質の高い昼寝は生活の中に取り入れるべき!効果的な昼寝の仕方とその効果

質の高い昼寝は生活の中に取り入れるべき!効果的な昼寝の仕方とその効果

質の高い昼寝は生活の中に取り入れるべき!効果的な昼寝の仕方とその効果

質の高い昼寝は生活の中に取り入れるべき!効果的な昼寝の仕方とその効果

昼寝をするというと、サボっているといったマイナスイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

 

実際には、脳や体は仮眠をとると劇的に回復し、その後の作業効率を上げることができます。

 

昼寝といっても寝すぎは逆効果になり、仮眠の取り方や時間がポイントになります。

 

短時間で効果的に睡眠を取ることで、夜の睡眠にも支障をきたすことなく、日中にリフレッシュする時間を設けることが可能です。

 

では早速ですが、快適な生活に役立つ昼寝や仮眠の取り方について見ていきましょう。

 

常に眠い原因は何?寝ても疲れが取れなくてだるい!の改善法

 

昼寝をすることでもたらされるメリットや効果

では、まず昼寝をするとどのような効果があるのか、脳や体へのメリットはどのようなものがあるのかをご紹介していきます。

  • 記憶力、学習能力の向上
  • 集中力のアップ
  • 眼精疲労の回復
  • 疲労回復
  • ストレス発散
  • 精神の安定
  • 血圧の安定
  • 心疾患の予防

このように、昼寝にはいくつもの効果が期待でき、質の高い昼寝を取ることは、心身の健康アップにも良い事がわかります。

 

仕事や作業の合間にとる短時間の昼寝や仮眠は体の働きをいったんリセットする効果があるので、仕事がなかなかはかどらない時、勉強が進まない時は眠いと感じた時に仮眠をとると、様々なメリットが得られるのです。

 

またある研究報告で、仮眠をとらない人と比べると、仮眠をとる人は、認知症になる確率が半分程度に減るとも言われています。

 

このようにわずかな時間であっても、昼寝や仮眠をとる生活習慣は、長期的に健康によいメリットをもたらすといえますね。

 

睡眠の質を向上する大切なポイント

 

質の高い昼寝を実現するために抑えておきたいポイント

昼寝の効果を最大限に引き出すために、そして質の高い昼寝を短時間内にとることができるようにするために必要なポイントがあります。

 

これから紹介するポイントを押さえたうえで昼寝をするようにすると、昼寝によって疲れた体と脳を復活させると同時に、昼寝後もスッキリとした気持ちになり、より高い質の昼寝をすることができるでしょう。

昼寝時間は短めにすること

仮眠は質の高い短時間の睡眠。長すぎると夜の睡眠にも影響を与えてしまうため、仮眠の理想時間は約15分といわれています。

 

この短い時間が一番脳を活性化させる効果があるという研究結果もありますので、仮眠をとる際は時間をまず意識しましょう。

 

睡眠は20分以降に脳波が働きさらに深い眠りへと達していきます。

 

そのため仮眠を30分以上取ってしまうと夜間の睡眠除波にも影響が出てしまうため、仮眠は時間を制限することがポイントです。

 

短時間で脳や体を急速モードにして、疲れやストレスを解消し、さらに夜の睡眠にも響かない昼寝を実現することができます。

 

昼寝や仮眠をとるタイミングに注意する

さらに昼寝や仮眠をとる際に注意する点として、タイミングも重要です。

 

一番よいのは日中に眠いと感じた時に仮眠をとることなのですが、そのときの時間帯には注意しましょう。

 

昼寝というように、日中に仮眠をとる場合は、昼間がベストなタイミングです。

 

仮眠を午後3時以降にしないことで、夜の睡眠の邪魔をせずに体や脳を休ませ、その後の活動のパフォーマンスを向上させることができます。

 

遅くても午後3時までには仮眠を済ませておくようにしましょう。

 

昼夜逆転してしまった時の直し方!睡眠障害にならない為に

 

昼寝前のカフェイン摂取で昼寝からの目覚めをスッキリとさせる

質の高い昼寝は生活の中に取り入れるべき!効果的な昼寝の仕方とその効果
昼寝をする前に、コーヒーなどでカフェインを摂取しておくというのも昼寝の質を向上させる良い方法です。

 

カフェインは摂取後に体に吸収されるまで30分ほどの時間を要します。

 

昼寝から目覚めるタイミング合わせておけば、すっきり作業に戻ることができるのです。

 

体に負担をかけず、安らかな気持ちで昼寝をする

昼寝をする際には、体に負担がかかるような姿勢をなるべくせず、横になったりリラックスできる体制で昼寝をしましょう。

 

そうすることで短時間でもしっかりと体や脳が休息を得ることができるようになります。

 

そして、気持ちの面でも安らかな気持ちで昼寝に入ることができるように努力してみましょう。

 

ネクタイやベルトを緩めたりアイマスク、耳栓などの使用も効果をアップさせる便利なツールとなるでしょう。

 

部屋を暗くして入眠しやすい環境を整えたり、クッション、枕などの使用も効果大です。

 

昼寝直後には脳をしっかりと活性化させ目覚めさせる

昼寝から覚めたら、脳に刺激を与えて脳を活性化させるとよりスッキリとした目覚めを得ることができます。

 

会話をしたり、日の光を浴びる顔を洗うなどが良い方法です。

 

昼寝から覚め、脳や体が十分に休息を得た状態で刺激を与える事で、その後の気分や脳の働きがより高くなります。

 

夜の睡眠のリズムを整え、さらに昼寝で休息を与える事でリズムが身につく

昼寝効果を最大限に発揮するためには、夜の睡眠もしっかりと確保しておく必要があります。

 

夜の睡眠が充実していなければ、短時間で効果的に行う昼寝の時間帯に寝過ごしてしまったり、熟睡してしまったりして、本来の昼寝の効果を発揮させることができなくなってしまいます。

 

昼寝の効果を高くするには、夜の充実した睡眠が大切なのです。夜の睡眠時間が不規則だったり、寝つきが悪く眠れないという場合には、睡眠をサポートする睡眠導入サプリなどを活用するようにしてみましょう。

 

夜の睡眠をしっかりと取ることで、昼間に行う短時間の昼寝がさらに効果的になるでしょう。

 

一日の最適な睡眠時間とは?健康的、理想的な良い眠りを得る

 

長すぎる仮眠のデメリットとは 

仮眠を取り過ぎた時の最大のデメリットは、夜眠れなくなることです。

 

私達の体は昼間と夜を含め、眠気は12時間周期で変動しているといわれています。

 

何時間も昼寝をすると、このサイクルが乱れてしまうため、逆に夜の睡眠不足となる可能性があります。

 

仮眠は寝る時間と時間帯がとても大切なので、生活リズムを整え毎日同じ時間帯で仮眠をするように心がけたり、あらかじめ仮眠の時間を決めておくなど、上手に仮眠を生活に取り入れるような生活リズムを作ると安心ですね。

 

まとめ

睡魔と戦いながら日中を過ごすのは精神的にもストレスになりますよね。

 

健康的な毎日を送るためには、たった15分間の昼寝・仮眠が大切です。

 

午後の活動時にだるさや疲れを感じたり、午前と同じようなパフォーマンスができないという人は、ぜひ昼寝を生活スタイルの中に取り入れてみてください。

 

上記のような昼寝に関する重要なポイントを抑え、疲れた体や脳を復活させる昼寝を実現することができれば、今よりももっと活動内容の充実した日々を過ごすことができるようになります。

 

あなたもぜひ健康アップや脳力アップのために昼寝や仮眠を取り入れてみてくださいね。

 

質の高い昼寝は生活の中に取り入れるべき!効果的な昼寝の仕方とその効果