風邪で寝れないときに試したい対処方法をご紹介

風邪で寝れないときに試したい対処方法をご紹介

風邪で寝れないときに試したい対処方法をご紹介

風邪で寝れないときに試したい対処方法をご紹介

風邪をひいてしまって咳や関節痛などの症状のため、布団に入ってもなかなか寝れないという経験をした事はありませんか?

 

風邪で寝れないとき、いったいどのようにしたらスムーズに眠ることができるのでしょうか。

 

ここでは、風邪で寝れない時にぜひ試していただきたい対処方法をいくつかご紹介していきます。

 

風邪で寝るのが困難なとき、これからご紹介する方法を試してみて、ぜひ風邪を早く治して元気になってください。

 

鼻づまりに蒸しタオル

風邪で寝れないという原因の一つに、風邪の症状で鼻が詰まってしまう、鼻水が止まらずに息苦しくて寝れないということがあります。

 

鼻づまりで寝れないときにはどうしたらいいの?鼻づまりを解消して眠る方法

 

この症状を緩和する方法として、鼻全体を蒸しタオルで覆うという方法が効果的です。

 

鼻を温めることで血行促進、鼻の通りが良くなる

蒸しタオルで鼻を温めることにより、鼻の血管の血液がよりスムーズに流れるようになり、血行が促進されます。

 

そうなることで鼻づまりが解消され、睡眠の質が向上するだけでなく、スムーズに眠りにつくことができるようになるのです。

 

蒸しタオルは、水に浸したタオルを絞った後でレンジで温めることで作ることができます。

 

鼻が通るようになると呼吸も楽になり、体の負担も減少します。

 

風邪で鼻が詰まり寝れないときにはぜひ試してみてください。

 

背中のツボを温める

風邪で悩む症状の中には、咳が止まらずに寝れないという場合も多くあります。

 

風邪の症状の中でも、酷い咳はかなりつらく、体力の消耗も激しい症状となりますから、寝られずに風邪を長引かせてしまうという可能性もあります。

 

そんな咳で寝れないという時には、背中の肩甲骨の間にある「肺兪」と「心兪」というツボをを温めてみましょう。

 

カイロなどを使って温めることでツボを刺激、咳を鎮める

背中の肩甲骨の間にある肺兪と心兪というツボは、風邪の中でも特に咳を鎮める効果があるツボです。

 

この2つのツボを刺激するには、温めるのが一番、カイロなどで保温してあげることで刺激され、咳を鎮めることができます。

 

方法としては、肩甲骨のちょうど真ん中くらいの間を広範囲にわたって温めるように意識しましょう。大き目のカイロを使うと良いでしょう。

 

風邪で寝れないときでも、咳が鎮まることでかなりの安眠を手に入れる事ができます。

 

また咳が鎮まることで体力の温存もでき、風邪の治りも早くなります。

 

ホットミルクで睡眠ホルモンの分泌を促す

風邪でなかなか寝れないというときには、ホットミルクを飲んでみるという方法も日以上に効果的です。

 

風邪のさまざまな症状によって神経が興奮している状態にある風邪の期間中は、なかなか寝れないというときも多くあります。

 

ホットミルクを飲むことでこうした興奮状態を鎮め、リラックスすることができます。

 

また、ホットミルクには睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を促す成分も入っていることがわかっています。

 

この成分はトリプトファンという成分で、メラトニンの働きや分泌を助け、安らかな睡眠へとスムーズに移行するようにサポートしてくれるのです。

 

睡眠に欠かせないメラトニンとは?!サプリで摂取できる?

 

寝る30分前くらいにホットミルクを飲むと効果的

ホットミルクのリラックス効果、メラトニンをサポートするトリプトファンの効果を生かすためには、寝る30分くらい前にホットミルクを飲むと良いでしょう。

 

ホットミルクは風邪で寝れないときに大きな効果を生むだけでなく、栄養価も非常に高いので、風邪で体力や気力を消耗しているときにかなり養分を補給することができる飲み物でもあります。

 

温めることでさらに吸収率もアップ、からだも芯から温まり、より効果的に睡眠へと移行できるだけでなく、風邪の回復も早めてくれるでしょう。

 

睡眠の質を向上する大切なポイント

 

お風呂に入る

風邪でなかなか寝れないとき、お風呂に入るということも非常に効果があります。

 

ただし、お風呂に入ることができる場合は、熱が38度以下であるという場合に限られます。あまり高熱があるときにお風呂に入ってしまうと、風邪の症状を深刻化させてしまうことがあるので注意が必要です。

 

お風呂に入ることで、体全体が温められ、リラックス状態を手に入れる事ができます。

 

また、温められた体の体温が徐々に低下することで、体が睡眠モードへと移行していきます。

 

すると風邪でなかなか寝れないようなときでも、スムーズに眠りへと移行することができるのです。

 

体を温めることで免疫機能もアップ

風邪で寝れないとき、お風呂に入り体を温めることで、免疫機能のアップも期待できます。

 

体全体が清潔になり、気持ちの面でもリフレッシュすることができるでしょう。

 

また、衛生面でも細菌や菌を除去することができるので、とても気持ちよく寝ることができるようになります。

 

お風呂に入り、体温が下がると自然に眠りを誘発するようになります。あまり高い熱が無く、体の状態がそれほど悪くない、体力の消耗が著しくないという場合には、思い切ってお風呂に入り体を温めてみましょう。

 

まとめ

このように、風邪で寝れないときには、対処することでよりスムーズに寝ることができる方法があります。

 

風邪をひいてしまいさまざまな症状に悩まされて寝れないようなときには、ぜひ実践してみてください。

 

また、これらの方法を試すのと同時に、睡眠をサポートする睡眠サプリを利用するとより効果的です。かなりすんなりと寝ることができるようになりますから、睡眠サプリを利用するという相乗効果もぜひ検討してみましょう。

 

良質で安定した睡眠を手に入れて、早く風邪を治し、また元気な毎日を送れるように、自分の症状にあった対処方法にチャレンジしてみてください。

 

風邪で寝れないときに試したい対処方法をご紹介