寝不足によって引きこ起こる腹痛とは?

寝不足によって引きこ起こる腹痛とは?

寝不足によって引きこ起こる腹痛とは?

寝不足によって引きこ起こる腹痛とは?

過度な寝不足になると、様々な障害が体に現れます。

 

その中の一つが、腹痛です。

 

このような腹痛の場合、寝不足の可能性がありますので、十分注意をする必要があるでしょう。

 

こんな痛み方は寝不足が原因の腹痛?

睡眠不足による腹痛の場合、このような症状が現れることが多いでしょう。

 

キリキリとした痛み

キリキリとした鋭い痛みが、胃を中心に起こる場合は、寝不足による腹痛である可能性が極めて高いといえます。

 

胃薬を飲んでも痛みが一時的にしか消えない場合や、まったく効果がないという場合は、確実に寝不足によるものだといえるでしょう。

 

寝不足による胃痛の治し方

 

下腹部に鈍痛

下腹部に殴られたような鈍痛がある場合も、寝不足による腹痛であるケースがあります。

 

特に女性の場合はこちらが顕著に表れることが多く、まるで生理痛のような強い鈍痛が現れることもありますので、十分注意が必要だといえるでしょう。

 

食後に現れる腹痛

食後になると必ず腹痛が出てくるという場合も、寝不足による腹痛である可能性が高いといえます。

 

それまでは何も痛みがなかったのに、胃に食べ物や飲み物が入ったことが刺激になり、強い痛みが現れるという場合は、寝不足による腹痛である可能性が高いでしょう。

 

寝不足が原因の腹痛を抑えるためには?

寝不足によって起こっている腹痛を抑えるためには、このような対処方法が効果的だといえるでしょう。

 

お腹を温める

お腹を温めることで自律神経が整いやすくなり、腹痛が改善される可能性があります。

 

腹巻をまく、温かい飲み物を飲むなど、お腹を温める効果が高いケアをするように心がけてみましょう。

 

お腹のマッサージを行う

キリキリとした痛みに悩んでいる場合は特に、お腹のマッサージを行うことで、痛みが緩和される場合があります。

 

おへそを中心にして、自分からみて“の”の字を描くように、手のひらでぐるぐるとゆっくり回してみてください。

 

睡眠をとる

睡眠不足による腹痛は、睡眠をとることですぐに改善するケースが多いといわれています。

 

出来るだけすぐに横になり、仮眠でも構わないので眠るようにしてみてください。

 

あまり長時間眠ると、夜に眠れなくなる恐れがありますので、注意が必要です。

 

夜中に何度も目が覚める原因は?眠れないを解消するために

 

寝不足を根本から治すために効果的な、睡眠サプリメントとは?

寝不足を根本から治すことで、睡眠不足による腹痛は解消することができます。

 

夜に眠れないという方は多く、そのまま腹痛を薬で抑えて、何とか耐え忍んでいるという方も珍しくありません。

 

そのまま薬を飲み続けるケアは、体にも心にも良くありませんので、根本的に睡眠習慣を見直してみるように心がけてみてください。

 

健康のためにも、睡眠サプリメントを摂取して、睡眠ケアを行ってみることをおすすめします。

 

睡眠サプリメントは、夜眠れない、昼になると眠くなってしまうという、何らかの睡眠障害を抱えている方にはぴったりのサプリメントです。

 

寝不足によって引きこ起こる腹痛とは?