痩せないのは昼寝が原因?昼寝で太る仕組みと改善方法について

痩せないのは昼寝が原因?昼寝で太る仕組みと改善方法について

痩せないのは昼寝が原因?昼寝で太る仕組みと改善方法について

痩せないのは昼寝が原因?昼寝で太る仕組みと改善方法について

昼寝をすると太るという話を聞いたことがありませんか。

 

適度な昼寝は心身のリフレッシュになるため、作業効率や学習能力のアップに大変効果があるといわれています。

 

注意したいのは、長時間の昼寝による肥満です。

 

なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

 

 

昼寝で太る原因について

昼寝と太る関係には、自律神経が影響しています。

 

そもそも寝るという体の働きはリラックスモードに入るため、副交感神経が優勢に働きます。

 

副交感神経は体のエネルギーを溜め込む働きがありますで、体脂肪がつきやすくなってしまうのです。

 

逆に活動中は体を動かすために交感神経が優勢になりますので、脳や筋肉が緊張した状態。

 

体脂肪の燃焼も活発に行われています。

 

昼寝をしたら必ず太るというワケではありませんが、体が太りやすくなるのは事実です。

 

特に昼寝をしたくなる昼食後は、カロリーも十分に燃焼されない為、食生活とのバランスにより太りやすくなる場合があります。

 

食べてすぐ寝ると太るといわれていますが、それは摂取カロリーと副交感神経によるエネルギー燃焼率が低くなることが関係しています。

 

お腹がすいて眠れない時にするべきこと・やってはいけないこと

 

 

睡眠と肥満の関係について

昼寝だけが太る原因ではありません。

 

毎日の睡眠の質も、肥満に大きな影響を与えていることをご存じですか。

 

寝ている間の深夜の時間帯は、成長ホルモンが多く分泌される大切な時。

 

そのため睡眠不足、深夜まで起きている人はホルモンンのバランスが悪くなり、睡眠中の代謝量が減少してしまうのです。

 

体脂肪を燃焼する大切な深夜の時間に寝ないと、肥満を招く要因にもなりかねません。

 

実際に睡眠時間が少ないと肥満になるリスクが高まるという結果も出ています。

 

外部サイト:一般社団法人 日本肥満症予防協会「睡眠時間と肥満はどう関連するか?」

 

睡眠中は成長ホルモン以外に、コルチゾールも分泌されています。

 

コルチゾールは体脂肪の燃焼をサポートする働きがあります。

 

ただ、食べてすぐ寝る生活では、摂取カロリーを消費する機会がなく、カロリーをため込みやすいといえますね。

 

深夜の遅い食事、また昼食後の昼寝などの、食事と睡眠のタイミングによっては太る原因になりますので、ご注意ください。

 

昼寝を減らして夜の睡眠の質を上げる方法

痩せないのは昼寝が原因?昼寝で太る仕組みと改善方法について

 

昼寝がからだに悪いのではありません。

 

大切なのは、健康的に昼寝をする点なのです。

 

そこで理想的な昼寝のポイントについて見ていきましょう。

 

  • 時間は15分〜30分程度
  • 夕方以降の昼寝はしない
  • 食べてすぐに寝ない
  • 熟睡できる睡眠環境を作るなど

これらのポイントに注意して、心身のリフレッシュになる昼寝を心がけましょう。

 

「質の高い昼寝は生活の中に取り入れるべき!効果的な昼寝の仕方とその効果」でも理想的な昼寝のとり方をまとめています。

 

日中の異常なほどの眠気は、夜の睡眠がしっかりとれていないサインです。

 

長時間の昼寝をしない、うとうとする時間を減らすには毎日夜にしっかりと快眠することが大切ですね。

 

そこでオススメしたいのが睡眠サポートのサプリです。

 

朝すっきり目が覚めるような快眠ができる人は、意外と少ないのです。

 

昼過ぎのだるい時間を改善するためには、サプリで睡眠の質を向上させるのが効果的な改善方法です。

 

女性に適した睡眠サプリの選び方

 

まとめ

昼寝をしたくても仕事中で眠れない人がほとんどではないでしょうか。

 

睡魔と戦いながらの作業は、ミスをする要因にもなりますよね。

 

日中は頭をスッキリさせるために、普段の睡眠を向上させることが大切です。

 

痩せないのは昼寝が原因?昼寝で太る仕組みと改善方法について