不眠症は何科に行けばいいのでしょう?不眠症の時にかかる科は?

不眠症は何科に行けばいいのでしょう?不眠症の時にかかる科は?

不眠症は何科に行けばいいのでしょう?不眠症の時にかかる科は?

不眠症は何科に行けばいいのでしょう?不眠症の時にかかる科は?

夜しっかりと眠ることができない不眠に悩んでいて、病院を受診しようとしたとき、一体何科にかかればよいのでしょうか。

 

不眠症では何科を受診すればよいのかを、不眠症の症状や原因別にまとめました。

 

不眠症で何科にかかればよいかわからないときは

まずは、不眠症に悩んでいて何科にかかればよいかわからない時には、不眠症の原因をしっかりと考えてみると良いでしょう。

 

不眠症の原因とは?対策と改善方法を知って睡眠障害を治療

 

眠れない原因が心因性なのか眠る力の衰えなのかを判断する

一般的に眠れないという不眠症の場合、その原因として考えられる要因は大きく分けて2種類に分けることができます。

 

心因性、精神が関係していている不眠症の場合

精神的な問題が原因となっていて不眠症の症状が現れている場合は、精神科を受診することをおススメします。

 

じつは精神的な問題を抱える事によっておこる不眠症は非常に多岐にわたり、さらに数も多くなっています。

 

代表的なのがうつ病となります。不眠症からうつ病を発症するという逆のパターンもあります。

 

さらに昨今問題となっている不眠症の原因としてあげられるのが、ストレスによる不眠症です。

 

ストレスによって自律神経のバランスを崩し、その結果として不眠症という症状があらわれるのです。

 

これらのような要因が関係している不眠症の場合は、精神科を受診しましょう。

 

精神科では、おもに不眠症を改善するために、まずは精神の安定を促すということを第一の視野に入れた治療を進めていくことになります。

 

気持ちが安定したリ、ストレスや不安が解消することで不眠症の症状が緩和されるようになります。

 

睡眠へと入る力が弱まっている不眠症の場合

睡眠へと上手くはいる事ができない、眠る力が衰えているようなことが原因でおこる不眠症の場合には、心療内科に通うことをおススメします。

 

ここでいう不眠症の原因は、生活スタイルが乱れ、体内時計が狂ったことによって不眠症に陥ったといった不眠症が対象となります。

 

例えば、昼夜逆転の生活をしていて眠れなくなった、日々の睡眠時間にバラつきがあり、起きる時間も決まっていないため夜なかなか寝付くことができない、昼寝をしてしまう習慣があり夜の睡眠が充実できないなどの要因で不眠症に陥ったケースです。

 

昼夜逆転してしまった時の直し方!睡眠障害にならない為に

 

また食生活のバランスが悪く睡眠ホルモンの分泌が悪いということも原因になります。

 

こういった場合、睡眠ホルモンの分泌や働きを促す成分を配合している睡眠サプリの利用も非常に高い効果を期待することができます。

 

睡眠サプリメントのメリットとは?

 

すべての睡眠に関する悩みを解決できる睡眠外来もおススメ

最近では、睡眠に関する悩みを持つ患者を専門的にみてくれる睡眠外来という窓口も大変多く見かけるようになりました。

 

ここでは、睡眠にスペシャリストたちが、どのような睡眠の悩みにもしっかりと対応してくれるので、もし不眠症に悩んでいたらこの睡眠外来を受診してみることも非常におススメできるといえます。

 

まとめ

私たち人間に欠かすことができない睡眠、不眠症の症状が進行してしまわないうちに早期に受診をすることをおススメします。

 

自分でできる事、つまり生活スタイルの工夫や睡眠サプリなどと組み合わせて、毎日安定した睡眠を確保できるようにしましょう。

 

不眠症は何科に行けばいいのでしょう?不眠症の時にかかる科は?