子供が夜寝ないのはどうして?子供の不眠の原因と対策について

子供が夜寝ないのはどうして?子供の不眠の原因と対策について

子供が夜寝ないのはどうして?子供の不眠の原因と対策について

子供が夜寝ないのはどうして?子供の不眠の原因と対策について

近年子供が夜寝ないという悩みを抱えている親がとても増えているといわれています。

 

子供の睡眠時間は昔と比べるとかなり減っています。

 

ライフスタイルの変化や食生活など色々な原因が考えられますが、子供が夜寝ない時はどのような対策をとると良いでしょうか。

 

 

理想の睡眠時間とは

子供にとって睡眠は発育を促すためとても大切です。

 

睡眠中は成長ホルモンが分泌されるため、心身の形成に貴重な時間となります。

 

しかし近年は、大人の生活サイクルに合わせて子供も遅くまで起きている世帯が増えており就寝時間が遅くなっている反面、朝は学校や部活動で登校時間が決まっているために、睡眠時間そのものが削られているのが現状です。

 

うちの子は大丈夫?と不安になる方も多いことでしょう。

 

そこで理想的な睡眠時間について見ていきたいと思います。

1歳〜3歳 12時間〜14時間
4歳〜6歳 10時間〜13時間
7歳〜12歳 10時間〜11時間
13歳〜18歳 8時間〜9時間

子供にとって睡眠は、脳や体の成長に欠かせないもの。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは一日の殆どを寝て過ごしますよね。

 

まだまだ未成熟な体と脳には、それだけたくさんの睡眠時間が必要なのです。

 

幼いほど長い時間の睡眠が必要となり、成長に従って少しずつ睡眠時間が短くなっていきます。

 

乳児期〜成長期にしっかり睡眠をとることで、認知力や成績、肥満の抑制など、プラスに作用するということが研究でも証明されています。

 

睡眠と健康 国内外の最新の動向ーエビデンスからアクションへー

 

 

子供が夜寝ない原因と対策!

子供が夜スムーズに眠るためにはどうすればよいのか、以下を参考に改善していきましょう!

 

食生活の乱れを改善する

近年食生活は昔と異なり、とくに子供は栄養の偏りが問題になります。

 

日ごろから栄養を整えた食事をすることは、自律神経の働きを整え、睡眠にもメリットになります。

 

また炭酸飲料や緑茶、紅茶などの飲料にはカフェインが含まれていることがあります。

 

カフェインの効果で眠気を抑えてしまうので、午後3時以降は飲まないように注意が必要です。

 

寝る直前のテレビやゲームをやめる

子供が夜寝ないのはどうして?子供の不眠の原因と対策について

 

テレビやゲーム、スマホなどは画面の明るい光が脳の刺激となります。

 

そのためなかなか寝付けない、夜中に目が覚めてしまうなどの睡眠トラブルとなります。

 

また、熱中してしまうゲームや、スマホで友人と連絡をとりあうことなどは、脳を興奮させてしまうので、寝る前にはやめたほうが良いでしょう。

 

寝る1〜2時間前にはテレビを消してスマホやゲームなども使用しないことです。

 

昼寝しすぎず、タイミングを考える

昼寝は30分程度が理想です。

 

30分より長く寝すぎると夜の睡眠に影響を与えます。

 

また夕方以降の遅い昼寝も子供が夜寝ない原因となるので、できるだけ午後3時までに昼寝をから目覚めるように意識してください。

 

質の高い昼寝は生活の中に取り入れるべき!効果的な昼寝の仕方とその効果

 

運動不足を解消する

子供が夜寝ないのはどうして?子供の不眠の原因と対策について

 

最近子供が外で遊ぶ姿をあまり見かけなくなりましたよね。

 

室内でゲームやパソコンをする子供が増え、運動不足は深刻な問題になりつつあります。

 

適度な疲労感は睡眠に欠かせないもの。外で遊ぶ時間を増やしたりスポーツをする機会を多く作りましょう。

 

またはお母さんのお手伝いで家の掃除なども運動になりますよ。

 

寝る環境を整える

子供が夜寝ない原因のひとつに、大人の都合で子供の睡眠を邪魔してしまうことがあります。

 

夜はできるだけ早く寝かしつけたいところ。しかしお父さんが遅く家に帰り、深夜の食事やテレビなど子供が快適に眠れない環境があります。

 

このような場合は、大人が子供を優先して睡眠環境を整えましょう。

 

寝室は暗く、余計な音が聞こえないように静かにすること。深夜の大人の行動はできるだけ音を立てずに意識してくださいね。

 

早寝早起き

生活リズムが不安定になると、体内時計が崩れてしまい夜になっても眠れません。

 

早寝早起きの生活リズムは、体のバランスを整えるためにも大切です。

 

次の日が休みだからと夜更かしをしたり、休日に寝すぎてしまったりすると、睡眠のリズムの乱れにつながりかねません。

 

なるべく休みの日も同じ生活パータンを続けましょう。

 

長期休暇などで、もしも昼夜逆転してしまった場合は「昼夜逆転してしまった時の直し方!睡眠障害にならない為に」を参考に、生活リズムを整えなおしてくださいね。

 

朝しっかり目覚めるために

朝同じ時間にシャッキリと起きることで、夜にスムーズに入眠することが出来ます。

 

朝の目覚めを良くするポイントをまとめました。

 

  • 起床時に日光を浴びる
  • 朝ごはんをしっかり噛んで食べる
  • 熱めのお湯でシャワーを浴びる
  • ストレッチやウォーキングなどで体を動かす

 

体を温めると目覚めやすくなるので、温かい飲み物をとるのも有効です。

 

まとめ

寝る子は育つといわれますが、睡眠は子供の発育と健康に欠かせません。

 

子供が夜寝ない時は、普段の生活習慣を改善することがまず最初のステップです。

 

子供が成長し、独自の生活習慣を構築していくにあたり、それまでの生活スタイルが土台となります。

 

大人になって、仕事に追われても健康管理を自分でできる様にするには、乳幼児からの生活習慣が鍵となるのです。

 

家族が一緒に睡眠に対して意識を高めることが大切ですね。

 

子供が夜寝ないのはどうして?子供の不眠の原因と対策について