寝不足による貧血が起きる理由

寝不足による貧血が起きる理由

寝不足による貧血が起きる理由

寝不足による貧血が起きる理由

男女問わず意外と多いのが、寝不足による貧血です。

 

寝不足になると貧血が起きる原因は、主にこれらが挙げられます。

 

脳の誤作動による貧血

寝不足で最も多いのが、脳の誤作動によって引き起こされる貧血です。

 

血は巡っているものの、寝不足によって脳が正常に働かないため、脳が誤作動を起こした結果引き起こされる貧血のことを指します。

 

具体的には、このような状態が挙げられるでしょう。

 

立ちくらみ

座っている所から急に立ち上がることで起こる貧血の種類です。

 

立ち上がった瞬間に意識を失う、視界がブラックアウト、ホワイトアウトし、意識が朦朧とするなどの状態が挙げられるでしょう。

 

めまい

目が回っているように、視界がぐるぐると回り、正常に立っていることが出来なくなる状態を指します。

 

立ちくらみと同じように、立ち上がった瞬間にめまいがする場合もあれば、座っているとき、寝転がっているときなど、同じ姿勢でいても、めまいがすることもあります。

 

ホルモンバランスが崩れ貧血が起きる

女性に特に多いのが、こちらの、ホルモンバランスが崩れることで起きる貧血です。

 

寝不足によってホルモンのバランスが崩れた結果、貧血が起きる状態のことを指します。

 

具体的には、上記と同じように、立ちくらみやめまいなどの状態が挙げられますが、特に女性の場合は、このような体調の時に寝不足になると、貧血を起こしやすくなります。

 

長時間立ち続けている

長時間立ち続けていると貧血を感じるという女性は多く、体調を壊してしまうという方も少なくありません。

 

普段は大丈夫という場合でも、寝不足が重なると体への負担が大きくなり、意識を失ってしまうというケースも多くあるでしょう。

 

生理中、妊娠中

女性の場合は特に、寝不足に加えて、生理中や妊娠中が、貧血が起こりやすくなるため非常に危険です。

 

生理中や妊娠中はホルモンバランスが不安定なため、ちょっとした寝不足なだけでもすぐに貧血を起こしてしまう可能性があると言えるでしょう。

 

こうした時期は無理をせずに、出来るだけ安静にしておくことが大切です。

 

寝不足による貧血が起きたらまずは寝ること!

寝不足による貧血が起きたら、まずはしっかりと眠ることが大切です。

 

そのまま無理をして起きていると、状態が悪化し、貧血だけではなく意識を失ってしまう可能性があります。

 

睡眠の質を向上する大切なポイント

 

寝不足による貧血を起こさないためには、毎日しっかりと睡眠を取ることが大切ですが、万が一、睡眠障害によって、睡眠が取れていないという場合。

 

その場合は、毎日の睡眠をしっかり取ることが出来るように、睡眠サプリメントなどを利用して、睡眠ケアをするようにしましょう。

 

睡眠サプリメントは、ネット通販などでも数多く販売されている人気サプリメントとして知られています。

 

医薬品とは異なりサプリメントですので、初めての方でも安心して飲むことが出来るのが特徴です。

 

寝不足による貧血が起きる理由