睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?そこに潜む危険な病気とは?

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?そこに潜む危険な病気とは?

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?そこに潜む危険な病気とは?

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?そこに潜む危険な病気とは?

睡眠時無呼症候群は、最近ではテレビや雑誌など様々な場面で目にすることが増えました。

 

ここでは、睡眠時無呼症候群について詳しく説明していきます。

 

 

睡眠時無呼吸症候群とは?

別名SASと呼ばれる睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に呼吸停止、または喉の空気の流れが弱くなったりする病気です。

 

寝て居る間に10秒以上の無呼吸、または低呼吸が1時間に5回以上ある状態をいいます。

 

ただ単に肥満が原因だと言うイメージや、イビキが変わって居る、などと言うイメージを持つ人も居ると思います。

 

しかし、睡眠時無呼吸症候群は病気なので、病院での治療が必要です。

 

 

睡眠時無呼吸症候群の症状とは?

では、次に睡眠時無呼吸症候群の詳しい症状について説明します。

 

無呼吸発作

寝息やいびきとは別に、数秒寝息が止まった後「グファ」と言うような大きな音を発する無呼吸発作という特徴があります。

 

そもそもいびきとは、空気の通り道である気道が狭くなって居ることでおきるので、日常的にいびきをかいている人は注意が必要です。

 

いびきがうるさい原因は?うるさい人とうるさくない人の特徴とは?

 

日中に過度の眠気を感じる

無呼吸発作を睡眠時に何度も繰り返すために、睡眠の質が自然に低下していってしまいます。

 

したがって、脳と体が十分に休息を取れて居ない睡眠となり、時間的にはしっかり寝たにも関わらず日中に過度の眠気を感じます。

 

睡眠時無呼吸症候群の原因とは?

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?そこに潜む危険な病気とは?

 

睡眠時無呼吸症候群の原因は以下のとおりです。

  • 肥満により首に余計な脂肪がついてしまっている
  • 元々体質として顎が小さかったり、気道が狭い

原因は、舌や喉が気道を塞いでしまう事で起こることが殆どです。

 

また、肥満とは言えないような少しの体重の増加でも、気道塞がりやすくなってしまうことがあります。

 

睡眠時無呼吸症候群には恐ろしい危険が潜んでいる!

症状や原因が変わっても、睡眠中のことである為に、なかなか自覚症状を持ちにくいのが睡眠時無呼吸症候群の恐ろしい所です。

 

無呼吸による影響は非常に大きく、呼吸や循環系を中心として体全体に深刻な悪影響を及ぼします。

 

寝ている間に繰り返し呼吸が止まってしまうと、脳が起きた状態になるため、自律神経が乱れやすくなったり、内分泌系にも影響が及ぶのです。

 

原因に肥満が関わっている場合は、動脈硬化や糖尿、高血圧などの引き金にもなります。

 

無呼吸を繰り返すと心臓にも負担になるので不整脈や心疾患などにも繋がるのです。

 

睡眠と副交感神経の関わりとは?活性化させる方法はあるの?

 

治療や対策方法は?

睡眠時無呼吸症候群は病気なので、病院での治療が第一です。

 

治療にあわせて、運動による肥満解消や睡眠環境を整える事など、自分でも対策をしていきましょう。

 

気道を広げるために横向きに寝たり、普段から鼻呼吸などを習慣づける事が大切です。

 

睡眠環境に関しては、良い睡眠をサポートする為にサプリメントなども多くの種類が出ています。

 

良い睡眠を得るための成分が配合されているので睡眠環境を整えるのにオススメです。

 

痩せないのは昼寝が原因?昼寝で太る仕組みと改善方法について

 

まとめ

睡眠時無呼吸症候群は、いびきや呼吸だけでなく、脳にまで悪影響をきたす深刻な病気です。

 

大きな病気に繋がることもあるので、症状のある人は早めに病院にいきましょう。

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?そこに潜む危険な病気とは?