか眠れない、夜中に何度も起きてしまう、朝早く目が覚めてしまう、などの症状があります。

 

自律神経が不安定になると、日中の覚醒リズムが夜中になるなどリズムが乱れてしまい、精神的な負担もとても増えてしまいます。

 

「昼夜逆転してしまった時の直し方!睡眠障害にならない為に」では昼夜逆転の改善方法をお伝えしています。

 

睡眠が昼夜逆転した状態で、さらにストレス生活を続けると、大切な睡眠がとれなくなり大変深刻な状態になる可能性もありますよ。

 

 

寝不足を改善するならサプリがオススメ

現代では5人に1人が不眠症とも言われ、誰にでもなる可能性があります。

 

たった一日の寝不足が睡眠障害の始まりになる場合もありますし、本人が気が付かず自律神経失調症になっている場合も多数見受けられます。

 

寝不足からくる疾患を防ぐためには睡眠サポートをするサプリがオススメです。副交感神経を優勢に、質の高い睡眠を得ることができますよ。

 

「睡眠薬に依存すると危険がいっぱい!副作用にも注意!」では睡眠薬副作用についてお伝えしていますが、病院で処方される睡眠薬とは異なり、サプリは依存してしまうものではありません

 

不規則な生活リズムを安定させるために、毎日プラスするだけでいいのです。睡眠サプリは天然成分を使用するなど安全性もありますので、選ぶ際は自分にピッタリのものを見つけてくださいね。

 

まとめ

寝不足が原因で自律神経が不安定になってしまった場合、改善するためには根本原因となる寝不足を治すことが必要です。

 

睡眠は心身ともに与える影響が多く、寝不足は気が付かない間にダメージとなる場合もありますのでご注意くださいね。

 

寝不足で自律神経が乱れる仕組み!快適な睡眠をとる方法