鼻づまりで寝れないときにはどうしたらいいの?鼻づまりを解消して眠る方法

鼻づまりで寝れないときにはどうしたらいいの?鼻づまりを解消して眠る方法

鼻づまりで寝れないときにはどうしたらいいの?鼻づまりを解消して眠る方法

鼻づまりで寝れないときにはどうしたらいいの?鼻づまりを解消して眠る方法

鼻づまりで眠れないといった経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

 

鼻づまりは睡眠の邪魔をして次の日の生活にも支障をきたしてしまいます。

 

体調をしっかり整えるためには、良質な睡眠が必要です。

 

それを遮る厄介な鼻づまりの原因と対策を考えます。

 

鼻づまりになる原因とは

鼻づまりになる原因は、風邪をひいた時や花粉症になった時に、鼻の奥の粘膜がウイルスや花粉などのアレルゲンに侵されて腫れてしまうことです。

 

この鼻内部の腫れが、呼吸の通り道を狭くする事で生じます。

 

特に風邪の治りかけや、花粉症が流行りだす春先や秋口になりやすいでしょう。

 

また、他にも急性副鼻腔炎慢性副鼻腔炎になりやすい人や、ポリープなどがあると鼻づまりが生じやすくなります。

 

更年期の女性も鼻づまりを引き起こしやすい

また、更年期前後は女性ホルモンのバランスが崩れやすくなり、鼻づまりを引き起こしやすいです。

 

女性ホルモンが自律神経を整える働きをするため、女性ホルモンの低下とともに鼻づまりが起こりやすくなるのです。

 

さらに、この年代の女性は免疫力も低下しやすいため、急に花粉症を発症する事もあり、鼻づまりを起こす事もあるでしょう。

 

更年期の不眠の原因と対策!今日からできることは何?

 

鼻づまりを治めるいくつかの方法とは

鼻づまりで寝れないときにはどうしたらいいの?鼻づまりを解消して眠る方法

 

寝るときになって鼻づまりになり、なかなか寝れないというときに試してみてほしい効果的な方法をいくつかご紹介します。

 

眠いのに寝れない状態はなぜ起こる?

 

鼻を温めてみる

最も簡単にできて鼻づまりに効果的な方法としては、鼻を温めるという方法があります。

 

鼻を包むようにして蒸しタオルを鼻にあてることで、鼻づまりを解消することができるのです。

 

他にも、ホッカイロなどを代用する方法もあり、外出先で就寝する前に使うと鼻づまりが緩和されるでしょう。

 

さらに鼻づまりだけでなく、気持ちもリラックスできるので、より質の高い安眠につなげることができる良い方法だといえるでしょう。

 

鼻づまりを解消するツボを押してみる

小鼻の横にある「迎香」というツボは、鼻づまりを解消させることができるツボとして知られています。

 

小鼻の横のこのツボを、指の腹を使って強めに回転させるイメージでマッサージをしてみましょう。

 

使うものは自分の指なので、特別な道具も、準備のための工程なども必要なく、すぐにでもできる鼻づまり対策といえます。

 

鼻づまりで寝れない時など、ぜひ「迎香」というツボをマッサージしてみてください。

 

夜中に何度も目が覚める原因は?眠れないを解消するために

 

枕を高めにして眠る

鼻づまりで寝れないときにはどうしたらいいの?鼻づまりを解消して眠る方法

 

枕が低めだと、鼻に血液が蓄積しやすく粘膜が腫れやすくなります。

 

そのため鼻づまりだけでなく息苦しさも酷くなるでしょう。

 

枕を高めにするには、家にあるバスタオルや座布団、クッションなどで高さを調整しましょう。

 

すると鼻に血液が集中する事がなくなり、鼻づまりも緩和されます。

 

息を止めて頭を上下させてみる

鼻づまりで寝れない時、寝る直前に息を止めて頭を上下させてみてください。

 

この方法は、海外で鼻づまりの時に良く用いられる方法で、インターネットを通じて広まった方法です。

 

寝る直前に行うというのは、あまり効果が持続しないために、この方法を行ってからすぐに寝るという点がポイントです。

 

寝れないような鼻づまりの時に、試してみると良いかもしれません。

 

メントールの香りをかいでみる

鼻づまりを解消するのにメントールの香りが効果的だということは、広く知られている鼻づまり解消法です。

 

メントール入りのクリームや塗り薬を鼻の下に塗り、鼻づまりを解消するという方法になります。

 

鼻づまりがあって寝れないという人は、常に市販のメントール入りクリームや軟膏を常備しておくようにすると良いでしょう。

 

寝不足によって起きる鼻血は危険?

 

鼻うがいをしてみる

鼻づまりで寝れないという人は、鼻うがいも効果的な解決方法です。

 

現在は鼻うがい専用の器具も市販されています。

 

また、鼻を水に入れるとツーンと来る刺激がありますが、生理食塩水などを使用すれば、鼻への刺激も最小限に抑えられます。

 

鼻づまりに悩んでいる方は一度試してみてほしいですね。

 

ただし、誤った方法で鼻うがいをしてしまうと中耳炎になる可能性もあるので、注意点を守って行いましょう

 

氷を口に入れてなめてみる

鼻づまりで寝れないときにはどうしたらいいの?鼻づまりを解消して眠る方法
鼻づまりが起こる原因の一つとして、鼻腔付近がアレルゲンによって腫れ、空気の通り道をふさいでいるという場合があります。

 

口に氷を含む事で、ほどちかい鼻腔空間も冷やされ、一時的に腫れを鎮めることができます。

 

500ミリリットルのペットボトルを脇の下に挟んでみる

これは日本の大学の教授が考え出した鼻づまり解消方法です。

 

鼻づまりを起こしている反対側の脇の下に、500ミリリットルのペットボトルを挟みます。

 

こうして体の側面を圧迫することにより、反対側にある交感神経が刺激され、鼻づまりが解消できるという仕組みになっています。

 

安全な方法で身近なものですぐにできる方法なので、鼻づまりで寝れない時などに試してみると良いでしょう。

 

部屋の湿度を上げてみる

特に、風邪などひいた時の鼻水はウイルスに侵されていて粘性の高いものです。

 

このドロドロしている鼻水が鼻の通りを遮り、鼻づまりを酷くします。

 

部屋の湿度をあげる事で、鼻汁を排出しやすくするでしょう。

 

鼻づまりテープ

薬局で販売されている鼻づまりを防止するテープは、同時にいびき防止の作用もあるものです。

 

寝る前に鼻の中央部にアーチ状に貼るだけで、鼻の通りを広げてくれます。

 

点鼻薬を使う

点鼻薬は血管収縮剤が配合されていて、いち早く鼻づまりを解消してくれます。

 

ですが、あまり頻繁に使用するとその反動で鼻づまりが酷くなる事もあるため、適量回数が望ましいでしょう。

 

玉ねぎやネギを切ってみる

鼻づまりで寝れないときにはどうしたらいいの?鼻づまりを解消して眠る方法

 

玉ねぎやネギを切った時に鼻にツンときて涙が出た経験があるかと思います。

 

鼻づまりが酷い時は冷蔵庫を覗いてみて、玉ねぎやネギ、いずれかがあればトントン切ってみましょう。

 

すると不思議な事にスーッと鼻づまりが嘘のように消えてしまうのです。

 

これは、玉ねぎなどに含まれる硫化アリルが、鼻粘膜の炎症を沈静化させてくれるため。

 

また、硫化アリルには安眠効果も期待できます。

 

切ったものは翌日のお味噌汁用に保管して置いても良いので、一石二鳥ですね。

 

マスクをして眠る

マスクをしていると外の空気に触ないので、鼻周辺が温まります。

 

さらにマスク中に吐く息が蒸気代わりになるため、鼻のつまりを解消してくれるでしょう。

 

また、鼻づまりの原因にもなり得るウイルスのシャットアウトもしてくれます。

 

ただし、マスクをして眠ることには以下のデメリットにも注意しましょう。

  • 摩擦で肌が荒れる
  • 湿気が過多になり雑菌が繁殖、ニキビなどの原因に
  • 寝ている時の酸素供給量が制限される

鼻づまりが酷いまま就寝してしまう事の弊害とは

鼻づまりが酷いまま就寝するという事を日々続けてしまうと、様々な弊害が出てしまいます。

 

特に鼻づまりのまま寝てしまうと、口呼吸になってしまいます。

 

口呼吸にはさまざまな悪影響があり、良質な睡眠も妨げてしまうのです。

  • 鼻づまりと寝不足による翌日の頭痛
  • 頭がボーッとする
  • 体の気怠さ
  • 肩こりが酷くなる
  • 耳が聞こえにくくなる(鼻と耳は繋がっている為)
  • 味覚がおかしくなる
  • 口が渇く
  • 咳をしやすくなる
  • 口臭が酷くなる
  • 様々なウイルスに感染しやすくなる

これらの二次障害を引き起こさないためにも、鼻づまりを解消して良質な睡眠を得たいものです。

 

鼻づまりにより、寝れない症状が続く事で心配される事は、何と言っても翌日の勉強や仕事に支障をきたす事です。

 

体も頭も十分準備されず能率の上がらない状態で大切な事に望むのは、思わぬ失敗を招きます。

 

また、鼻づまりはいびきの原因にもなります。

 

いびきにお悩みの方は「いびきがうるさい原因は?うるさい人とうるさくない人の特徴とは?」もご覧ください。

 

そうならないように日々のケアをすることで、鼻づまりを解消して、良質な睡眠が摂取できるようにしましょう。

 

それでも頑固な鼻づまりには、睡眠サプリなどを飲用する事で解消されます。

 

鼻づまりに効果的な食事とは

鼻づまりで寝れないときにはどうしたらいいの?鼻づまりを解消して眠る方法

 

鼻づまりに効果的とされる食材は、とにかく体を温めるものです。

 

にんにく、ネギ、生姜などの薬味になるようなものから、年間通じて購入できる芋類などが良いでしょう。

 

これらを一回で摂取できる鍋料理や豚汁などで体を温めるのもオススメですね。

 

また、緑茶などにもメチルカテキンという、鼻づまりの原因となるアレルギーを抑える成分が含まれています。

 

ですが、緑茶にはカフェインが配合されているため、夜に飲んでしまうと眠れなくなることも。飲む時間帯に気をつけましょう。

 

さらに、女性ホルモンのアンバランスにより生じる鼻づまりには、豆乳豆腐などに含まれるイソフラボン摂取が望ましいでしょう。

 

これも豆乳鍋などの温かい食事でいただきたいものです。

 

まとめ

鼻づまりによって眠れなくなるのは本当に辛いものです。

 

以上のような方法を試してみて、自分に合った鼻づまり解消方法を模索してみましょう。

 

また、鼻づまりでどうしても寝れない、寝付くことができないようであれば、睡眠サプリのような睡眠サポートをしてくれる賢いサプリも利用してみると良いでしょう。

 

鼻づまりで寝れないときにはどうしたらいいの?鼻づまりを解消して眠る方法