更年期の不眠の原因と対策!今日からできることは何?

更年期の不眠の原因と対策!今日からできることは何?

更年期の不眠の原因と対策!今日からできることは何?

更年期の不眠の原因と対策!今日からできることは何?

更年期の不眠は長く続く場合もあり、大変ストレスにもなります。

 

不眠は身体的な疲労だけでなく、さらに病気を招いてしまう場合もありますので、早期解決しないといけません。

 

そこで更年期の不眠で困っている方に、早速今日からできる改善策をご紹介しましょう。

 

 

更年期とは何?

更年期は50代前後の女性におこる症状で、原因は加齢により女性ホルモンの分泌が減少するためといわれています。

 

主な更年期の症状は以下の通りです。

  • めまい
  • イライラ
  • ホットフラッシュ
  • 発汗
  • 睡眠障害
  • 肌トラブル
  • 抜け毛、薄毛

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる2種類があり、それぞれのホルモンにより女性の健康がバランスよく安定しています。

 

しかし加齢とともに50代前後になるとエストロゲンの分泌が減り、それにより閉経後から更年期と呼ばれる様々な症状が起こる時期が始まります。

 

更年期は人それぞれ症状が異なるのですが、ほとんどの女性が何かしら体に不快な症状を体験するといわれています。

 

更年期の症状は長い人で10年ほど継続する場合もあり、深刻なケースではホルモン注射などの治療を行うこともあります。

 

気になる場合は婦人科で早めに相談してみましょう。

 

 

更年期で不眠になる原因

更年期の症状のなかでも多くの方が経験するのが不眠です。

 

なぜ不眠になるのか、その理由はエストロゲンが関係しているといわれています。

 

女性のホルモンのエストロゲンは睡眠中枢に影響を与え、眠気を抑制したり睡眠を促進するなど大切な役割を行っています。

 

また、夜中のほてり、発汗、イライラ、ストレス、うつなどの、ほかの更年期の症状との併発が引き金となって更年期の不眠を招く場合もあります。

 

50代前後になると男性よりも女性の方が圧倒的に不眠になりやすく、この年代前後では約30%〜40%の女性が何かしらの睡眠トラブルを抱えているともいわれています。

 

入眠障害、中途覚醒、早期覚醒、熟睡障害など「閉経期不眠症」と呼ばれる更年期に起こる独特な不眠症があるのです。

 

「もしかして睡眠障害?!原因と症状をチェック!」

 

更年期の不眠を改善する方法

更年期の不眠の原因と対策!今日からできることは何?

 

辛い更年期の不眠症を改善するために、今日からできることを早速見ていきましょう。

 

運動をする

体を動かして疲労感を得ることで睡眠にもメリットになります。

 

不安やイライラを改善するために気分転換としてもよいでしょう。

 

生活リズムを整える

 

更年期になると睡眠パターンが乱れることが増えてきます。

 

夜眠くならず昼間の眠気が強くなるなど、生活のリズムを整え早寝早起きを心がけましょう。

 

日中、常に眠気が取れないという方は「常に眠い原因は何?寝ても疲れが取れなくてだるい!の改善法」も確認してくださいね。

 

リラックスする

更年期は身体的だけでなく精神面でも不安定になります。

 

リラックスできる環境を作ると不眠解消にも大変効果的。

 

寝る前のアロマキャンドル、ゆっくり入浴する、趣味の時間を増やすなど快適に感じる時間を増やしましょう。

 

睡眠サプリを飲む

簡単で効果的な不眠改善方法は睡眠サポートのサプリ。

 

リラックス効果を高める成分が配合され、長期的に続く更年期の不眠対策として習慣的に続けられる方法です。

 

まとめ

更年期の不眠症はあらゆる角度からアプローチしましょう。辛い症状は一生続くものではありません。

 

不安を取り除き快適な更年期を過ごせるように、心身の健康を意識して生活してくださいね。

 

更年期の不眠の原因と対策!今日からできることは何?