マイスリーという睡眠薬は効かない?マイスリーについて解説!

マイスリーという睡眠薬は効かない?マイスリーについて解説!

マイスリーという睡眠薬は効かない?マイスリーについて解説!

マイスリーという睡眠薬は効かない?マイスリーについて解説!

睡眠を促すために処方される睡眠薬に「マイスリー」という薬があります。

 

マイスリーは配合している成分のバランスが良い睡眠薬であることから、広く処方されています。

 

?マイスリーの効き目

人によって薬の効き目や効果が全く異なると同様に、マイスリーの効き目も人によって大きな違いがあらわれます。

 

マイスリーが効く人もいれば、効かないという人もいるのが現実です。

 

マイスリーが効かない人の中には耐性ができてしまっている人も

マイスリーが効かないという話をよく耳にすることがあります。

 

これは薬が合わないというだけにとどまりません。

 

じつはマイスリーが効かないという人の中には、体が薬への耐性を持ち、効き目が次第に弱くなるという場合も多くあります。

 

睡眠薬を飲んでも眠れない原因はこれ

 

マイスリーの服用方法

一般的にマイスリーは5mg〜10mgの間で使用されることになっています。

 

普通は、5mgから始めてみてその効果や効き目を見る様な流れになるでしょう。

 

この5mgで高い効果を得られる人もいれば、まだ5mgではあまり効果を感じることができない人もいます。

 

また、5mgという量は比較的少量になり、副作用の心配もない量だといえるでしょう。

 

睡眠薬の恐ろしい副作用について

 

効きすぎるようであれば減らし、効かないようであれば増やす

一般的にマイスリーを開始する時の量としては5mgという場合が多いですが、この5mgでは効き目が出すぎてしまう人もいます。

 

そのような人は、2.5mgに減らすようになるでしょう。

 

また、5mgで効かないという人の場合には、10mgに増やします。

 

マイスリーは10mg以上の服薬は禁止されています。

 

マイスリーの作用、時間

マイスリーという睡眠薬は効かない?マイスリーについて解説!

 

マイスリーは睡眠薬の中でも効果が出るのが早い短時間型の睡眠薬に分類されます。

 

内服後15分〜30分くらいで効果が出始め、およそ1時間以内には血中濃度のピークを迎えることができます。

 

睡眠薬の中でも即効性があるため寝付けない人に効果的

マイスリーは、非常に効果が出始めるまでの時間が短いため、眠れない人や不眠の人の中でも、夜の寝つきが悪く寝付けないというタイプの不眠に大きな効果があらわれます。

 

半減期も2時間ほどでおとずれるので、朝まで薬の効果を持ちこすことがなく、朝の目覚めもスッキリとできる睡眠薬です。

 

寝るまでにかかる時間はどのくらい?

 

まとめ

睡眠に悩みを抱える人にとって、マイスリーのような睡眠薬は非常に大切な薬となりますが、長く服用することによって、耐性が生まれ効果が弱まったり効かないという事態に陥ります。

 

睡眠薬に依存すると危険がいっぱい!副作用にも注意!

 

薬の量も増え、体への負担も大きくなるという問題も生じてきてしまいます。

 

そこで、病院で処方される薬に頼る前に、睡眠ホルモンの分泌を促すような睡眠サプリを利用してみるのも良いかもしれません。

 

睡眠は人間の生命維持や活動、自分らしい生活のために、必要不可欠で良質な睡眠をとる必要があります。

 

夜眠れない、朝の目覚めが悪い、夜中に目が覚めてしまうなど、睡眠に関する問題を抱えてしまった場合には、まずしっかりと眠れるように日々の生活を工夫し、それにプラスして睡眠サプリを試して睡眠改善に努めてみましょう。

 

マイスリーという睡眠薬は効かない?マイスリーについて解説!