寝不足による胃痛の治し方

寝不足による胃痛の治し方

寝不足による胃痛の治し方

寝不足による胃痛の治し方

寝不足によって引き起こされる腹痛の一種として代表的なのが、胃の痛み、胃痛です。

 

寝不足による胃痛にはどのような症状があるのか。

 

なぜ胃痛が起こるのかなどの原因と合わせてご説明します。

 

寝不足になると胃痛が起きるのはなぜ?

寝不足になると胃痛が起きる原因は、主に胃酸であるといわれています。

 

寝不足になると胃液が過剰に分泌され、胃にダメージを与える結果、胃痛が発生するといわれているのです。

 

寝不足になると食欲も減退しやすくなりますので、空の胃に胃液が大量分泌されてしまった結果、より強い痛みを発症するといわれています。

 

また、寝不足になると内臓の働き事態は非常に鈍くなりやすいといわれています。

 

胃の働きが鈍くなった所に食べ物や飲み物が入ってきた結果、負荷がかかり、胃もたれのような胃痛を引き起こしてしまうことも珍しくないようです。

 

胃痛の症状がどんなもの?

寝不足による胃痛の症状は、主にこれら二つが挙げられます。

 

キリキリとした痛み

胃酸によってダメージを受けている場合は、キリキリとした胃痛を発症することが多いでしょう。

 

そのまま痛みを放置すると、胃潰瘍や胃腸炎などを発症してしまう恐れがありますので、十分注意が必要です。

 

胃もたれのような痛み

胃もたれのように、ずどんとお腹が重くなるような痛みが出るケースもあります。

 

食欲不振になり、放置するとおう吐などの症状が現れてしまうこともあるため注意が必要です。

 

胃痛が起きたらどうすれば良い?

胃痛が起きてしまったら、このようなケアを出来るだけ早く行うように心がけましょう。

 

胃にやさしいものを飲食する

出来るだけ消化に負担がかからない、温かいものや、柔らかいものを摂取するように心がけましょう。

 

うどんなどの麺類や、おかゆなどが理想的です。

 

辛いものや酸っぱいもの等は胃に負担がかかることもありますので、調味料にも注意が必要です。

 

胃薬を飲む

どうしても痛みに耐えられないという場合は、漢方などの、できるだけ体に負担がかからないような胃薬を摂取することも一つの方法です。

 

ただ、こちらの場合はあくまでその場しのぎですので、多用はしないことをおすすめします。

 

入浴をする

入浴をして体を温めることも、胃痛解消に効果があるといわれています。

 

半身浴などでも構いませんので、できるだけ毎日お風呂につかるようにしましょう。

 

根本的に解決するためには?

寝不足による胃痛を根本的に解決するためには、寝不足を改善することが最も手っ取り早いといえるでしょう。

 

胃痛が出るほどの寝不足であれば、すぐに一度眠ってしまうということも、一つの方法だと言えます。

 

夜に眠れないため寝不足になっているという方など、何らかの睡眠障害を発症しているという場合、睡眠サプリメントを試してみてはいかがでしょうか?

 

体に優しく睡眠をサポートしてくれるサプリメントですので、胃痛でも安心して飲むことができるでしょう。

 

寝不足による胃痛の治し方