ロングスリーパーなのは眠りの質が悪いから?その原因と改善法!

ロングスリーパーなのは眠りの質が悪いから?その原因と改善法!

ロングスリーパーなのは眠りの質が悪いから?その原因と改善法!

ロングスリーパーなのは眠りの質が悪いから?その原因と改善法!

ロングスリーパーとはその名の通り、長時間睡眠をとる体質の方のことを指します。

 

一日の睡眠時間を9時間以上取らないと、疲れや眠気が取れず、体調不良になりやすい方も居るのがロングスリーパーの特徴です。

 

常に眠い原因は何?寝ても疲れが取れなくてだるい!の改善法

 

このロングスリーパーとは対義語になるのが、ショートスリーパーと呼ばれる方たちです。

 

ロングスリーパーとは異なり、ショートスリーパーは、一日の睡眠時間が6時間以下の、比較的短い睡眠時間でも、健康的に生活をしている体質の方を指します。

 

また、このショートスリーパー体質の方には、偉人や著名人が多いとも言われています。

 

あくまで一説ではありますが、かのナポレオンなどもショートスリーパーと言われ、一日の睡眠時間が3〜4時間ほどだったと言われています。

 

そんな睡眠体質ですが、同じ人間なのに、どうしてこのように、ショートスリーパーとロングスリーパー、二つの睡眠体質があるのでしょうか?

 

その理由を順に説明していきます。

 

ロングスリーパー体質の特徴は?

ロングスリーパーの特徴として一番にあげられるのは、睡眠の質の低さです。

 

睡眠の質が悪いため、どんなに長時間寝ても寝足りず、疲れが取れない、眠気が無くならないと言う事態に陥ります。

 

長時間眠ることで、頭痛や吐き気などの症状が表れることもあるため、長時間睡眠はあまりオススメできません。

 

寝すぎて頭痛がする理由は何?

 

ストレスを感じやすい人

ロングスリーパーに多い性格は、悩みをかかえているストレス過多な人です。

 

日頃のストレスを寝る事で解消しようとしますが、なかなか睡眠が浅くてストレス解消にならず、疲れも取れないでしょう。

 

遺伝によるもの

親がロングスリーパーだと、自分もロングスリーパーになってしまう確率が高くなります。

 

睡眠を促すホルモンが分泌しにくかったりする体質だけでなく、悩みやすくストレスをためやすい性格も似てしまうため、遺伝的な要素も否めないでしょう。

 

ただし、遺伝だからといって、必ずしもロングスリーパーになってしまうわけではありません。

 

ロングスリーパーからショートスリーパーへはなれなくとも、日々の努力と習慣によって、睡眠時間を平均的値に近づけていくことは十分に可能です。

 

ロングスリーパーチェック!

ロングスリーパーなのは眠りの質が悪いから?その原因と改善法!

 

自分がロングスリーパーかどうか、チェックしてみましょう。

  • 日中イライラしてしまう
  • 10時間寝てようやく寝た気分になる
  • 日中、仕事や勉強の能率が上がらない
  • 夢をよく見る
  • 寝ても体の疲れがとれない
  • 金縛りになりやすい
  • 会議や試験などプレッシャーがかかる場でも睡魔に襲われる
  • 居眠り運転をしてしまいそうになる

上記のチェックで当てはまる項目が多い方は、睡眠の質が悪いことが原因でロングスリーパーになっている可能性があります。

 

睡眠の質を向上させることで、こうした症状が軽減され、睡眠時間も少なくすることができます。

 

一日の最適な睡眠時間とは?健康的、理想的な良い眠りを得る

 

ショートスリーパーの特徴は?

ショートスリーパーの特徴は、その睡眠の質の高さです。

 

無理をして睡眠時間を減らしているのではなく、あくまで睡眠が十分と感じて、短時間で起床するのが特徴です。

 

その理由は、体内にある休息物質や、深い睡眠を取ることが出来る、睡眠ホルモンの分泌量にあげられます。

 

こうした睡眠に必要なホルモンが体内で正常に分泌されていることが、ショートスリーパーが短い睡眠時間でも、健康的に生活することが出来る理由です。

 

積極的なストレスを溜めづらい人

ショートスリーパーには、積極的で物事を深く考えないようにするタイプが多いです。

 

悩みをかかえにくく、すぐに気持ちの切り替えができるので、寝る時にアレコレ考えないような楽観的な人も多いのです。

 

ショートスリーパーチェック

  • 寝つきがとても早い
  • 睡眠時間が6時間ほどでも元気である
  • 明るく積極的な性格
  • 夢を見る事が殆どなくて深い睡眠に入る事ができる
  • タイミングよく昼寝や仮眠がとれる
  • いつもエネルギッシュである
  • 朝起きた時にすっきりしている

上記の項目に多く当てはまる方は、睡眠の質がよく、ショートスリーパーであると言えるでしょう。

 

「ショートスリーパーとは?短時間の睡眠でホントに大丈夫なの?」では更に詳しくまとめています。

 

職種によってロングスリーパーが不向きな場合も

職種によってロングスリーパーが不向きなケースもあります。

 

特に、夜勤などをこなさなければならない医師や看護師さんなどは、ロングスリーパーであると、睡眠のリズムが掴みにくいため適した職種ではないでしょう。

 

しかも、命を預かる仕事ですから、能率の上がらない仕事ぶりでは、危険です。

 

また、夜中の緊急時に出動しなければならない警察や自衛隊、消防士などの仕事も、ロングスリーパーでは不向きとなります。

 

ロングスリーパーだと疑われる病気とは?

ロングスリーパーなのは眠りの質が悪いから?その原因と改善法!

 

ロングスリーパーが、疑われる時は、以下のような病気が潜んでいるかもしれません。

 

精神科などの治療を受けたり、カウンセリングを受けたりする必要があるでしょう。

 

冬季うつ病

うつ病の人は、不眠症状が出やすくなりますが、特に、秋冬の日が短くて肌寒い時期に睡眠時間が長めになるのは冬季うつ病が疑われます

 

他の季節の睡眠時間と比較して2時間は超過していたり、気分が落ち込んだり、やる気が出なかったりする事が考えられます。

 

また、人間の体は、体温が上昇する事で体も脳も起きるために覚醒していきますが、冬場のケースでは、外気の気温が低いためなかなか体の体温上昇がなされないのです。

 

寒くて布団から出られない時間が長く続き、限定的なロングスリーパーになってしまう事もあるのです。

 

こうしたケースでは、部屋の温度を保つために暖房のタイマーを合わせておいたり、湯たんぽや電気毛布などを上手に取り入れる事が大切です。

 

ロングスリーパーは深刻!?脳の老化につながるかも!

ロングスリーパーなのは眠りの質が悪いから?その原因と改善法!

 

ロングスリーパーの人は、通常の睡眠をとる人に比べて脳の老化が著しく早いです。

 

アルツハイマーになるリスクも高まります。

 

また、子供に関してロングスリーパーは成績も低下しやすいという結果もあるのです。

 

“よく寝る子は育つ”という言葉がありますが、こうした言葉は、決して迷信ではありません。

 

ただし、浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠がしっかりとれている場合の話です。

 

この2パターンの睡眠が交互にバランスよくとれる事で、成長ホルモンの分泌が促され、身長などをスムーズに伸ばす事が期待できるのです。

 

しかし、ロングスリーパーの場合、眠りの浅いレム睡眠ばかりが圧倒的に睡眠時間を占めてしまいます。

 

これではいくら長時間寝ても、成長ホルモンがスムーズに分泌されずに、睡眠時間だけがだらだらすぎてしまうことになるのです。

 

レム睡眠とノンレム睡眠の周期とは?浅い睡眠と良い眠りの関係

 

子供のうちから睡眠を整えておくことで、学生の間や社会人になる際にも、スムーズな社会生活ができやすくなります

 

子供の睡眠は、親の睡眠の仕方も影響を受けるため、まずは、親がロングスリーパーであれば、改善するように努力が必要です。

 

また、例えロングスリーパーであっても睡眠サプリなどで睡眠の質を向上させてあげたいものです。

 

睡眠の質を高めるためにはどうすれば良いのか?

ロングスリーパーで一日9時間以上の睡眠をとっていると言う方は、大まかな計算で、人生の三分の一または半分以上を眠って過ごしていることになります。

 

その時間が勿体ないと感じるか、それともその時間も受け入れるかは個人差があるかと思いますが、どうにか体質を改善したいと言う場合。

 

睡眠の質をアップさせるための、必要なホルモン分泌を促すケアを始めることが大切です。

 

日頃の食生活や運動をはじめ、ストレス解消することや、眠る前のアロマ、ストレッチなど、様々なケアを行うことで、より分泌が高められると言われています。

 

睡眠の質を向上する大切なポイント

 

また、ロングスリーパーの人に多いと言われている、内向的でナイーブな性格の人は、家族や友達に悩み事を相談できるような環境作りが大切です。

 

ロングスリーパーの質を高める睡眠へ睡眠サプリを活用!

ロングスリーパーなのは眠りの質が悪いから?その原因と改善法!

 

また、効率よく睡眠の質をアップさせるために、睡眠サプリメントを試してみてはいかがでしょうか?

 

睡眠サプリメントは、飲むことで睡眠を取るために必要なホルモンバランスを改善し、自然と睡眠を促す効果が期待できます。

 

またその他にも、体内に休息ホルモンを分泌し、睡眠の質をアップさせる効果が期待できます。

 

睡眠の質をアップさせて、短い睡眠時間でも健康的に活動をしましょう。

 

睡眠を改善したいならトリプトファン配合のサプリを選びましょう

 

まとめ

長時間の睡眠を要しないと寝た気になれないロングスリーパーは、翌朝もすっきりせずに、なんとなく仕事や勉強の効率が上がらないのが特徴です。

 

ナイーブで内向的な性格の人がなりやすいので、性格を改善したり、生活習慣を変えてあげる事で質の良い睡眠が得られるでしょう。
睡眠の質が上がると、自然と睡眠時間も短くてすむようになります。

 

そんな時に寄り添えるのが、睡眠ホルモンを整える睡眠サプリです。

 

ロングスリーパーという症状は通院しても、なかなか完治するのが難しいものです。

 

その間の不快な症状を緩和させる意味でも、睡眠サプリの効果を期待しましょう。

 

ロングスリーパーなのは眠りの質が悪いから?その原因と改善法!