熟眠障害はどうやったら治るのか

熟眠障害はどうやったら治るのか

熟眠障害はどうやったら治るのか

熟眠障害はどうやったら治るのか

「長時間眠ったのに疲れが取れない」

 

このように、たっぷりと寝たはずなのになぜか疲れが取れないという状態を、熟眠障害と呼びます。

 

熟眠障害とはどうして起こるのか、その原因や対策方法をご説明します。

 

熟眠障害とは?熟眠障害の原因は?

熟眠障害とは、睡眠時間だけ見ればたっぷりと寝たはずなのに、なぜか疲れが取れない状態を指します。

 

途中で目が覚めてしまう途中覚醒などと違い、覚醒している覚えがないにも関わらず、なぜか眠りが足りないと感じてしまうのです。

 

その原因は、眠りの深さが関係しています。

 

長時間眠っているにもかかわらず、眠りがなぜか浅くなっているため、長時間眠っても疲れが取れることなく起きる時間になってしまうのです。

 

睡眠の質を向上する大切なポイント

 

熟眠障害は睡眠障害の一種で、一度発生してしまうと、根本的に眠りの体質が変わらないと、いつまでたっても改善しないため、何らかのケアを行う必要があるといえるでしょう。

 

また、熟眠障害とロングスリーパー体質は、根本的に異なるものですので、勘違いしてしまわないようにしましょう。

 

ロングスリーパー体質は、体質的に長時間睡眠を取らないと、元気に活動をすることが出来なくなるのですが、熟眠障害の場合は、睡眠のとり方のケアさえ行えば、ショートスリーパー体質になるという方も少なくありません。

 

ロングスリーパーとはどんな体質?

 

熟眠障害のケア方法は?

熟眠障害を改善するためには、こうしたケアを行っていくことが大切です。

 

最初の三時間が勝負!

熟眠障害を改善するためには、眠りが深くなりやすい、就寝後最初の三時間が勝負といえます。

 

この三時間で深い眠りにつくことが出来なければ、疲れが取れず、熟眠障害はどんどんと酷くなってしまいます。

 

最初の三時間で深い眠りにつくためには、日頃の生活習慣を見直すことが大切といえるでしょう。

 

生活習慣の見直し

生活習慣を見直す際には、食生活と運動の主に二点に重点を置いて見直しをしてみるように心がけましょう。

 

日頃から脂っこい食生活や、塩分過多の食生活を送っていると、睡眠障害が表れやすく、熟眠障害を引き起こす原因に繋がることもあります。

 

また、眠る直前に食事をとることも、体に負担がかかって休みにくくなるため、あまりお勧めできません。

 

食事は遅くとも、就寝する1時間前には食べ終わっているように心がけましょう。

 

薬に頼らず不眠症を改善する方法!食べ物や睡眠サプリで対策

 

そして、一日一回、軽く汗をかく程度の運動をするように心がけることが大切です。

 

汗をかくように運動をすることが難しければ、一日最低15分は、ウォーキングレベルの運動をするように心がけましょう。

 

ただし、眠る直前に運動をするとアドレナリンが分泌され、睡眠物質が分泌されにくくなる恐れがありますので、運動は眠る3時間前には止めるようにしてください。

 

まとめ

このように、熟眠障害を改善するためには、日頃の生活から見直して、熟眠障害ケアをすることが大切です。

 

また、効率よくケアをするためには、睡眠サプリメントなどを使ってケアをすることもおすすめといえるでしょう。

 

熟眠障害はどうやったら治るのか