ロングスリーパーとはどんな体質?

ロングスリーパーとはどんな体質?

ロングスリーパーとはどんな体質?

ロングスリーパーとはどんな体質?

ロングスリーパーとはその名の通り、長時間睡眠をとる体質の方のことを指します。

 

一日の睡眠時間を9時間以上取らないと、疲れや眠気が取れず、体調不良になりやすい方も居るのがロングスリーパーの特徴です。

 

常に眠い原因は何?寝ても疲れが取れなくてだるい!の改善法

 

このロングスリーパーとは対義語になるのが、ショートスリーパーと呼ばれる方たちです。

 

ショートスリーパーは、ロングスリーパーとは異なり、一日の睡眠時間が6時間以下の、比較的短い睡眠時間でも、健康的に生活をしている体質の方を指します。

 

あくまで一説ではありますが、かのナポレオンなどもショートスリーパーと言われ、一日の睡眠時間が3〜4時間ほどだったと言われています。

 

また、このショートスリーパー体質の方には、偉人や著名人が多いとも言われています。

 

そんな睡眠体質ですが、同じ人間なのに、どうしてこのように、ショートスリーパーとロングスリーパー、二つの睡眠体質があるのでしょうか?

 

その理由は、主にこれらがあげられます。

 

ロングスリーパー体質の特徴は?

ロングスリーパーの特徴として一番にあげられるのは、睡眠の質の低さです。

 

睡眠の質を向上する大切なポイント

 

睡眠の質が悪いため、どんなに長時間寝ても寝足りず、疲れが取れない、眠気が無くならないと言う事態に陥ります。

 

長時間眠ることで、頭痛や吐き気などの症状が表れることもあるため、長時間睡眠はあまりオススメできないと言えるでしょう。

 

寝すぎて頭痛がする理由は何?

 

ショートスリーパーの特徴は?

ショートスリーパーの特徴は、その睡眠の質の高さです。

 

無理をして睡眠時間を減らしているのではなく、あくまで睡眠が十分と感じて、短時間で起床するのが特徴です。

 

その理由は、体内にある休息物質や、深い睡眠を取ることが出来る、睡眠ホルモンの分泌量にあげられます。

 

こうした睡眠に必要なホルモンが体内で正常に分泌されていることが、ショートスリーパーが短い睡眠時間でも、健康的に生活することが出来る理由です。

 

グリシンが睡眠の質を向上させる?!サプリで簡単に摂取

 

睡眠の質を高めるためにはどうすれば良いのか?

ロングスリーパーで一日9時間以上の睡眠をとっていると言う方は、大まかな計算で、人生の三分の一または半分以上を眠って過ごしていることになります。

 

その時間が勿体ないと感じるか、それともその時間も受け入れるかは個人差があるかと思いますが、どうにか体質を改善したいと言う場合。

 

睡眠の質をアップさせるための必要なホルモンの分泌を促すケアを始めることが大切です。

 

日頃の食生活や運動をはじめ、ストレス解消することや、眠る前のアロマ、ストレッチなど、様々なケアを行うことで、より分泌が高められると言われています。

 

また、効率よく睡眠の質をアップさせるために、睡眠サプリメントを試してみてはいかがでしょうか?

 

睡眠サプリメントは、飲むことで睡眠を取るために必要なホルモンバランスを改善し、自然と睡眠を促す効果が期待できるのですが、その他にも、体内に休息ホルモンを分泌し、睡眠の質をアップさせる効果が期待できます。

 

睡眠の質をアップさせて、短い睡眠時間でも健康的に活動をしましょう。

 

ロングスリーパーとはどんな体質?