認知症だと不眠症になりやすい?認知症との関係と対策について

認知症だと不眠症になりやすい?認知症との関係と対策について

認知症だと不眠症になりやすい?認知症との関係と対策について

不眠は生活習慣、ストレスなど色々なことが原因になりますが、病気の症状として起こる場合もあります。

 

一見関係がないようにみえる認知症と不眠ですが、認知症の方は昼と夜が逆転してしまうなど、睡眠トラブルを抱えることがあります。早速ですが、その原因と対策について見ていきましょう。

 

認知症の不眠の症状について

認知症のなかでも不眠がおこりやすいのがアルツハイマー型認知症といわれています。

 

そもそも認知症とは脳の神経細胞が急に減り、萎縮してしまい認知障害や知能低下を起こすことが原因といわれています。

 

はじめは軽度な物忘れ程度から始まり、徐々に障害は進行し、生活にも支障が出るほどの場合があります。

 

さらに被害妄想や幻覚、暴力をふうるなど重症化した場合は家族のことすらわからなくなってしまいます。

 

認知症の症状は色々ありますが、不眠はとても多くの方が体験する症状のひとつです。自律神経の働きや体内時計を司る機能が低下するために不眠が起こるといわれています。

 

認知症の不眠の主な症状は以下の通りです。

 

  • 夜中に何度も目が覚めてしまう
  • 脳が冴えてなかなか夜寝付けない
  • 昼と夜が逆転して昼寝をする

加齢がさらに悪化させる睡眠リズム

認知症による不眠は、さらに「加齢」が影響するため不眠になりやすい環境があります。

 

健康な人でも高齢者になると、4人に1人はなにかしらの睡眠トラブルをかかているといわれていますが、加齢は睡眠にとても大きな影響を与えています。

 

私達の脳内では睡眠を誘発する「メラトニン」と呼ばれるホルモンが分泌されるのですが、加齢とともにこのホルモンの働きが減少するため、不眠になりやすいといわれています。そのため全体的な睡眠時間が短くなり、年をとると早く目が覚めてしまうことがありますよね。

 

また私達は年齢とともに運動量は徐々に減っていきます。そのため疲労による睡眠の誘発が少なくなるので、それも加齢による不眠の原因のひとつと考えられています。

 

認知症の不眠対策とは

認知症だと不眠症になりやすい?認知症との関係と対策について

 

体内時計を正常にする

 

認知症の不眠を改善するためには、体内時計を安定するために朝は日光をしっかり浴びるとよいでしょう。逆に夜は早めに寝室を暗くするなど、夜と昼の区別をしてください。

 

運動量を増やす

 

不眠の原因は運動不足が考えられます。これは健康な方も同じですが、適度な疲労感は睡眠の質を高めるコツになります。日中散歩をしたり家事で体を使うなど工夫してみましょう。 

 

入浴する

 

入浴は寝る直前では脳が刺激されてしまいますので、寝る2時間ほど前に入浴をしましょう。体温が上がると表面から放熱されて体温が下がり寝つきやすくなります。

 

このような生活での工夫を行い、徐々に睡眠の質を高めていきましょう。また睡眠サプリでサポートすることもとても効果的です。

 

 

まとめ

認知症の不眠は一時的なものではありません。加齢とともに睡眠トラブルは増える傾向がありますので、普段からの生活改善がとても効果的になります。どうしても眠れない場合は医療機関で相談することも大切ですよ。