コルチゾールは増えると危険!その睡眠不足の原因はストレスかも?

コルチゾールは増えると危険!その睡眠不足の原因はストレスかも?

コルチゾールは増えると危険!その睡眠不足の原因はストレスかも?

コルチゾールは増えると危険!その睡眠不足の原因はストレスかも?

最近しっかり眠れない、やる気がでない、また肌トラブルやストレス太りでお悩みではありませんか。

 

その症状、実は、コルチゾールと言うホルモンの増加による体からの警報かもしれません。

 

自分に当てはまるところはないか、この機会に見直してみましょう。

 

 

コルチゾールとは何か?

コルチゾールとは、副腎皮質ホルモンの一種であり、糖やたんぱく質、脂質や骨などの代謝免疫に関わっているホルモンのことです。

 

体を構成している重要なホルモンなので、生命や健康の維持には必要不可欠です。

 

また、ストレスから体を守ってくれる抗ストレス作用もあることが特徴となります。

 

体には無くてはならないコルチゾールですが、分泌量が多すぎた場合、副腎への負担が非常に大きくなり、身体中のホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

適量が大切なのです。

 

 

コルチゾールは何故増えてしまうのか?

適量であれば体に良いコルチゾールが、どうして増えすぎてしまうのでしょう。

 

コルチゾールの分泌が増える理由としては、ストレスが挙げられます。

 

人はストレスを受ける事により、まずはアドレナリンと言うホルモンが分泌されます。

 

アドレナリンはコルチゾールと同じストレスホルモンです。

 

しかし、長期間のストレスが加わり続けると、アドレナリンに代わり、コルチゾールが出てきます。

 

このコルチゾールの分泌が長期になってしまうと、副腎に負担がかかり、負担のかかった副腎はさらにコルチゾールを出し続けて副腎疲労になってしまうのです。

 

つまり、長期のストレスがコルチゾールの分泌過多につながるということですね。

 

コルチゾールにより副腎疲労になるとどうなるの?

では副腎疲労になってしまった場合、どのようなことが起きてしまうのでしょうか?

 

風邪をひきやすくなる

コルチゾールは増えると危険!その睡眠不足の原因はストレスかも?

 

コルチゾールの分泌量が増えてしまうと免疫が低下してしまう為、風邪をひきやすくなってしまいます。

 

よく、精神的に疲れている時は風邪をひきやすいなどと言いますよね。

 

それは、コルチゾールによりダメージを受けた副腎の働きが弱まり、免疫低下した結果によるものです。

 

成長ホルモンが減る事による、体重増加と不眠

コルチゾールが増えると、セロトニンやメラトニンなどの生成が阻害されて、不眠になりやすくなります。

セロトニン 夜のリラックス効果のために日中分泌される
メラトニン 睡眠中に体を修復する、疲労回復などに必要

上記のように、セロトニンとメラトニンは、睡眠においても重要な役割のホルモンです。

 

セロトニンとメラトニンが出なければ、たとえ睡眠に長時間を費やしても体は回復しにくいので疲れが取れず、よく眠れた感じも得られません。

 

また、セロトニンには食欲を抑制する効果ものあるので、セロトニンが減る事により食欲が抑えられなくなるので、太ってしまいます。

 

しかもコルチゾールが体内に多いと、更に太りやすい体質を作ってしまうのです。

 

セロトニンを増やす方法は「セロトニンを増やす方法とは?摂取するにはサプリが良い?」でもまとめています。

 

コルチゾールをコントロールするには?

コルチゾールは増えると危険!その睡眠不足の原因はストレスかも?

 

コルチゾールの増えすぎを抑制するには、フルーツなどでビタミンCを摂取する事がオススメです。

 

ビタミンCは副腎を活性化させて、コルチゾールを減らしてくれます。

 

よく疲れた時に酸っぱいものを食べたくなるのは、副腎からのビタミンが欲しい!と言うサインなのです。

 

またコルチゾールは朝に多く分泌されるので、朝のフルーツなどはより効果を得られます。

 

同じく青魚に含まれる、オメガ3脂肪酸もビタミンと同様の効果があります。

 

また良質な睡眠を取ることはストレス発散の基本となるので、睡眠サプリなどを利用してよりよい睡眠をサポートするのもオススメです。

 

メラトニンとは?メラトニン配合のサプリは不眠症に効果がある?

 

まとめ

コルチゾールは、ストレスと深い関係のあるホルモンです。

 

分泌が増えると様々な弊害を及ぼすので、まずはストレスをうまく発散して生活の中でコルチゾールの分泌を抑えましょう!

 

コルチゾールは増えると危険!その睡眠不足の原因はストレスかも?