お腹がすいて眠れない時にするべきこと・やってはいけないこと

お腹がすいて眠れない時にするべきこと・やってはいけないこと

お腹がすいて眠れない時にするべきこと・やってはいけないこと

お腹がすいて眠れない時にするべきこと・やってはいけないこと

お腹がすいて眠れない経験をしたことはありませんか?

 

食べようか、どうしようか迷っている時、ついつい夜中に冷蔵庫を開けてしまう人もいるでしょう。

 

そこでお腹がすいて眠れない時の原因と、正しい対策について見ていきたいと思います。

 

 

お腹がすいて眠れない本当の理由 

なんとなくお腹が空いている、という自覚症状は時にはストレスによる場合があります。

 

空腹感があると勘違いしてしまうのは、脳内が興奮した状態でドーパミンが快楽を求めているため。

 

夜は特に甘いものや味の濃いものが欲しくなり、食べることで快楽を満たしています。

 

普段からストレスを抱えている人は、お腹空いて眠れないことが多いと思います。

 

夕食をしっかり食べているにも関わらず、このような空腹感が襲ってくるのはストレスが原因で脳が錯覚を起こしているためと考えられます。

 

夜は体の活動量も少ないので、飢餓状態になるほど体のエネルギーが減少することはまずありません。

 

一時的な欲望を脳が「空腹」として指令を送っているだけなのです。

 

また、お酒を飲まないと眠れない方は、「お酒を飲まないと眠れない状態は危険?」もあわせてご覧ください。

 

 

夜中の飲食はNG

夜中に小腹が空いて何か食べないと眠れない時の、スナック菓子や甘いものなどは胃腸機関に負担を与えてしまいます。

 

食べてすぐに寝てしまうと、胃腸内で消化吸収するため活動が活発になってしまいます。

 

しかし睡眠中の胃腸はしっかり食べ物を分解できない為、それが原因で便秘胃腸疾患になることもあります。

 

また睡眠を妨げる原因にもなりますので、お腹がすいて眠れない時はできるだけ食べない方が健康的です。

 

睡眠の質が下がる?寝る前の食事がダメな理由と夜食にオススメの食物」もあわせてごらんください。

 

食べ物の脂質は消化分解されるために時間がかかります。夜中に食べると脂質が分解されず肥満の原因になってしまいます。

 

高血圧などの生活習慣病のリスクも高くなりますので、夜中の空腹時は慎重に対応しましょう。

 

禁煙したいけど吸わなくなると眠れない、禁煙して眠れなくなるときの対処法とは?

 

お腹がすいて眠れない時の対策方法 

お腹がすいて眠れない時にするべきこと・やってはいけないこと

 

お腹がすいて眠れない時は我慢するのも辛いですよね。

 

頭のなかには食べ物が色々浮かび、なかなか寝れなくなってしまいます。

 

そんな時に体に負担を与えずできる効果的な方法は以下の通りです。

 

コップ1杯の水を飲む 

夜中のカロリー摂取は肥満の原因になりますので、なら満腹感もでやすく、しかも太る心配はありません。

 

氷をなめる

口になかにを入れ空腹感を抑えましょう。

 

歯磨きをする

歯磨きで食欲が落ち着く場合もありますので、軽くブラッシングするだけも効果的です。

 

睡眠サプリを飲む

夜中にお腹がすくと質のよい睡眠がとれない為、一時的に満腹感を与えても根本的な原因を改善しないといけません。

 

ストレスを減らし睡眠の質を高めるには、リラックス効果がある睡眠サポートのサプリがよいでしょう。

 

「グリシンが睡眠の質を向上させる?!サプリで簡単に摂取」でも睡眠の質を向上させるサプリについてまとめています。

 

熟睡していると、夜中の空腹なんて一切気になりませんよね。

 

悪いサイクルを改善するためにも、まずは睡眠環境を整えてください。

 

まとめ

お腹がすいて眠れない時に、我慢できずに食べてしまうと後が大変ですね。

 

肥満や病気などの悪影響がありますので、そんな事態を防ぐには日頃の睡眠対策が効果的です。

 

睡眠の質を高めることで、胃腸器官の働きも活性化され空腹で目が覚めることはなくなりますよ。

 

お腹がすいて眠れない時にするべきこと・やってはいけないこと