足がつった時に!こむら返りに効くツボを刺激して痛みを軽減しよう

足がつった時に!こむら返りに効くツボを刺激して痛みを軽減しよう

足がつった時に!こむら返りに効くツボを刺激して痛みを軽減しよう

足がつった時に!こむら返りに効くツボを刺激して痛みを軽減しよう

こむら返りは激痛がふくらはぎに走り、思うように動けず辛いですよね。

 

誰でも一度は経験があると思いますが、こむら返りになった時、足の指をひっぱりストレッチしたり色々な改善策があると思います。

 

そこでツボでこむら返りの改善をするコツについて詳しくご紹介したいと思います。

 

 

ふくらはぎのツボ陽陵泉

ふくらはぎの痛みが起こりやすい人の対処法としてオススメなのが陽陵泉(ようりょうせん)と呼ばれるツボ。

 

足の外側にありふくらはぎの筋肉、少し手前でひざから約5pほど下にあります。

 

また同様にふくらはぎにある承山(しょうざん)というツボはふくらはぎの中央、膝から10pほど下。

 

承山の5pほど上に位置する承筋(しょうきん)と呼ばれるツボも、こむら返り対処法として大変効果があります。

 

お風呂上りの血行が良い時間を使ってツボをゆっくり刺激しましょう。

 

軽く痛みを感じる程度の圧をかけ、5秒ほど押し続けた後にパッと離す要領です。

 

これらのふくらはぎのツボは予防のほか、痛みのある時にも大変効き目を発揮します。

 

ふくらはぎに激痛が走った時にツボをそっと押してみましょう。

 

早い人ならその場で痛みが消えますよ。

 

こむら返りが妊娠中に起きやすい原因は何?予防する方法はある?

 

足裏のこむら返りによいツボ

足がつった時に!こむら返りに効くツボを刺激して痛みを軽減しよう

 

ふくらはぎだけでなく、こむら返りは首や足裏にも起こります

 

足裏は痛みも強くなかなか改善できない厄介な部分ですよね。

 

足裏に起こるこむら返りには足臨泣(あしりんきゅう)と呼ばれるツボが大変効果的です。

 

足の小指の骨の付け根と薬指の骨の付け根に位置するツボですが、とても痛みが強い場所なので、最初はあまり力を入れすぎず様子を見ながら刺激してくださいね。

 

こむら返りが起こると自由に体を動かせない為、ツボの刺激もなかなかできないかもしれません。

 

ですが少しでも痛みが軽減したタイミングでツボを刺激すると、すっと痛みが軽減していきます。

 

また床に両足を伸ばして座り足首を手前に倒すなど、筋肉のストレッチで対処する方法もありますので、一番やりやすい改善策をまずは試してみましょう。

 

こむら返りから続く筋肉痛!痛みが残る間違った対処と正しい予防

 

 

こむら返りの予防はサプリメントがオススメ

こむら返りはミネラル不足が原因で筋肉や神経の働きが不安定になっている状態です。

 

汗を大量にかく夏は、どうしてもミネラル不足になりやすいですよね。

 

水を飲んでもミネラル補給は十分にできないため、食生活で栄養補給するか、もしくはサプリメントでしっかりミネラル不足を解消しましょう。

 

サプリメントなら毎日飲むだけでとても簡単、しかも安定した量のミネラル補給ができますので、食生活が不規則な方や好き嫌いが多い人にとってもメリットですね。

 

栄養不足がこむら返りを引き起こす!予防のためには何を食べるの?

 

まとめ

こむ返りの一番の対処方法は、栄養バランスを整え定期的な運動を心がけることが大切です。

 

とくにミネラル補給は健康にも欠かせませんので、こむら返りが起こりやすい方はサプリをうまく活用して普段からの対策を行うと予防・改善に抜群の効果がありますよ。

 

足がつった時に!こむら返りに効くツボを刺激して痛みを軽減しよう