鼻づまりで寝れないときにはどうしたらいいの?鼻づまりを解消して眠る方法

鼻づまりで寝れないときにはどうしたらいいの?鼻づまりを解消して眠る方法

鼻づまりで寝れないときにはどうしたらいいの?鼻づまりを解消して眠る方法

鼻づまりで寝れないときにはどうしたらいいの?鼻づまりを解消して眠る方法

鼻がつまってしまって眠れなくなってしまうといった経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

 

寝るときになって鼻づまりになり、なかなか寝れないというときに試してみてほしい効果的な方法をいくつかご紹介します。

 

眠いのに寝れない状態はなぜ起こる?

 

鼻を温めてみる

最も簡単にできて鼻づまりに効果的な方法としては、鼻を温めるという方法があります。

 

鼻を包むようにして蒸しタオルを鼻にあてることで、鼻づまりを解消することができるのです。

 

さらに鼻づまりだけでなく、気持ちもリラックスできるので、より質の高い安眠につなげることができる良い方法だといえるでしょう。

 

鼻づまりを解消するツボを押してみる

小鼻の横にある「迎香」というツボは、鼻づまりを解消させることができるツボとして知られています。

 

小鼻の横のこのツボを、指の腹を使って強めに回転させるイメージでマッサージをしてみましょう。

 

使うものは自分の指なので、特別な道具も、準備のための工程なども必要なく、すぐにでもできる鼻づまり対策といえます。

 

鼻づまりで寝れない時など、ぜひ「迎香」というツボをマッサージしてみてください。

 

夜中に何度も目が覚める原因は?眠れないを解消するために

 

息を止めて頭を上下させてみる

鼻づまりで寝れない時、寝る直前に息を止めて頭を上下させてみてください。

 

この方法は、海外で鼻づまりの時に良く用いられる方法で、インターネットを通じて広まった方法です。

 

寝る直前に行うというのは、あまり効果が持続しないために、この方法を行ってからすぐに寝るという点がポイントです。

 

寝れないような鼻づまりの時に試してみると良いかもしれません。

 

メントールの香りをかいでみる

鼻づまりを解消するのにメントールの香りが効果的だということは広く知られている鼻づまり解消法です。

 

メントール入りのクリームや塗り薬を鼻の下に塗り、鼻づまりを解消するという方法になります。

 

鼻づまりがあって寝れないという人は、常に市販のメントール入りクリームや軟膏を常備しておくようにすると良いでしょう。

 

寝不足によって起きる鼻血は危険?

 

鼻うがいをしてみる

鼻づまりで寝れないという人は、鼻うがいも効果的な解決方法になります。

 

誰でもできる方法というわけではありませんし、酷い鼻づまりの際には水を鼻で吸い上げることが難しい場合もあります。

 

また、誤った方法で鼻うがいをしてしまうと、中耳炎になる可能性が大きくなりますから、注意が必要な方法となります。

 

氷を口に入れてなめてみる

鼻づまりが起こる原因の一つとして、鼻腔付近がアレルゲンによって腫れ、空気の通り道をふさいでいるという場合があります。

 

口に氷を含む事で、ほどちかい鼻腔空間も冷やされ、一時的に腫れを鎮めることができます。

 

500ミリリットルのペットボトルを脇の下に挟んでみる

これは日本の大学の教授が考え出した鼻づまり解消方法です。

 

鼻づまりを起こしている反対側の脇の下に500ミリリットルのペットボトルを挟みます。

 

こうして体の側面を圧迫することにより、反対側にある交感神経が刺激され、鼻づまりが解消できるという仕組みになっています。

 

安全な方法で身近なものですぐにできる方法なので、鼻づまりで寝れない時などに試してみると良いでしょう。

 

まとめ

以上のような方法を試してみて、自分に合った鼻づまり解消方法を模索してみましょう。

 

また、鼻づまりでどうしても寝れない、寝付くことができないようであれば、睡眠サプリのような睡眠サポートをしてくれる賢いサプリも利用してみると良いでしょう。

 

鼻づまりで寝れないときにはどうしたらいいの?鼻づまりを解消して眠る方法