これって不眠症!?睡眠障害の症状をチェック!原因と改善法は?

これって不眠症!?睡眠障害の症状をチェック!原因と改善法は?

これって不眠症!?睡眠障害の症状をチェック!原因と改善法は?

これって不眠症!?睡眠障害の症状をチェック!原因と改善法は?

睡眠障害が続くと、疲れていても眠れなくなったり、いつも寝不足に悩まれてしまいます。

 

自分の睡眠に満足できていない方は、もしかすると知らないうちに不眠症になっているかもしれません。

 

自分が不眠症なのか、下記のチェックリストで確認してみましょう。

 

もしかして不眠症?不眠症チェックリスト

これって不眠症!?睡眠障害の症状をチェック!原因と改善法は?

  • 体が疲れているのに、布団に入っても20分以上眠れない
  • 布団に入ると、色々と考え事をはじめてしまって寝付けない
  • 眠ってからも、何時間か起きに目が覚めてしまう
  • 昼はとても眠いのに、夜になると目が冴えてしまう
  • 目覚めた時、なんとなく体がダル重
  • 日中にボーっとしてしまったり、居眠りをしてしまうことが多い
  • 体の内側がカーッと熱くなったり、急激に寒くなったり安定しない
  • 集中力が欠けている
  • 記憶力が悪くなった
  • めまいや立ちくらみが増えた

チェック項目が0〜2の場合…

不眠症の可能性は低いと考えられますが、の項目に一つでもチェックが入っている方は要注意

 

不眠症をいつ発症しても、おかしくないと言えるでしょう。

 

チェック項目が3〜5の場合…

不眠症の可能性が高く、このままですといつ生活に支障をきたしてもおかしくありません。

 

特に、の項目に一つでもチェックが付いている方は、出来るだけ早くケアをすることを推奨します。

 

チェック項目が6個以上の場合…

不眠症の可能性大で、不眠症を発症している方がほとんどでしょう。

 

そのまま放置してしまうと症状が悪化して、日常生活に様々な支障をきたす恐れがあります。

 

「薬に頼らず不眠症を改善する方法!食べ物や睡眠サプリで対策」も参考に食生活の改善やサプリを取り入れることを検討してみてください。

 

不眠症の症状とは?

睡眠障害が続いてしまうと、次のような症状が起きてしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

頭が働かなくなり、常にぼーっとしていることが多くなる

これって不眠症!?睡眠障害の症状をチェック!原因と改善法は?

 

睡眠がきちんと取れない生活が続いてしまうと、頭が休まる暇がなくなってしまうため、徐々に頭が正常に働かなくなり、大きなミスをしてしまうことも‥。

 

睡眠障害を起こされている方で、運転中の居眠りによる事故を発生させてしまう方もいますので、睡眠障害は非常に危険な病と言えるでしょう。

 

自律神経が安定せず、精神を病んでしまうことも

睡眠がきちんと取れなくなってしまうと、自律神経を整える時間がなくなってしまい、自律神経が乱れやすくなってしまいます

 

自律神経が乱れることで、体内時計がおかしくなったり、精神が安定せず、情緒不安定に陥りやすくなります。

 

そのまま放置をしてしまうと、最悪の場合うつ病などの精神的な病を引き起こす引き金になってしまうこともあるのです。

 

睡眠は精神を安定させるためにも、非常に大切なものと言えるでしょう。

 

睡眠障害はどうして起こる?原因と対策方法について

睡眠障害を発生してしまう理由は、ストレスや疲労が知らず知らずのうちに溜まってしまい、体内から、不眠物質であるホルモンを発生させることが原因と考えられます。

 

この不眠物質、一度分泌され始めると体内にどんどん蓄積されていき、徐々に不眠が悪化。

 

遂には自分ではどうしようもない不眠症状に悩まされてしまう可能性があるのです。

 

放置してしまえばしまうほど症状が悪化してしまうため、そのままですとうつ病などの精神疾患を発症してしまうのも時間の問題と言えるでしょう。

 

睡眠障害を起こしてしまう原因は人によって異なりますが、主に下記の要因が考えられます。

 

ストレス

ストレスは、仕事や人間関係、育児や勉強などで蓄積していくことはもちろん、家で一人で時間を過ごしている時でも、ストレスは知らず知らずに溜まっている可能性があります。

 

日頃のストレスが蓄積してしまうと、不安や緊張で寝付けなくなったり、眠りが浅くなり、眠りの質が落ちてしまうのです。

 

その他にも、ストレスによって交感神経と副交感神経のバランスが崩れることも、不眠の要因として挙げられます。

 

ストレスが自律神経を安定させず、なかなか寝付けない、眠っても深く眠れないという状態を作り上げてしまい、それらの症状が改善されず、継続すると、不眠症の要因となってしまいます。

 

ストレスをこまめに緩和し、出来るだけ溜め込まないようにすることで、自律神経も安定してきますので、気晴らしの方法を見つけるようにしてみましょう。

 

寝るまでにかかる時間はどのくらい?

 

セロトニンの減少

セロトニンは、休息物質としても知られている成分の一つです。

 

心を落ち着かせる作用があり、睡眠のスイッチをオンにする重要な役割を担っています。

 

このセロトニンは、過度なストレスを受けたり、不規則な生活を送ったり、運動不足になってしまうことで減少。

 

セロトニンが不足することで十分な睡眠を取ることが出来なくなり、不眠症を発症するケースも多いのです。

 

また、セロトニンはホルモンバランスが乱れることでも減少する可能性があります。

 

なので、生理前、妊娠中、授乳中の女性などは、特に注意が必要です。

 

セロトニンを増やす方法とは?摂取するにはサプリが良い?

 

ブルーライト

ケータイパソコンなどのブルーライトを長時間目に受けていると、自律神経が刺激されたり、目が緊張状態に陥ってしまい、深く眠ることが出来なくなってしまいます。

 

ブルーライトをカットする効果のあるメガネを使ったり、眠る前には目の周りを温めたり、マッサージすることで、疲れを取ることが出来ますよ。

 

生活リズムの乱れ

日によって起きる時間や眠る時間が異なる方は、体がいつ眠ればよいかわからなくなってしまっているため、眠っても深く眠れないという可能性が高いでしょう。

 

生活リズムの乱れを整えるためには、太陽光を浴びることが大切です。

 

太陽光を浴びることで体内時計がリセットされて、徐々に生活リズムが整っていくでしょう。

 

昼夜逆転してしまった時の直し方!睡眠障害にならない為に

 

冷え症

手先や足先が冷える、冷え症という方は、寝つきが悪くなってしまう傾向があります。

 

特に冬場に症状が酷いという方も居るかもしれません。

 

冷え症は、しょうが等の体を温める効果のある食材を積極的に摂取することや、ストレッチ、マッサージ、運動などで、血行を良くすることが大切です。

 

また、冷え性だからと靴下を履いたまま寝ている方には「靴下を履いて寝るとどうなる?冷え性改善?睡眠障害悪化?」を参考に、靴下に頼らずに体質改善を図ることをオススメします。

 

運動不足

日頃から運動不足の方は、まだ体にエネルギーが余っているため、なかなか寝付けない可能性が高いでしょう。

 

理想は一日一回、汗をかくほどの運動をすることですが、難しいようであれば、毎日15分ウォーキングをしたり、無理の無い範囲で運動を行う事から始めてみましょう。

 

加齢

眠ることには体力を使いますので、加齢で体力が落ちてくると、深く眠ることが出来なくなってしまいます。

 

体力をつけることで、眠りを深くすることが出来ますので、体力増強の為に、ウォーキングなどの出来る範囲からスタートしてみて下さい。

 

睡眠障害・不眠症を改善する方法とは?

これって不眠症!?睡眠障害の症状をチェック!原因と改善法は?

 

さまざまな原因で発生する、不眠症や睡眠障害。

 

発症した原因ごとに適した対策法がありますが、原因が特定できないという方は、健康的な生活とストレスの軽減を意識すると良いでしょう。

 

不眠症の可能性が大と出た方はもちろん、不眠症予備軍である方も、このようなケアをすることをオススメします。

 

ストレス緩和

ストレスを緩和させることで、セロトニンの減少を抑止し、自律神経を安定させることが出来ます。

 

好きなことをしたり、無理をしすぎない様にすることで、精神を安定させ、不眠物質を除去していくように心がけましょう。

 

また、疲労を回復する為に、マッサージを行ったり、ストレッチを行う方法もオススメ。

 

これらの方法は精神を安定させる効果も期待できるため、睡眠を誘発することが出来ると言えるでしょう。

 

ラベンダーなど、リラックス効果が高いアロマを焚くなどのニオイケアをして、心身共にリラックスさせると効果が高まります。

 

疲れてるのに眠れない状態の解消方法は?

 

食生活の改善

睡眠物質でもあるセロトニンの量を増やすために、食生活の改善が最も大切です。

 

野菜中心の食生活を心がけ、栄養バランスをきちんと補うことで、セロトニンを増やすことが出来ると言われています。

 

また、脂っこい食生活や冷凍食品やコンビニ弁当などの外食は、極力避けることが大切。

 

その食生活が、不眠症を引き起こしている可能性があります。

 

こうした偏った食事を続けていると、体内の休息物質であるセロトニンが徐々に減少。

 

セロトニンが体内から減ってしまうことで、上手に休むことが出来なくなってしまうため、不眠症を発症することがあるのです。

 

セロトニンの量を増やすためにも、出来るだけ、日頃の食事は自炊をするように心がけましょう。

 

自炊なんてムリ!という方は、できるだけ野菜を多く摂取できるよう、定食を選んだり、サラダを一品付け足すところから始めてみてください。

 

入浴などで体を温める

体を冷やすことは人間の体にとって良くありません。

 

基礎体温が落ちると、免疫力や新陳代謝が低下するのはもちろん、睡眠の質にも大きな影響があるのです。

 

内臓を冷やさないように、冷たい飲み物を避けて、お風呂に入る際には湯船に浸かるように心がけることが大切です。

 

入眠前に湯船に浸かり、深部体温を上げることで、入眠がスムーズに行われることは、研究でも証明されています。

 

入浴法および入浴習慣が心身に及ぼす影響に関する研究

 

また、冷え性の方にも湯船での入浴はおすすめです。手足が温まることで、より深い眠りに入りやすくなります。

 

運動不足解消

運送不足になると、体内のセロトニンが減少する恐れがあります。

 

軽いウォーキングや、スポーツ、ストレッチなどを行うことで、症状が改善します。無理のない範囲で、毎日続けるように心がけてみて下さい。

 

ただし、眠る前には激しい運動をしないように心がけましょう。

 

眠る前に、筋トレやランニングなどの激しい運動をしてしまうと、アドレナリンが出てしまい、脳が活性化して眠りにくい状態になってしまいます。

 

激しい運動は眠る2時間前までに終えておくことが理想です。

 

睡眠薬はオススメできません

これって不眠症!?睡眠障害の症状をチェック!原因と改善法は?

 

即効性があることで知られている睡眠薬ですが、睡眠薬を摂取して眠ることはあまりお勧めできません。

 

睡眠薬は確かに即効性があり、今すぐにでも眠りたいという方に効果てきめんなのですが、何分依存性が強いのが玉にきずです。

 

酷い場合ですと、睡眠薬が無いと眠れなくなるような事態に陥りかねないでしょう。

 

また、睡眠薬は飲み続けていると慣れてしまい、同じ強さの薬は効かなくなってしまいます。

 

効果が強い睡眠薬はそれだけ、副作用も強いため、内臓にダメージを与え、副作用に苦しめられてしまう可能性が高いでしょう。
「睡眠薬の恐ろしい副作用について」では睡眠薬の副作用についてまとめています。

 

健康的に、安心して眠るためには、睡眠薬を頻繁に利用する事はお勧めできません。

 

睡眠サプリを利用する

食生活やストレス緩和など、生活習慣を改善するのは、忙しい方にとっては難しいことですよね。

 

睡眠障害を早く解決したいと願い、睡眠薬を手に取るのであれば、まずは睡眠サプリメントを試してみてはいかがでしょうか?

 

睡眠サプリメンは睡眠薬と異なり、依存性も無く、副作用もありませんので安心です。

 

睡眠サプリを摂取することで、ストレスを緩和する効果や、体内のセロトニンの量を増やす効果が期待できます。

 

睡眠サプリメントは、ネットや市販でも簡単に手に入れることが出来る上に、飲み続けることで、不眠症体質を改善していく効果が期待できるでしょう。

 

睡眠サプリメントのメリットとは?

 

睡眠薬の場合は即効性が期待できるため、一刻も早く眠りにつきたいという方は使う方が多いですが、体への負担が大きい薬も多く、依存してしまう可能性もありますのであまりお勧めできません。

 

お子様の場合や思春期のお子さんの場合ですと、摂取することが出来ないことも多いでしょう。

 

「睡眠薬の恐ろしい副作用について」でもまとめていますが、睡眠サプリメントは医薬品とは異なりますので、副作用の心配はありません

 

睡眠障害体質を徐々に改善していき、体に優しく、安らかな眠りにつくことが出来るようになるでしょう。

 

体に負担をかけずに、優しく睡眠をサポートしてくれますよ♪

 

睡眠サプリを試してみたいという方は、睡眠サプリランキングも掲載していますので、ぜひ購入前の参考に役立ててください。

 

これって不眠症!?睡眠障害の症状をチェック!原因と改善法は?